1277873642 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #060


THEME:「暑い夜を快眠へと誘う、お休み前の空間&時間作りコンテスト」

イエで○○のスペースを作るいいアイデアありませんか?イエで○○するとしたらどんなプランにしますか?“イエコト・ミシュラン”は、暮らしの空間と時間作りをめぐるテーマ質問に楽しくオドロキ!なアイデアをご投稿いただき、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナー。豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドでご投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100630

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は7月5日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/06/30 13:54:04
  • 終了:2010/07/05 12:03:35

回答(122件)

ただいまのポイント : ポイント457 pt / 5000 pt ツリー表示 | 新着順

カキ氷 r-zone2010/07/05 11:35:44

夏はやっぱりかき氷!

冷凍庫に沢山ストックしてありますww

夕涼みにベストですね。

Tシャツと短パン r-zone2010/07/05 11:24:51

一番ラクチンでいいです。

夏は毎回これで寝ていますが快適!

ちょっと夜中に用事が出来てコンビニにも行けるので便利!

夏のパジャマ cano2010/07/05 09:24:58

私もついつい夏は半袖半ズボンになってしまいます。

つい最近テレビで長袖長ズボンのほうが汗を吸ってくれて

あせもも防げて、湿気も取ってくれるので実は涼しいのだ。

という特集を見て

夫にそのことを伝えました。

そうしてみる?

ときいたら

「今まで半袖半ズボンで、出てる部分の肌があせもになったことなんてない」

といわれて、そういわれればそうかも・・・と。

夏のパジャマの真実はどこに?

そしてやっぱりあつくなってめくってしまうんです。

蚊帳 cano2010/07/05 09:20:20

ああ、懐かしいですね。

私も蚊帳は祖父母の家で毎夏経験しておりました。

昔ながらのふるーい家で襖や出入り口のガラスの引き戸、すべてを開け放つとすべてが広がる家で

蚊帳をはって眠りました。

月がまあるく、月明かりの明るい夜は山の稜線を眺めながら眠りました。

でもこの蚊帳。

田舎では、蚊よりもアブのほうが激しかった思い出があります。

たまに網の部分にカブトムシがつっこんえ来たり・・・。

ほんとうになつかしいですね。

カフェイン cano2010/07/05 09:15:09

カフェインの入った飲み物。

私もいくら飲んでも平気です。

でも夫は眠れなくなるといいますね。

ずっと不思議だったんですけれど、きくきかないってやっぱりあるんですねえ・・・

心を満たしてしまう、これも瞑想ですね TomCat2010/07/05 04:22:41

マントラを唱えながら瞑想していくやり方は、ジャパってやつですね。数珠を手に持ち、一回唱えるごとに玉を一つ繰っていく。一周すると108回。これを延々と繰り返していくうちにいつしか三昧の境地に入っていくんですよね。

 

もう一つ、心を無にしていく式の瞑想を取り上げたツリーがありますが、心を無にするのも瞑想。逆にマントラで心を満たしてしまうのもまた瞑想。空虚の極致は充満であり、充満の極致もまた空であるという素晴らしいアジアの発想。そのどちらでも心頭滅却が味わえるってことですよね。

 

このツリーの提案で素晴らしいのは、インドの人とは立脚している文化が違うのだから、心を満たす物は何だっていいんだという発想です。楽しいこと、嬉しいこと、満たされて幸せに感じるものなら何だって三昧の境地に至れるという発想。

 

これはおそらくヒンドゥの人達も支持してくれる発想だと思います。ビートルズはヒンドゥのグルから音楽を通じて三昧に至る方法を教えられたみたいですし、ハイラカンのババジは奉仕を通じて三昧に至る方法を推奨していました。

 

一日の「良かった」を思い返して幸せで心を満たすという方法も素晴らしい提案です。こうして得られる精神の平安は、きっと心地よい眠りに誘ってくれますね。

 

心頭滅却、そのまま安眠。目覚めた時も幸せ気分。宗教からは離れた現代人の健康法としても、これは効果的かもしれません。

抱き枕で空間を作る TomCat2010/07/05 03:59:40

この方法、すっかり忘れていました。これで敷き布団と掛け物の間に適度な空間を作ると、いい感じなんですよね。

 

また、吸湿性の良い素材で汗を吸い取ってくれる抱き枕というのもいいアイデアです。夏の夜は、気が付いてみるとタオルケットを丸めて抱き枕状にして寝ている、なんていうことも多いですが、あれって体が自然にそういう効果を求めているのかもしれませんね。

 

掛け物を抱き枕状にしてしまうとお腹がが丸出しになって、その冷えが眠りを浅くすることにもなりがちですが、別にもう一つ抱き枕を用意しておけば、掛け物はちゃんと掛けたままでいられそうで、それも安眠の助けになりそうです。

おー!! 実践的アイデア!! TomCat2010/07/05 03:35:50

そういえば以前、冬は中心に向かって集中していくような部屋のレイアウトで暖かさを、夏は外側に広がっていくようなレイアウトで涼しさを表現する、みたいな書き込みがあったと記憶しています。それを照明で実現していく。この着眼点が素晴らしいです。

 

たしか以前、照明の位置を低くすると温か味が増すと書かれていたのはmomokuri3さんでしたよね?これは中心に向かって光源を集めていくレイアウト。今度は逆に壁面に対する間接照明で広がり感を出していくわけですね。そしてそこに色の灯りを使うことで舞台のホリゾントのような効果も出していく。実によく考えられた照明法だと思います。

 

「明るさを得るための照明ではなく、ほの暗さを演出するという照明術」という考え方も素晴らしい。こうして自律神経を睡眠モードに緩やかに移行させていくことで心地よい眠りに誘っていく照明法は、まさにイエはてなにふさわしい提案だと思いました。うーん、勉強になるなあ。

これは素敵な時間の過ごし方です TomCat2010/07/05 03:18:31

私の書き込みも含めてなんですが、どうしても話が快眠法に集中してしまって、肝心の「お休み前の時間」についてのアイデアがちょっと少ない感じですよね。そんな中にあって、日記書きが涼しく爽やかな時間を作ってくれるという提案は、とても新鮮でした。

 

こういうのは得手不得手、向き不向きがはっきりしてしまいがちな方法だと思いますが、この提案なら誰でも取り入れていけますね。というか、これいい、取り入れてみたい、と思わせてくれる魅力があります。

 

絵日記は本当に楽しそうですね。そして、夏の思い出がいつまでも残っていく、素晴らしい方法です。日記というとネット上で書くブログのことを意味する現代ですが、そんな時代だからこそもう一度蘇らせたい夜の過ごし方の一つですね。

 

窓際に小さなテーブルを置くというセッティングも素敵です。

まさに納涼!! TomCat2010/07/05 03:04:48

落語に限らず、日本の古典芸能というのは、夏に接すれば涼しさを呼び、冬に接すれば心が温まる、四季の移り変わりがハッキリとした国ならではの感性によって作り上げられてきたものですよね。

 

特に落語は、風呂上がりに浴衣でも着て、団扇片手に耳を傾けたら、こりゃもう心の暑気払いに最高だと思います。

 

私の夏のお勧めは、何と言っても三代目古今亭志ん朝師匠ですねー。江戸の粋と艶っぽさはもう志ん朝師匠で決まり。枯れすぎない若々しさを残した芸風も爽やかです。

 

立川談志師匠もお勧めだと思います。談志師匠の伝統文化に対する深い造詣はもう当代随一。そこに現代を鋭く見つめる感性が重なるんですから、古典落語もこの師匠にかかったら、古くささは全く無くなります。伝統の重み厚みはそのままに、現代人の心に新鮮に飛び込んでくる、実に爽やかな落語です。

 

なんて万が一談志師匠に読まれたら、この野郎、知った口叩くんじゃネェとひっぱたかれそうですので、このへんで。お後がよろしいようで。

夏らしい季節感がたっぷり!! TomCat2010/07/05 02:16:07

青シソの健康効果をたっぷり活かした安眠法ですね。健康的で季節感も満点で、これぞイエはてな式快眠法と叫びたくなってしまいました。

 

シソ風呂は保温力に優れていると聞いていましたので、夏に摘んだ葉っぱを乾燥させておき、それを冬に使って楽しむものだと思っていたんですが、抗菌効果を利用して湯上がりサッパリという活用の仕方もあったんですね。

 

シソの抗菌効果は何によってもたらされるのかなと検索してみたら、ペリルアルデヒドって物質がその本体らしいです。これは揮発性の精油成分。ってことは、湯上がりサッパリ効果はフレッシュな葉が使える夏ならではのものと言えそうですね。いやー、勉強になりました。

 

うちもたくさん育てています。というか、さすがはシソ。放っておいても増える増える。さっそく色々活用してみようと思います。

 

ジュースやアロマ用に使った後の残りも無駄にしないところがまたいいですね。こういう心がけもとてもイエはてな的と、膝ポン連発でした。

カフェインの効き方にも個人差があるんです TomCat2010/07/05 01:59:15

カフェインの覚醒作用はアデノシン受容体に拮抗することによって、交感神経興奮様作用はホスホジエステラーゼの阻害作用によって引き起こされますが、このあたりにけっこう個人差があるみたいなんですよね。

 

だから、同じ量のカフェインでも、人によっては眠れなくなったり、人によってはくつろぎの飲み物となってかえって安眠できたりするんだと思います。

 

私は寝る前に安らぎの時間を求めてコーヒーを淹れちゃう派。香り高いコーヒーは安眠の友だったりします。

寝る前の日記書きが私の夏の快眠法 MINT2010/07/04 23:13:39

窓辺に置いた小さなテーブルで、夜風を楽しみながら日記書き。これが私の夏の夜の定番です。これで体も心も穏やかになっていけるんです。


日記といっても、夏の日記は絵日記です。童心に返って楽しいです。そしてあら不思議、童心に返ると暑さを忘れます。子供って夏が好きですものね。大人になると、あつ~い、だる~い、なんてネガティブな気持ちでばかり季節を受けとめてしまいますが、子供のころは暑さも季節の楽しみの一つだったはず。童心に返ると、そんな暑さを楽しむ気持ちも一緒に帰ってきてくれるのかもしれません。


話を絵日記に戻します。人に見せない日記ですから、絵が上手になる必要はありません。楽しんで書ければそれでいいんです。でも失敗すると日記帳を破りたくなって楽しくなくなってしまいますから、お勧めは他の紙に絵を書いて貼る方法。これなら何度失敗してもイライラすることがなく、後の安眠を妨げませんね。


文章の方もごく軽く。ツイッター式の「つぶやき」でいきましょう。

「スイカ食べたよ。やっぱり夏はこれだね!」

「夕立すごかった。でもそのあと虹が出た」

「暑かったので図書館に行った。無料で涼めた。イエはてなの本もあったよ(はあと)」

なんて感じ。あとのフォローは横になって夢の中で。


何も書くことが無かった日は、お習字なんていかがですか?硯で墨をする時間も心が落ち着いて暑さを忘れます。小学校のころの夏休みの宿題を思い出して、「うみ」とか「ひまわり」なんて書いてみましょう。余白にいたずらがきをしたくなったら、それもご自由に。


硯は使った後すぐ洗っておかないと、墨をする時に大切な目が埋まってしまって、次から使いにくい硯になってしまいます。洗いに行きましょう。ひゃ、冷たい。寝る前のこんな一手間も、涼しい快眠を手助けしてくれます。硯さんありがとう。


日記は毎日書こうとすると、一日抜けたのをきっかけにそのまま終わってしまいがちですから、夏の快眠用日記は、寝苦しい夜だけに書くと最初にルールを決めてしまいましょう。日記帳の第一日目に「この日記は寝苦しい夜だけに書く日記。何日書くかはお天気しだい。でも何かいいことあった日には、寝苦しくなくても書くかも。どっちのページが多くなるかは、秋になってからのお楽しみ」なんて書いて宣言しておけば、何日更新(?)が滞っても大丈夫です。


窓辺に置いたテーブルは、日記書きだけでなく、ただの夕涼みにも使えます。何もせず、ぼーっと過ごす時間も安眠のためには大切ですね。毎晩書こうと思わず、その日の気分でこんな夜の過ごし方をしてもいい日記書きで、ベッドに入る前の時間を楽しんでみてください。寝苦しさが消えた秋の夜長に読み返しても、すてきな日記帳になっていると思います。そんなちょっと先のことを想像してみるだけでも、少し蒸し暑さが消えていきます。

就寝前の瞑想で涼を取る tough2010/07/04 19:41:24

真夏や真冬に座禅をやったことがある人は、そういえば暑さを忘れていたなとか、火の気のない道場でも辛くなかったな、なんていうことを思い出すかもしれません。いわゆる「心頭滅却すれば火もまた涼し」の境地です。


でも、イエで瞑想なんて難しいよ、雰囲気出ないし、という方も多いと思います。ここで耳寄り情報。皆さんは瞑想を「無の境地に至ること」と思っていませんか?でもインド式は違うんです。瞑想のふるさとインドの伝統文化は、瞑想の極致をサマディであると教えます。サマディとは「三昧」のこと。もう頭の中はそればっかり。それがサマディの境地です。


さぁ、ベッドの上で、最も楽な姿勢で座りましょう。ただし大切なことは、腰骨から頭の天辺までが一直線であることです。これで宇宙からの気が、いわゆるチャクラにストレートに届いてきます。お返しに体の中でとぐろを巻いているような気を宇宙に上らせていけると悟りが開かれるといいますが、それはアマチュアには難しいので、ここは気楽にいきましょう。


足はあぐらでいいですよ。でも、背筋はピンと伸ばしましょう。頭の位置が背筋に対して真っ直ぐなら、体の力は抜けているはずです。最も良い姿勢が、最も力の抜ける姿勢です。さぁ、あとは静かに目を閉じて、あなたの好きなことで頭をいっぱいにしていきましょう。煩悩歓迎。考えることは何でもいいのです。


本来ならここでマントラを唱えます。そして自分の愛する神様への思いで一杯になるのがインド式の瞑想ですが、日本人は立脚する文化が違いますから、大好きなアイドルの歌でも、初恋の人の思い出でも何でもOK。心をそれで一杯にしていきましょう。


私は根が真面目ですから(笑)、今日一日の感謝をしたい出来事を思い浮かべます。いわゆる終日反省ですが、悔やむことばかりを思い浮かべると雑念が沸いてサマディの境地ではなくなってしまいますから、一日の良かったこと、嬉しかったことばかりを思い浮かべます。そんなの無いよという人は、明日からは夜の快眠のためにも、色んな「良かった」を探してくださいね。昼間、どんな些細なことからでも幸せが探せるようになると、その思考回路が夜の快眠にもつながっていきます。


瞑想が三昧の境地に達すると、体は眠りに入っていきます。さぁ、後はゆっくりとお休みください。こんな寝る前のちょっとの自己流瞑想で、暑さ知らずの快適な夜が過ごせます。信ずるものは救われる、ならぬ、「信ずるものは涼まれる」の境地。お試しください。快適です。

ストレッチ うさもっちり2010/07/04 16:30:20

寝る前にでも少し身体をうごかすと寝つきやすくなりますよね

自己流でちょっとやるくらいですがとても体が楽になります

蚊帳 うさもっちり2010/07/04 16:27:02

昔祖母の家で使ったことはあるのですが今は全然つかいませんね

どうしてもクーラーか扇風機でお手軽をしてしまいます

この薄い網のカーテンがこどもごころにとてもわくわくした思い出です

保冷剤 gtore2010/07/04 16:26:22

保冷剤をタオルにくるんで、ひたいやくびなどに載せると、効果てき面、

暑さが見る見るうちに引いていきますよね。

夏になり、暑い夜がつづくようになると、本当に保冷剤は欠かせないアイテムとなります。


ちなみに、最近の湯たんぽは、そそぎ口の広いものが増えていて、それは、夏に氷を入れて涼をとるためだそうです。

カキ氷 うさもっちり2010/07/04 16:23:48

お腹をこわしやすいので大量にはたべられませんがあのシャリシャリ感は食欲をなくす夏にはとても救世主に思えます

練乳がいっぱいかかったのが大好きです

Tシャツと短パン うさもっちり2010/07/04 16:21:31

夏はあつさでズボンの裾をまくってしまうので短パンを重宝してますね

ただおきぬけに洗濯物を干しに行ったり荷物を受け取ったりする時にあわてて着替えないといけないのが困ります

すらっとした足だったらいいのに(笑)

暑い夜にベランダで うさもっちり2010/07/04 16:19:53

家のベランダはとても虫が多いのでなかなか涼しむことができないのですが

旅行先のペンションのベランダとかで過ごしたあの気持ちよさが忘れられずいるか快適なベランダを手に入れたいと思ってます

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません