ミステリーについての質問です。

・絶海の孤島(その島から脱出する手段はない)。
・その島にいるのは7人。
・その中の一人が殺される。
・その中の一人であるあなたは探偵役なので容疑者からは外される。
・残りの5人中の一人だけが犯人。自殺は考えないとする。
・犯人を見つける際は論理的に解決する必要があり、一人一人尋問していき犯人をみつけるなどといった手段は禁じて。
という条件で
「全員にアリバイがあり、一見すると犯行可能な人物は一人もいない」
「全員にアリバイがなく、誰にでも犯行は可能である」
の二つはどちらが解決するのに苦労を要すると思いますか?
できれば理由もお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 500 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/16 01:57:14
  • 終了:2010/07/23 02:00:03

回答(12件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
単独犯とは限らない some12010/07/16 20:57:20ポイント1pt

「全員アリバイなし」の場合、複数犯だと、組み合わせの可能性が出てしまうので。

単独犯5通りから×4×3×2×1(5人全員が共犯)=120通りの可能性が出るのでは?


「アリバイあり」側がマシと思いますが、でもその場合もどのように証明しているアリバイかによりますね。(映像が残ってるなど)


(一人一人尋問がNGだと矛盾をつく以前に証言自体無意味とせざるをえないので)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません