横浜市営地下鉄のグリーンラインの屋根の鉄板はどうして ブツブツしているのですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/07 22:34:31
  • 終了:2010/07/14 22:35:03

回答(2件)

id:edgarpoetsnel No.1

edgarpoetsnel回答回数78ベストアンサー獲得回数92010/07/08 00:51:05

ポイント35pt

グリーンラインの車輌はアルミニウム製なので、屋根もアルミではないかと思いますが、屋根のすぐ上には架線があるので、なんらかの絶縁材でコートしてあるのだろうと考えられます。大抵の電車の屋根は絶縁加工されています。

id:suzume_oyado

ふむふむ。なるほど・・・。

2010/07/08 09:41:20
id:tamikiku No.2

tamikiku回答回数153ベストアンサー獲得回数212010/07/08 21:18:04

ポイント35pt

地下鉄用車両を含め一般的に鉄道車両は、技術基準省令により屋根上面が難燃性の絶縁材料で覆われています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E7%AD%8...


これは、過去に発生した「桜木町事故」がきっかけとなっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E7%94%BA%E4%BA%8...

http://dfckaihatu.exblog.jp/10092081/

id:suzume_oyado

うぉぉぉ。そんな事故が・・・。

ふと思ったブツブツから壮絶な歴史を垣間見るとは・・・。

ありがとうございました。

2010/07/08 21:28:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません