ミステリーについての質問です。

・絶海の孤島(その島から脱出する手段はない)。
・その島にいるのは7人。
・その中の一人が殺される。
・その中の一人であるあなたは探偵役なので容疑者からは外される。
・残りの5人中の一人だけが犯人。自殺は考えないとする。
・犯人を見つける際は論理的に解決する必要があり、一人一人尋問していき犯人をみつけるなどといった手段は禁じて。
という条件で
「全員にアリバイがあり、一見すると犯行可能な人物は一人もいない」
「全員にアリバイがなく、誰にでも犯行は可能である」
の二つはどちらが解決するのに苦労を要すると思いますか?
できれば理由もお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 500 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/16 01:57:14
  • 終了:2010/07/23 02:00:03

回答(12件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
アリバイありの方が難しい Lupin2010/07/18 20:35:14ポイント1pt

絶海の孤島なら自分達以外の証人者はいないはず、

つまりこの場合きっと誰かがお互いに嘘をついている場合の可能性が

高い、なので自分と一緒にいた人以外アリバイが本当か分からない。

そして、お互いにかばいあってしまうと思います。

それに、全員共犯の可能性もあります。

しかももし全員一緒にいた場合などは

誰かが時間差のトリック(例えば氷)や密室殺人などであるトリックなど

を使っていると思うので、かなり頭がきれる犯人で難しい。

なので、アリバイありの方が難しいと思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません