国立教育政策研究所の実施した「平成15年度 小・中学校教育課程実施状況調査」について

http://www.nier.go.jp/kaihatsu/katei_h15/index.htm

学力テストの様なものだと思うのですが、上記のURLには調査結果データしかありません。
テストの問題と正答例が知りたいです。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/19 18:34:19
  • 終了:2010/07/26 18:35:03

回答(1件)

id:jo_30 No.1

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532010/07/20 00:56:56

ポイント60pt

まず、ご存じかと思いますが、この調査は、経年変化を見るために同一問題を使用することがあるので、原則としてその内容は公開されていません。ですから、web上に「これが問題です」と銘打って置いてあることは、基本的にあり得ません。



ただし、教員等に対してまで内容が秘密にされているわけではありません。もし質問者様が教職員の方であれば、各都道府県の教育センターなどに、実際の問題・解答や採点基準の掲載された報告書が置かれているはずですので、それを閲覧することは可能なはずです。各都道府県において、教科書展示を行っている一番中心の場所などが、その都道府県においてその手の書類を保管している場所と考えてよいでしょう。

参考:都道府県が設置する教科書センター一覧

※たとえば東京都であれば、おそらく「東京都教職員研修センター」ではないでしょうか。



もし質問者様が教職員の方でないとすれば、問題のすべてをみるのはちょっと難しいことになると思います。ただし、その一部に関しては「問題例」のような形で報告書に掲載されているかもしれません。国立国会図書館の蔵書検索で「小・中学校教育課程実施状況調査」と入力していただければ、教科別の報告書が確認できると思います。web上に置かれているものには問題例がありませんが、冊子版には少しだけ問題が掲載されていたような気がします(もしなかったら済みません)。



ちなみに、内容ですが、「学力テストのような」というのは、間違ってはいませんが、完全に正しくもありません。違いについて言うと、

 ・「○×」でなく、「通過か否か(想定したレベルを越えた解答かどうか)」で判断

 ・配点がない

 ・個人の成績でなく、全体の傾向をみるもの

 ・学力調査だけでなく、意識調査や生活実態の質問、指導内容についての調査なども含む

といったところでしょうか。



ちなみに、学力調査の部分については、基本的に、平成19年度から行われている「全国学力・学習状況調査」とそれほど大きく変わらないものではないかと思います。こちらは公開されていますね(国立教育政策研究所HP)。参考まで。

id:kai11

丁寧なご回答ありがとうございます。

参考になりました。

最後の「全国学力・学習状況調査」よりも、

こちらの方が教科数も対象学年も多いので、

知りたかったという次第です。

2010/07/20 14:38:05

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません