嫁が自営業で仕事をしています。


先週、保険所からの通知で所得証明書を・・・・と封書が届き、嫁が青色申告をしていない事が発覚しました。売り上げはあるのですが、赤字が続いて、税理士さんに「今年は申告しません」と言うと、わかりました。で終わったらしいです。
それで2年間申告して無い状態です。

ちゃんと申告しないと、取引会社の方にも迷惑をかける事になりそうなので、申告をしようとおもうのですが、その場合一度、廃業にして、来年から申告するか、去年のをちゃんと精査して、提出するか悩んでます。

どちらが、いいでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/17 12:30:55
  • 終了:2010/07/24 12:35:02

ベストアンサー

id:newmemo No.6

newmemo回答回数1455ベストアンサー獲得回数2602010/07/17 17:57:14

ポイント16pt

国民健康保険は前年の所得を基礎として計算されます。確定申告をすることにより所得が把握されますので6月頃に納付書が発送されます。赤字であっても赤字だったという申告が無ければ当局は把握できないです。でも確定申告をしていなければ所得が分かりませんから「所得証明書」の提出依頼が届いた訳です。放置しておけば前年の所得が推計で計算されて国民健康保険料の納付書が発送されます。


http://www.city.sammu.lg.jp/section/shimin/kazei/siminzei/kokuho...

国保税は国民健康保険税を略したものです。国民健康保険料でもこの件に関しては同じ扱いです。

所得の申告について

国保税は、前年の所得金額から計算します。所得を申告していない場合、国保税の軽減が受けられなかったり、高額療養費の限度額が上位所得者として扱われます。

 収入がない場合や、収入が税金の対象とならない遺族年金・障害年金・失業保険だけの方も、国保税の計算のために所得税確定申告書または市県民税(住民税)申告書の提出が必要になります。なお、遅れて申告しますと、後日、税額が変更になることがあります。

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/totokezei/zei/osh...

市民税・県民税の申告は国民健康保険料、介護保険料、長寿(後期高齢者)医療保険料の算定などの資料になります。申告していないと「所得の有無や課税・非課税」が把握できないことから、保険料の軽減措置や各種給付など行政サービスを適切に受けられない場合がありますのでご注意ください。


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01

(4) (1)~(3)以外の方の場合

 各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む)から所得控除を差し引き、その金額(課税される所得金額)に税率を乗じて計算した所得税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある方は、確定申告が必要です。

要するに税金を納付する必要があれば確定申告が必要とされています。したがって事業所得が赤字の場合は原則として確定申告をする必要は無いのです。但し、青色申告の特典を受ける為には赤字であっても毎年申告する必要があります。一方、国民健康保険は前述しましたように前年の所得を基に計算されますので確定申告をしていなくても保険の加入者ならば地方自治体宛の確定申告(住民税申告)をする必要があります。


但し、これは事業所得も無い無職のケースで、事業所得で青色申告者でしたら今から税務署宛に確定申告をなされば宜しいです。期限後申告と言います。

ちゃんと申告しないと、取引会社の方にも迷惑をかける事になりそうなので、申告をしようとおもうのですが、その場合一度、廃業にして、来年から申告するか、去年のをちゃんと精査して、提出するか悩んでます。

所得が赤字の場合に税務署宛に申告しなくても取引先に迷惑を掛ける事はないです。国民健康保険料の問題ですから今から税務署宛に確定申告をなされば宜しいです。その際、去年だけでなく無申告の年度分を併せて申告される方が宜しいです。廃業する必要はございません。来年度からは期限内に申告なされば宜しいです。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

一番下の注に記載されていますように、確定申告期限内に申告しておかなればなりませんでした。今から税務署に確定申告を提出してもこの特典は利用できないです。

(注) 損失が生じた年分の確定申告書を確定申告期限内に提出しなければなりません。


以上の回答で疑問点や分かり難い点がございましたら質問者さんの返信を利用して書いて頂ければと思います。その際オプションを「回答受付中にコメント・トラックバックを表示する」に変更して頂けますと容易にフォローすることができますのでご検討をお願い申し上げます。

その他の回答(7件)

id:windofjuly No.1

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492010/07/17 12:46:04

ポイント17pt

赤字でも修正申告しておけば、赤字分の3年間繰越ができますので、例えば本年度あるいは来年度儲けすぎても税額の軽減を図れる可能性があったりします

廃業してしまうと繰越の権利は失いますし、事業の営業期間もリセットされてしまいますので同業を続けるのであれば損になりますね

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

(4) 純損失の繰越しと繰戻し

 事業所得などに損失(赤字)の金額がある場合で、損益通算の規定を適用してもなお控除しきれない部分の金額(純損失の金額)が生じたときには、その損失額を翌年以後3年間にわたって繰り越して、各年分の所得金額から控除します。

 また、前年も青色申告をしている場合は、純損失の繰越しに代えて、その損失額を生じた年の前年に繰り戻して、前年分の所得税の還付を受けることもできます。

わかりました。で終わったらしいというのが本当であるならば、その税理士さんはあまりにも不親切あるいは経験不足だと思いますから、替えた方がいいと思いますね

id:akiramikan

その通り、税理士さんがあまりにも不親切だと思い、他の税理士さんにいきなり相談するのもと思い、コチラで相談させていただきました。。。情けない限りです。。。

ネットで相談&精査していただけるところはあるでしょうか?

2010/07/17 14:27:59
id:yamaneroom No.2

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/07/17 14:00:55

ポイント17pt

きちんと精査して申告すべき。

申告せずに廃業すると、脱税の疑いをかけられるから。

id:akiramikan

ですよね。。。。

あとあとめんどくさくなりそうで、汚い仕事してるわけじゃないから、ちゃんと申告します!!

ありがとうございます!

2010/07/17 14:28:43
id:ko8820 No.3

ko8820回答回数1221ベストアンサー獲得回数692010/07/17 14:20:26

ポイント16pt

本当に青色申告なんでしょうか?

青色申告の場合、赤字を3年間繰り越せるので申告しないと損だと思います。

赤字なので申告しなくても問題なくて

その場合は所得は0円です。

所得証明書も発行してもらえますよ。

>その場合一度、廃業にして、来年から申告するか、去年のをちゃんと精査して、提出するか悩んでます。

そのまま、来年から申告で何か問題あるんですか?

税理士に聞いてみては?

id:akiramikan

税理士が信用できなくて。。。。直接税務署に行くのがいいのしょうか?

2010/07/17 14:29:24
id:sami624 No.4

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432010/07/17 15:48:06

ポイント16pt

保健所から申告要請が来るということは、事業内容が保健所の許認可事業と言うことでしょうか。許認可事業の場合は、一定期間事業実態がない場合は許認可の取り下げ処分になる場合があります。よって、先ずなぜ保健所から申告要請が来たかを明らかにする必要があります。2年以上事業実績がない場合は許認可を取り下げるという内容の場合は、確定申告とは別の問題が発生するので要注意です。

次に、本題ですが、昨今の課題として問題視されている縦割り行政の通り、各省庁間では情報が機能的に共有されないため、保健所で申告所得がないという事実を国税庁が共有していない可能性が非常に高いのは事実です。しかし、景気低迷の長期化により税収不足が深刻化しているため、国税庁の定期的に中小零細企業の税務調査を実施しているの場事実です。質問内容からも明白な通り、既に地方公共団体並びに中央官庁が未申告と言う事実を掴んでいる以上、このままの状態で税務調査を迎えた場合脱税扱いで重加算税を請求される可能性が高いです。赤字と言っても、勘定科目の解釈相違があった場合は、正規の申告手続き上は黒字とみなされ重加算税が課される可能性が非常に高く、リスクが高いと言えるでしょう。税務署に行って事実関係を説明し申告方法を確認した上で対応をするのが一番の選択肢だと思います。

http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

id:Lew No.5

Lew回答回数469ベストアンサー獲得回数202010/07/17 16:00:01

ポイント16pt

自分も個人事業主で申告をしています(自分は白色ですが)

青色申告の利点に赤字を持ち越せるという点があり、赤字だから申告しないはおかしいと思います。精査しなおすべきです。むしろしないと脱税ですから。

あと、これはもっとも重要なことだと思いますが、その税理士は首にするか訴えるか、なんだかしないと。むしろ本当に税理士なのかと思ってしまいます。

id:newmemo No.6

newmemo回答回数1455ベストアンサー獲得回数2602010/07/17 17:57:14ここでベストアンサー

ポイント16pt

国民健康保険は前年の所得を基礎として計算されます。確定申告をすることにより所得が把握されますので6月頃に納付書が発送されます。赤字であっても赤字だったという申告が無ければ当局は把握できないです。でも確定申告をしていなければ所得が分かりませんから「所得証明書」の提出依頼が届いた訳です。放置しておけば前年の所得が推計で計算されて国民健康保険料の納付書が発送されます。


http://www.city.sammu.lg.jp/section/shimin/kazei/siminzei/kokuho...

国保税は国民健康保険税を略したものです。国民健康保険料でもこの件に関しては同じ扱いです。

所得の申告について

国保税は、前年の所得金額から計算します。所得を申告していない場合、国保税の軽減が受けられなかったり、高額療養費の限度額が上位所得者として扱われます。

 収入がない場合や、収入が税金の対象とならない遺族年金・障害年金・失業保険だけの方も、国保税の計算のために所得税確定申告書または市県民税(住民税)申告書の提出が必要になります。なお、遅れて申告しますと、後日、税額が変更になることがあります。

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/totokezei/zei/osh...

市民税・県民税の申告は国民健康保険料、介護保険料、長寿(後期高齢者)医療保険料の算定などの資料になります。申告していないと「所得の有無や課税・非課税」が把握できないことから、保険料の軽減措置や各種給付など行政サービスを適切に受けられない場合がありますのでご注意ください。


http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01

(4) (1)~(3)以外の方の場合

 各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む)から所得控除を差し引き、その金額(課税される所得金額)に税率を乗じて計算した所得税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある方は、確定申告が必要です。

要するに税金を納付する必要があれば確定申告が必要とされています。したがって事業所得が赤字の場合は原則として確定申告をする必要は無いのです。但し、青色申告の特典を受ける為には赤字であっても毎年申告する必要があります。一方、国民健康保険は前述しましたように前年の所得を基に計算されますので確定申告をしていなくても保険の加入者ならば地方自治体宛の確定申告(住民税申告)をする必要があります。


但し、これは事業所得も無い無職のケースで、事業所得で青色申告者でしたら今から税務署宛に確定申告をなされば宜しいです。期限後申告と言います。

ちゃんと申告しないと、取引会社の方にも迷惑をかける事になりそうなので、申告をしようとおもうのですが、その場合一度、廃業にして、来年から申告するか、去年のをちゃんと精査して、提出するか悩んでます。

所得が赤字の場合に税務署宛に申告しなくても取引先に迷惑を掛ける事はないです。国民健康保険料の問題ですから今から税務署宛に確定申告をなされば宜しいです。その際、去年だけでなく無申告の年度分を併せて申告される方が宜しいです。廃業する必要はございません。来年度からは期限内に申告なされば宜しいです。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

一番下の注に記載されていますように、確定申告期限内に申告しておかなればなりませんでした。今から税務署に確定申告を提出してもこの特典は利用できないです。

(注) 損失が生じた年分の確定申告書を確定申告期限内に提出しなければなりません。


以上の回答で疑問点や分かり難い点がございましたら質問者さんの返信を利用して書いて頂ければと思います。その際オプションを「回答受付中にコメント・トラックバックを表示する」に変更して頂けますと容易にフォローすることができますのでご検討をお願い申し上げます。

id:yazuya No.7

yazuya回答回数639ベストアンサー獲得回数532010/07/18 01:32:48

ポイント16pt

本当に赤字なのであれば、確定申告は義務ではありません。

もっとも、青色申告の承認を得ているのにずっと申告しないと、青色申告の承認を取り消される可能性はあります。


また、何らかの理由で所得証明等が必要な場合は、申告をしていないと困る場合があります。

ただし、いつ申告しても構いません。



その場合一度、廃業にして、来年から申告するか、去年のをちゃんと精査して、提出するか悩んでます。

法人と違って、個人事業主の場合は廃業してもリセットされるわけではありません。

申告するつもりならば、廃業する意味はありません。

id:akiramikan

そうなんですね、今から申告しても問題ないと言うことで、新しく税理士さんを見つけて申告しようと思います。。

2010/07/19 08:56:53
id:motsura No.8

motsura回答回数602ベストアンサー獲得回数272010/07/20 18:45:44

ポイント16pt

自分の青色なんですが、税理士さんじゃ信頼できないなら、最寄の「青色申告会」が安くてそれなりにいいですよ。

http://www.tokyo-aoiro.or.jp/anatano.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません