来週からネットショップを開設します。ショップのサイトは完成しました。プロに頼んだので、サイトは問題ないはずです。

商材も、実店舗で実績があるものを選んでいます。

従って、売上は、お客様に認知されてショップページに訪問してくれるかにかかっていると思っています。
そこで質問ですが、ネットショップを開設してすぐに集客可能な即効性のある方法を教えて下さい。

中長期的には、SEO対策をして検索結果を上位にすることが重要でしょうが、季節物の商材なので開店当初からある程度の売上が欲しいです。

また、実店舗のお客様へのアピールはすでに始めているので、インターネット経由での来店に特化した回答でお願いします。

ドロップシッピングではなく、仕入れにある程度のお金をかけているので、売れないと結構厳しいです。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/11 16:56:01
  • 終了:2010/07/18 17:00:03

回答(7件)

id:toit0303 No.1

toit0303回答回数313ベストアンサー獲得回数132010/07/11 17:00:32

ポイント18pt

お金を掛けれるのであれば、「PPC広告」です。

ヤフーやグーグルで表示される広告で、「ワンクリックいくら」

という形態になります。

オーバーチュア(ヤフー用)はこちら

http://overture.toroku.jp/?OVRAW=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%...

アドワーズ(グーグル用)はこちら

http://www.google.co.jp/adwords/start/start.html

id:i_love_cat

回答ありがとうございます。

PPC広告そのものの存在は知っていました。質問文に書かずすみません。

PPC広告でより高いクリック率やコンバージョンレートを獲得するコツがもしあれば教えていただきたいです。

2010/07/11 17:49:06
id:matsunaga No.2

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872010/07/11 18:29:28

ポイント17pt

即効性ということですので、PPC広告の一択となります。

下記の書籍は極めて実践的な良書ですので、面倒がらずにじっくり読んで実践してみてください。

売上と集客が確実にアップする 儲かるキーワード広告の使い方

売上と集客が確実にアップする 儲かるキーワード広告の使い方

  • 作者: 竹内 謙礼
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方 (日経ビジネス人文庫)

売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 竹内 謙礼
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • メディア: 文庫

PPCとは、そのキーワードに興味のあるお客さんにチラシを渡すようなものと考えていただければ

単に「検索上位」だけではなく「クリック数・クリック率」も重要ですし、根本的には「コンバージョン率」を考えなければならない、ということはすでにご理解のようですね。

そのための具体的な秘訣はすべて上記の本に書かれていると考えてよいと思います。

あとは、商品点数ならびに商品バリエーションを増やすことです。

1個だけでなく5個セット、10個セットでお得、といった客単価増加方針や、お買い得お試しセットを用意する、ギフトセットを別途考える、等々で商品バリエーションを多彩にできると思われます。

それから、決済手段としてクレジットカードその他できるだけ豊富な手段を用意しておくと、購入時点でお客さんを逃すことが減ると思われます。

また、実店舗があるのでしたら、そのお客様にも告知するとよいでしょう。

来店できないときにも購入していただける、来店できない知人の方に紹介していただける、といったメリットもあります。

実店舗のお客様にツイッターを告知することで、タイムリーに誘導することもできるでしょう。

がんばってください。

id:i_love_cat

回答どうもありがとうございます!

この書籍は知らなかったので、今度手に取ってみようと思います。

twitterも有効活用してみます。

2010/07/11 21:36:14
id:oo7 No.3

oo7回答回数238ベストアンサー獲得回数182010/07/11 18:57:47

ポイント17pt

あくまで個人的な意見ですが、是非に検討してみる価値があるのが、「はてなと勝手にコラボ」です。

はてなではオフィシャルにコラボしない限り、宣伝や広告、勧誘や商用利用などはできません。


なのに「はてなと勝手にコラボ」とは?


ちょっと、その前に知っておかなければならない事が有ります。

はてなで禁止されている幾つかの事です。

はてな利用規約 http://www.hatena.ne.jp/rule/rule

第6条(禁止事項)の

3.の1.

宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為。ただし、当社が各サービスのヘルプに別途定める場合はその限りではありません。

4.の2.

繰り返し類似した質問を登録したり、意味不明な表現を用いた質問を登録する行為、質問の意図から明らかに反れた回答、虚偽の回答、広告宣伝目的の回答、不快感を与える回答を行う行為


実際には明確に禁止事項に相当しなければ許されています。大らかなはてなならではの事ですね。

例えば、こんな感じです。

http://q.hatena.ne.jp/1276352514

http://q.hatena.ne.jp/1273302230

http://q.hatena.ne.jp/list?word=かわいい雑貨屋さん

http://q.hatena.ne.jp/dcm83491/questionlist

はてなでは、この様な感じで明らかに商売目的だとかいう雰囲気が無く、「ご意見を聞かせて下さい」的なものなら、大抵のものが規約違反ではないと判断されます。

はてなの質問はGoogle検索で比較的上位に出てきます。「QAまとめサイト」の類のサイトにも転載されます。質問文が人の目に触れる機会は物凄く多いのです。

一般の人たちが進んで回答したくなる様な楽しい質問や魅力的な質問を書き込めば、はてなユーザーなら飛びつく様にして回答してくれます。人気の質問は、はてなの人力検索のトップページである http://q.hatena.ne.jp/ の「注目の検索」に掲載され、更に人目につく機会が与えられます。


こんな感じで「はてなと勝手にコラボ」してしまえば、自社サイトの存在や取り扱い商品の魅力を上手に多くの人々に知らせる事ができますし、自社サイトに訪問もして貰える機会が飛躍的に増えるのです。

しかも、その費用は格安です。質問の掲出期間は最大1週間です。アンケート形式で質問し、募集数1000にでも設定したとすると、その質問は余裕で1週間アクティブな状態を保てます。この場合、アンケートの設問が1つなら費用は最大でも1050円で済みます。

間隔をおきながら継続的に質問をしても良いですし、しつこくならない程度なら同時に複数の質問をしても良いと思います。


商材やサイト自体の作りがバッチリなら、残るはできるだけ多くの人にサイトの存在と商品の魅力を知って貰い、サイトにアクセスしてもらう事が最良の売り上げ確保への近道となります。


どうです?「はてなと勝手にコラボ」。

一度、と言わず、何度か試してみられてはいかがでしょうか?

id:i_love_cat

大変参考になるご回答、ありがとうございます。非常に魅力的なご意見です。

「はてなと勝手にコラボ」いいですね!「はてな」は商用利用が禁止されているということを聞いていたのですが、工夫次第でうまく利用することができるのですね。

本気で検討してみたいと思います!

2010/07/11 21:33:22
id:ko8820 No.4

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/07/11 21:59:05

ポイント17pt

売りたい商品の1つとか数個を懸賞に出して

懸賞の宣伝で、商品を宣伝して、応募者に見てもらうことで集客する方法があります。

http://www.hitget.com/

http://shopserve.jp/promo/promo05.html

id:i_love_cat

回答ありがとうございます。

なるほど。懸賞サイトは思いつきませんでした。こちらも検討してみたいと思います。

ありがとうございます。

2010/07/11 22:35:18
id:rafting No.5

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762010/07/11 22:35:58

ポイント17pt

待ってても来てはくれませんし、時間がかかります。

一般的にはスパム臭さを嫌気して回避されがちですが、バナーなどよりも断然CTRの高いメール広告の「件名つき記事稿」などにガンガン出稿していくべし!

http://netadguide.yahoo.co.jp/info/rate/prod/mail/index.html

また、無料で登録できるYahoo!懸賞などに登録して、無料会員をかき集めて、会員向けにもガンガンメルマガを配信していくべし!

http://present.yahoo.co.jp/

id:i_love_cat

なるほど、メール広告も効果的なのですね。ありがとうございます。

Yahoo!の広告はコスト高のイメージがあるのですが、メール広告でもやはり高いのでしょうね??

2010/07/12 21:15:08
id:icecoffeeandcake No.6

icecoffeeandcake回答回数61ベストアンサー獲得回数12010/07/12 00:43:21

ポイント17pt

当初はアドワーズで


自分で各所にブログ作成

そして騒ぎまわる

目立つように仕掛ける

結局自分の努力が一番大切です。


MIXIの利用も


楽天に入って名前を売る

楽天で有名になるのは比較的に簡単です。

楽天に出店するのは、その点で無駄な投資では無いと思います。

1年もいれば有名店!

そのうえで自分の店舗に誘導するのは、どの店もやっていることです。


リンク集に登録しまくる

id:i_love_cat

なるほど。楽天から誘導するという方法もあるのですね。

リンク集に登録するというのも気づきませんでした。ありがとうございます。

2010/07/12 21:16:06
id:tatado No.7

tatado回答回数69ベストアンサー獲得回数22010/07/12 14:04:02

ポイント17pt

PPCは絶対にはずせない広告です。

あとは、アクセスの多いブロガーなどと交渉してブログで紹介してもらうなど手です。ミクシィなどで探してみてもいいと思います。

id:i_love_cat

ブロガーに紹介してもらうというのも有効そうですね。ありがとうございます。

2010/07/12 21:16:59
  • id:seble
    ネガティブで申し訳ないですが、
    来店があったとしても、リアルの店と同じように売れる事は無いと思います。
    ネットでは相当な数の店と比較ができます。リアルではその場でしか判断できません。
    いちいち他店舗を巡るのは面倒です。
    ちょっと高いような気もするけど面倒だから買っちゃえ、という場合がよくあります。
    ネットではこれは少ない。
  • id:doumoto
    すぐに結果をだそうと思ったら楽天かなあ。熾烈な価格競争だけど。(´ー`)y-~~。
  • id:i_love_cat
    >sebleさん
    コメントでの回答にしていただき、ありがとうございます。
    詳しくは書けないのですが、商材は自信があります。
    どうやって集客するかに絞っての回答が欲しいのですが、開店当初からの
    集客はなかなか難しいのでしょうか。

    >doumotoさん
    コメントでの回答にしていただき、ありがとうございます。
    楽天は定番ですよね。出店料が高いということがあり、今回は見送った経緯があります。

  • id:seble
    なんつってもネットショップなんて星の数より多そうだもんね。

    嫌いなサイトだけど、(w)
    yahooに個人出品してサイトへ誘導する。
    落札しこそねた人はこちらへどぞ。
    (たまに見かけるけど、、)
  • id:i_love_cat
    >sebleさん
    コメントありがとうございます。そうですね。ネットショップはライバルも多いので大変そうです。

    Yahoo!オークションのことでしょうか。なるほど、ヤフオクを誘導のために使うのですね。
    参考になりました。ありがとうございます。
  • id:nozomi_private
    3番の方の回答に関して
    他の人力検索の回答者の方はどう思われるかわかりませんが、私個人としては非常に迷惑なご提案だということを申し上げておきたいと思います。

    質問がたくさんあったとしても、質問者はその回答自体にはまったく興味はなく、ただ宣伝効果があるかにしか興味がない。だから回答はまったく見ない。そういう質問に時間をかけて頭を使って考えて回答するのは不毛ですし、そういう質問ばかりになれば人力検索自体が壊滅状態になると思います。

    この場は有益な質問と有益な回答で多くの人が知識を得たり交流したりしている貴重な場ですので、規約違反として「扱われない」というだけでそういうことをする人が増えないように願っています。また消費者としてもそのような違法でないだけの脱法行為を平然と行うアンフェアな商業者がふえてほしくはありません。質問者様にはサイトの趣旨に合わない不適切なご利用をなさりませんよう、慎重にご検討いただきたいと思います。
  • id:i_love_cat
    >nozomi_privateさん

    貴重なご意見ありがとうございます。

    そうですね。「はてな」は貴重な場ですので、はてなをご利用なさっている方々に対する心遣いが必要だと感じます。
    仮に「はてな」を通じてアピールするにしても、はてなを利用なさっている方々、はてな運営者、そしてショップ側の三者がwin-win-winの関係になるような利用の仕方を工夫する義務がショップ側にあるのかもしれません。
  • id:matsunaga
    nozomi_privateさんに同感です。
    そのような感じでお客様を「騙す」ことによって、あるいははてなを「踏み台として利用」することによって、貴店の信用は地に堕ちる可能性があります。
    見過ごされるなら何をやってもいいというのは、決して健全な商売とは言えませんし、決して貴店のためにもならないでしょう。

    渋沢栄一の『論語と算盤』など、まだお読みでなければぜひ一読をおすすめします。
    「うまくやればよい」という考え方のお店であれば、わたしは買いたくありません。

    なお、一度回答しましたのでこちらで補記しておきますが、ネットでは確かに価格の安いところに流れやすくはなりますが、しかし、価格競争に走るショップは(よほど体力がない限り)売り上げはあっても利益が上がらず、撤退するハメになります。価格だけではないウリ(サービス、丁寧な説明、お客様を獲得してリピーターにしていく努力など)が必須となります。言い換えれば、価格以外に実店舗で提供している価値をいかに見せられるかがネットショップの売り上げを決定します。

    必ずしも安い店で買うとは限りません。安心できるなら多少高めでも購入する場合もあります(商品等にもよりますが)。
  • id:nozomi_private
    i_love_cat様
    ご理解いただけましてうれしいです。
    ネットでは以前から商業利用に関しての意識は厳しく、解禁になってからもそのときの意識が持続しています。特にフリーライダーに対する嫌悪感はネットユーザーの間には根強いです。
    フェアな商業利用でしたら消費者にとっても必要なものを届けていただけるありがたい存在ですので、そういう業者さんが増えていただきたいと思います。

    ご参考になるかはわかりませんが、商業利用可能なブログについての以前の質問です。
    http://q.hatena.ne.jp/1207585250
    サイトに付属してスタッフがブログを設置するのは効果的なようですので。
    ご成功をお祈りいたします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません