現在ハードウェア業界の小さい会社で働いております。ハードと言ってもコンピューターシステムとかでは無く、オーディオとか、通信とかのこてこてアナログ回路です。一部、制御の為にMCU/FPGAも使っていますが、高度な使い方は行っておりません。年齢は35歳を既に超えておりますが、プレイングマネージャーとして頑張っております。

実はソフト的なスキルを身に付けたいるのですが、今の会社ではそいういうチャンスがありませんので、転職を考えております。
一応C/C++やRTLは独学ではありますが、使うことは出来ます。ですが、年齢的にも普通にプログラマー見習いとして転職できるとは思っていませんし、できたとしても収入が激減する事が容易に想像できます。
ソフトのスキルが身に付く事を期待しての転職ですので、単に営業になるというのでは無く、コードは書かないにしても、プログラマの近くでエンジニアとしてやって行き、仕様書やコードを見ている内に、ソフト的スキルが身に付くというのが理想です。
こういうスキルの人間が転職して活躍できる様な業種や職種というのは何かご存知ありませんでしょうか?

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/27 08:31:53
  • 終了:2010/07/04 08:35:02

ベストアンサー

id:koriki-kozo No.4

koriki-kozo回答回数74ベストアンサー獲得回数12010/06/27 12:57:45

ポイント17pt

未経験者OKのSE募集に応募したほうがいいと思います。派遣でも正社員でも仕事はあります。

SEになるのにプログラマの経験は必須というわけではないです。

(現場によってはプログラマの経験があったほうがいい場合もありますが、経験がかえって邪魔になる場合もあります)

SEに必要な資質は、日本語を正しく使えること、コミュニケーション力があること、新しいものを取り込む姿勢があること、論理的な思考ができること、体力があること、だと思います。一般に社会人に要求される普遍的な資質といっていいと思います。あとは向いているかどうかはやってみないとわかりません。これもどんな仕事でも同じです。

あなたの質問を見る限り、日本語とコミュニケーションには問題があるようには見えないので、現場に早く入ってみられることをおすすめします。

必要なトレーニングは就職した後に受けられるはずです。

事前に一生懸命勉強をしたとしても、運がよければその勉強が生きる程度に考えておくなら、何らかのスクールにいくこともよいでしょう。

一口にSEといってもいろんな仕事があるんです。OSやネットワークの勉強をしてから就職しても、ぜんぜんそんな知識が必要ない場合もあるんです。

やってみて興味が持てたら、それから勉強をしたっていいと思います。そのほうが効率のよい投資だと思います。

それから、キャリアプランとしてプログラマを経てからSEになるというのは、分かりやすいのでいままでよく語られてきました。今でももちろん有効ですし、そうされる方も多いと思いますが、私の認識では少し古くなってきた考え方かな、と思います。

今後のキャリアプランを考える上で、あるいは仕事を始める前にSEやプログラマをはじめとしたIT関連職について考えてみるときに、ひとつの参考として、経済産業省を中心にとりまとめたITSS(ITスキル標準)というものが参考になるかもしれません。

id:hiro007

ありがとうございます。

プラクティカルなご意見ありがとうございます。

SEは一つの候補ではあるのですが、他にもし何か思われる所がありましたらお教え下さい。

よろしくお願いします。

2010/06/27 18:43:29

その他の回答(8件)

id:yamaneroom No.1

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/06/27 09:18:51

ポイント18pt

その年齢で技術職は無理

http://ameblo.jp/argv/entry-10016881134.html

id:hiro007

厳しい現実的なご意見をありがとうございます。

まあ、普通に考えたらそうだというのは理解しています。

2010/06/27 18:17:12
id:bfm35462 No.2

bfm35462回答回数515ベストアンサー獲得回数172010/06/27 09:55:34

ポイント17pt

通信事業者の開発支援

http://www.yrp.co.jp/

id:hiro007

新しい切り口です。ありがとうございます。

2010/06/27 18:17:49
id:suppadv No.3

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/06/27 12:03:48

ポイント17pt

やっている近くにいるという状況では、スキルが身につくかどうか、怪しいところです。

スキルを身につけるなら、現在の仕事を続けて、時間とお金をかけて自己啓発としてスキルを身につけるという方法があります。


転職してやっていきたいということであれば、スキルを身につけるためにはプログラマーになるのが一番です。

未経験可のプログラマー募集のある会社を端から受けてみるのがいいと思います。

その時は、どんなに厳しくても遣り抜くと覚悟して、会社にもその意気を伝えるのが良いでしょう。今の年齢から半端に頑張ったら、中途半端で終わってしまう危険が大きいです。


やる気があれば何とかなると思いますので、頑張ってください。

以下は年齢的に多少差がありますが、同じような質問がありましたので参考にしてください。

http://www.career-consultant.jp/question.php?question_id=161

id:hiro007

直球勝負という事ですね。

もう少し変化球をつけた攻め方をしたいと思っています。

まあ、そんなに甘くないというのは重々理解していますが。

2010/06/27 18:19:18
id:koriki-kozo No.4

koriki-kozo回答回数74ベストアンサー獲得回数12010/06/27 12:57:45ここでベストアンサー

ポイント17pt

未経験者OKのSE募集に応募したほうがいいと思います。派遣でも正社員でも仕事はあります。

SEになるのにプログラマの経験は必須というわけではないです。

(現場によってはプログラマの経験があったほうがいい場合もありますが、経験がかえって邪魔になる場合もあります)

SEに必要な資質は、日本語を正しく使えること、コミュニケーション力があること、新しいものを取り込む姿勢があること、論理的な思考ができること、体力があること、だと思います。一般に社会人に要求される普遍的な資質といっていいと思います。あとは向いているかどうかはやってみないとわかりません。これもどんな仕事でも同じです。

あなたの質問を見る限り、日本語とコミュニケーションには問題があるようには見えないので、現場に早く入ってみられることをおすすめします。

必要なトレーニングは就職した後に受けられるはずです。

事前に一生懸命勉強をしたとしても、運がよければその勉強が生きる程度に考えておくなら、何らかのスクールにいくこともよいでしょう。

一口にSEといってもいろんな仕事があるんです。OSやネットワークの勉強をしてから就職しても、ぜんぜんそんな知識が必要ない場合もあるんです。

やってみて興味が持てたら、それから勉強をしたっていいと思います。そのほうが効率のよい投資だと思います。

それから、キャリアプランとしてプログラマを経てからSEになるというのは、分かりやすいのでいままでよく語られてきました。今でももちろん有効ですし、そうされる方も多いと思いますが、私の認識では少し古くなってきた考え方かな、と思います。

今後のキャリアプランを考える上で、あるいは仕事を始める前にSEやプログラマをはじめとしたIT関連職について考えてみるときに、ひとつの参考として、経済産業省を中心にとりまとめたITSS(ITスキル標準)というものが参考になるかもしれません。

id:hiro007

ありがとうございます。

プラクティカルなご意見ありがとうございます。

SEは一つの候補ではあるのですが、他にもし何か思われる所がありましたらお教え下さい。

よろしくお願いします。

2010/06/27 18:43:29
id:hanako393 No.5

hanako393回答回数1142ベストアンサー獲得回数872010/06/27 18:09:48

ポイント17pt

>コードは書かないにしても、プログラマの近くでエンジニアとしてやって行き、

>仕様書やコードを見ている内に、ソフト的スキルが身に付くというのが理想です。

こんなことは先ずありえないです。

そんなことでスキルは身につきません。

>こういうスキルの人間が転職して活躍できる様な業種や職種というのは何かご存知ありませんでしょうか?

ありません。

転職斡旋サービスをしてるところで、面談を受けて希望を伝えれば、それらしい企業は紹介してもらえます。

http://www.r-agent.co.jp/

現状の給料維持するためには、今のやってる仕事の延長線上でなくては無理で

35歳という年齢ならそれなりの給料をもらってると思われるため、

その給料を維持しながら新しいスキルをつけるような仕事はあまりありえません。

また小さい会社に勤めてるのなら、転職できるのは小さい会社に限られます。

id:karuishi No.6

ニャンざぶろう回答回数764ベストアンサー獲得回数1282010/06/27 22:12:21

ポイント17pt

35歳超えているなら、会社を飛び出すよりも会社の舵取りを変えたらどうでしょう。

 

>オーディオとか、通信とかのこてこてアナログ回路です。

>一部、制御の為にMCU/FPGAも使っていますが、高度な使い方は行っておりません。

ということであれば、PSoCとか使ってアナログ回路を置き換えるとかはいかが?

PSoCのDesignerはGUIなものから始められますし。コスト低減もできれば一石二鳥ですよ。

 

PSoC3、PSoC5などを使用した開発になれば組込み系の開発と同様ですし

ホストPCのアプリを開発するという名目でPCソフト系の講習会に社費で行かせて貰うとか。

id:hathi No.7

hathi回答回数204ベストアンサー獲得回数462010/06/28 12:29:03

ポイント17pt

来年・再来年に初めて社会に出るために、この1~2年間をどの方面でスキルアップするのかを考えている若い人と、既に中堅として働いている人がスキルアップを考えるのでは、やり方は変わってきます。


下記の質問をいただいたとするならば、その下のようにアドバイスします。

現在オーディオ/通信のこてこてアナログ回路のハードウェア業界の小さい会社で、制御やハードのコストを下げるためにMCU/FPGAも使い、
プレイングマネージャーとして働いています。 現在一応C/C++やRTLは独学ではありますが、使うことは出来ます。
現在35歳を超えていますが、もっとソフト的スキルを付けたいと考えています。
今の会社ではそいういうチャンスがありません。
転職して活躍できる様な業種や職種があるでしょうか。

先のことを考えるにあたって、目標のことを考えつつ、現状をしっかりと見ることは大切です。

目標との関連で、あなたの強みや弱みをまず把握しましょう。

SWOT分析では、次のような考え方をします。

    * 強み:目標達成に貢献する組織(個人)の特質。  どのように強みを活かすか
    * 弱み:目標達成の障害となる組織(個人)の特質。 どのように弱みを克服するか
    * 機会:目標達成に貢献する外部の特質。      どのように機会を利用するか
    * 脅威:目標達成の障害となる外部の特質。     どのように脅威から身を守るか

今、35才以上のプレイングマネージャーならば、そこそこには仕事で認めてられますよね。

あなたの会社にそこそこの注文も来ているのだと思います。

いまあるいはこの先、仕事が減るとか、仕事に要求される内容が変わりそうな予測がありますか。

あるいは上司や後輩、同僚のことを考えると、自分で何とかしなければという気持ちがしていますか。

あなたは社会人となって10年以上の経験があると思いますが、企業内で勤めている時の[自分の強み/弱み][周りの状況等で恵まれていること/やばいこと]は何でしょうか。

それを考えてはどうでしょうか。

 

[今の職場はスキルアップの機会が少ないと感じてしまうので、なにか良いところはないか、スキルアップできそうな仕事場や職種はないかと探している]というようなことだと、転落してしまう危険もあります。

 

ソフト的スキルは、ソフトの言語の知識、ツールの利用方法でも、実際場面ではかなり限定的なことで済むことが多いと思います。どこの会社の、どんな組織の中で、どんな部分の仕事をするのかで、仕事を進める上で重要なことが変わります。(どこかの研修コースで学べるようなことはほとんどないと思います)ゴールド、プラチナの資格があれば有効な戦力になるという単純なことではないと思います。

ソフトのスキルという場合に、コンピュータ的なものを動作させるスキルだけのことを考えないで、業務に必要な周辺知識も、コミュニケーション能力も大事にしてください。コストや時間管理の感性や労務管理、人間関係のごたごたの取り扱いだって、それが決定的に重要な場合だってあります。転職したら、思いがけないやっかいなことに直面することもないとは言えません。あなたの目標は何でしょうか。SWOTを考えてみてください。

 

どんな場合でも、職場で有能な人は、他の人よりも熱心に今の仕事に取り組んでいます。

ただサボらない・勤勉に働いていると言うだけでなくて、できの良さや等(結果や過程、関連のこと)に注意が向いています。

とりあえずわからないでも済んでしまうことでも、不明なことや不確かなことをちょっと調べたりしています。

そういう人は、状況が変化した場合でも対応が良いです。 そうした人をみんなが信頼します。

職場の人、取引先からも、信頼が高い人なら、それで結構、良い仕事ができるし、良い仕事も回ってきます。

ちょっと難しそうな、新しい取り組みが必要そうなことも、そういう人のところに回ってきたり、話が出てきます。

新しいデバイスの使い方でも、ツールでも、今の仕事を核にしながら取り組んでいければ、要求にあったスキルアップが自然とできると思います。

 

現在の仕事や職場から外れなければならない事情の変化ということもありえます。その場合には、全く新規に仕事を探し、自分のスキルを発揮できるところを探さないとならないでしょうが、それはそのときで良いです。 今から心配しても良い結果は出ないと思います。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 gp334437g4723k87 126 104 20 2010-07-01 18:28:20
2 matane 40 26 2 2010-07-03 12:05:50
  • id:Beirii
    当方ソフトウェアエンジニアです。年齢も近いですね。
    個人的には、そのままハードウェアエンジニアのキャリアを積んだほうがいいのではとも思いますが。
    ソフトウェアエンジニアになったからといって、その先のキャリアパスが広がるかというと必ずしもそうは思えないためです。
    ソフトウェアエンジニアは、スキルを考慮しなければ世の中にあり余っているように感じています。
    転職をお考えであれば、まずはハードウェアエンジニアのキャリアを第一に考え、そこでソフトウェアの開発も行っているのであればその旨会社に希望してみる、という感じかなぁと思います。

    ソフトウェアエンジニアには向き不向きってあると思いますから、35過ぎていても必ずしも遅いということは無いと思いますよ。
    でもそれが許されるのはハードウェアエンジニアとしてのスキルが社内で認められてから、ということになるのではないでしょうか。

    具体的な転職先としては、テスター(工業向け検査装置)なんかを自社でハード・ソフトとも開発している、比較的小さめの会社なんかいいのではないでしょうか。(会社の将来性は別として)
  • id:OsakaJapan

    個人事業主のシステムエンジニアです。

    関西にはエンジニアが注視する
    以下のサイトがあります。

    泥臭い営業ができるようなので、
    年齢他、厳しい条件下で求職しているエンジニアがよく利用してます。
    ハードウェアの仕事情報も少なからず取り扱っているみたいですよ。
    その他地域にも類するものがあるといいですね。

    http://projects0001.webcrow.jp/

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません