(医療とかに強い人の回答をお願いします。)


うっかり、カッターで指を切ってしまった時は「いったーい」とか言って痛がりますが、たとえば、時代劇の戦闘シーンで日本刀で腹を斬られるシーンや拳銃でうたれるとこ時などでは「うっ!」としか言ってなく、「いったーい」とか叫びません。

これは、テレビ局の都合なのですか?それとも、心理的な問題ですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/21 06:54:32
  • 終了:2010/07/22 18:53:48

ベストアンサー

id:hathi No.8

hathi回答回数207ベストアンサー獲得回数462010/07/21 20:03:39

ポイント20pt

「医療に強い人」ではありません。面白そうなテーマで、かつ現時点の4件の回答が面白かったので、私の意見を書かせていただきます。

 

映画・演劇・小説などの中で、斬られた・刺されたシーンの場合、

 そこで傷を負った者が、「いったーい」と叫ぶようなせりふを書く人はあまりいないと思います。

 1 緊張感が薄れるし、もっともらしくなくなるので、作品が悪くなる

 2 軽い怪我を何人もが負うシーンで、それをせりふに入れるとわずらわしくなる

 

2の理由はともかく、1のもっともらしくない(=不自然)というのは、ひとつのポイントだと思います。

カッターで指を切ってしまった時は「いったーい」とか言って痛がるのは、切った瞬間ではなくて、その後の状態です。通常そのカッターで引き続き切ることはもうなくて、怪我が増えるとかの危険はすでに遠のいていて、心理的には事後処理?をすればいい状態です。したがって、落ち着いて「いてて」「いたた」「いてーなぁ」「うぉーいてぇー」「あぁ きっちゃったょ」とかの表現をして「味わうゆとり」があるといえます。

目の前から何度もカッターナイフを振り回され、懸命に避けていたけれど、避け損なって切られた、まだ攻撃は激しさを増すばかりで、とにかく避けることや反撃・逃走に全力を使わざるを得ない状況の場合、怪我をしたこと、切れていることがわかっても、何もいわないことが多いと思います。まして殺し合い、斬撃戦、銃撃戦、戦闘の真っ盛りであれば、全神経がバトルモードに入っていて、斬られたり撃たれたりしたということがわかった場合でも、痛いことさえ気づかない・さほど痛みは気にならないと思います。もちろん「いたーい」とかいう気にはならないです。

 

駆け出していて躓いて転んで手を突き指を骨折した、あるいは打撲・擦過傷という場合でも、似たもので、立ち上がってから、痛いよ~となります。小さな子供だと、倒れてびっくりしたのが終われば、立ち上がる前に泣くかも知れませんが、怪我と同時に泣く子はいません。

 

日本刀で腹を斬られた、拳銃で撃たれた場合でも、すぐに悶絶・気絶しなければ、そして当面ひと呼吸できれば、「いてて」「くぅー 痛ぇー」「痛ぇー くそっ」(腹痛のときと同じですね)と言うことも多いと思います。我慢すれば声には出さないと思います。見栄もあるし、そう大声で叫ぶことはなくても、頭の中、心では、痛ぇー痛ぇー痛ぇーと復唱している可能性は高いと思います。

 

柔道やレスリング、サッカーなどでは、打撲傷や骨折をするのは珍しいことではないです。フィギャースケートでも転倒強打することはあります。 工場などで機械操作中に指を切る人もいます。 私が見たり聞いた経験の中では、そうした打撲、骨折、切断事故があっても、そのときに「いたーい」というような反応はなかったです。数多い事故の中では、怪我や切断時に痛いというような言葉として意味を持つような発声をする人も要るかも知れませんが、そういう例は非常に少ないだろうと思います。

 

なお、切られた、撃たれたということで細胞に損傷が発生すると、化学物質が放出されます。 

 http://ja.wikipedia.org/wiki/疼痛

これを受けて、順番に神経系統を電気信号や化学物質が授受されて、その信号が脳中枢まで届けば痛いという感覚を得るはずですが、ことはそれほど単純ではないと思います。

 http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_26.htm

 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5157358.html

脳はかなり選択的な動きをするので、ほかに何かの方面で活動していると、特定のことを止めてしまいます。痛いというのはかなり重要で優先度が高いことになっていると思いますが、思い切りアドレナリンを分泌して興奮状態だと、脳が痛い感じることを止めてしまうこともあります。仮に腕や脚、腹に大怪我をして、そこからは信号が神経系統を通じて脳に出されたとしても、脳がそれを受け付ける状態になければ、痛さは感じません。また脳が少しは痛さを感じたとしても、脳としてはほかにやるべきことがたくさんありそれにほぼ専念している場合には、抹消神経からの痛み情報に対応して、痛いという日本語を発声する命令を脳がだす可能性は非常に低いと思います。

痛みを脳が感じない場合も、痛いという日本語を発声する命令を脳が出さない場合にも、人間は痛いとは普通はいわないと思います。

私も交通事故や刺傷の怪我をしていまっすが、鎖骨や手のひらの骨を折っても、そこそこの刺し傷でも、しばらくは怪我の痛みはほとんど感じませんでした。

もちろんいたーいとは言いませんでした。交通事故は、ただただ驚いていたという感じでした。怪我をどこで(どの時点で)やったのかもわかりません。病院に運ばれて骨折部位がわかってから、たぶんあのブツカッた時かなと、結果から原因やタイミングを想像することしかできません。自分では事故で打撲をしたけれど、それだけだと思っていました。それにぶつかったことは記憶していますが、そのときに痛んだ記憶はありません。事故の最中の時間は結構長く感じるものですが、そのときに打撃の衝撃があったはずですが、大きな衝撃の身体感覚も感じていなかったように思います。刺し傷は、交通事故とは別ですが、「あ ささった」ということに気づきますが、そのときに痛いとは思いませんでした。数分してから痛いと思いましたが………(それほどの大怪我ではなく、数回病院に通ったので済む程度の刺し傷です)

id:marususyacyou

ほーー。

痛い! とかは、事後処理のような感覚なのですね。

勉強になりました。ありがとうございます!

2010/07/22 18:49:25

その他の回答(7件)

id:jelate No.1

ゲート回答回数1036ベストアンサー獲得回数342010/07/21 07:13:31

ポイント15pt

演出の問題でしょう。

時代劇で斬られて斬られた人が

「いったーい」って叫んじゃしまらないですよ。

ちなみに私はカッターで指切っても「うっ!」って言いますが・・・

http://q.hatena.ne.jp/

id:manemaneroom No.2

manemaneroom回答回数92ベストアンサー獲得回数62010/07/21 07:30:15

ポイント15pt

どういう痛がり方をするのかは完全に個人個人で異なる。

刃物による傷の場合は鋭い痛みになるので「いったーい」というようなのんびりした表現よりもむしろ声にならない声になる場合の方が多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%9B%E3%81%BF

id:masanobuyo No.3

masanobuyo回答回数4617ベストアンサー獲得回数782010/07/21 07:32:38

ポイント15pt

建社会の日本における武士階級の倫理及び価値基準の根本をなす、体系化された思想一般をさす武士道においては、、「いったーい」と言うことは許されていないからではないでしょうか。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93

id:yamaneroom No.4

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/07/21 09:13:59

ポイント15pt

武士は痛いなどと弱音を吐いてはいけないから。

http://q.hatena.ne.jp/

id:seble No.5

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6172010/07/21 11:27:56

ポイント25pt

大けがをした事がある人なら分かると思いますが、

そういう場合、痛みは後からやってきます。

その瞬間はショックだけで何も感じません。

特に、鋭い刃物で切った場合はスパッと切れたその瞬間にはあまり感覚がありません。

鈍い刃物だと切られるというより殴られる感じなのでずっと痛みがあります。

なまくらだと引き裂く感じになるのでこれも痛いです。

ゆっくり切るとこれも痛いですが、戦闘のように瞬間に切られると感覚はあまりありません。

ケンカでもそうですが、殴られた瞬間はアドレナリンの影響もあり、すぐには痛くはないです。

骨折などするほどでもちょっと遅れて痛みが来ます。

衝撃を受けたような感覚はあり、また怪我が特別な致命傷でなくともそのショックで死亡する場合もあります。

日本刀でもよく切れるのは肉の部分だけで、骨はそう簡単に断ち切れないようですけどね。

刃もこぼれてしまうので、うまい人は関節を切るのだそうで、、

 

拳銃で撃たれた事はないので知りませんが、

物の本ではやはりその瞬間は衝撃だけで痛いのは後からのようです。

 

また、ショックが大きいので言葉が出ない、という事もあります。

痛いとか言っているうちはまだ大した事ないのです。

本当に痛いと言葉をしゃべる事さえ難しくなります。

また、しゃべるために口を開けたりすると、ショックを受けた時に舌を噛みきってしまう危険があります。

殺されそうな時には自殺しないように口は閉じてろって事ですな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C

id:marususyacyou

そうなのですか…

ショックが大きいのも原因の一つなのですね。

ご回答ありがとうござました

2010/07/22 18:46:14
id:r-zone No.6

r-zone回答回数428ベストアンサー獲得回数222010/07/21 12:39:11

ポイント15pt

カッターで指を切ってしまったくらいの怪我であれば「いったーい」ですみますが

日本刀で腹を斬られるほどの命に関わる場面では

「いったーい」ではすまされない程の痛みです。

心臓や肺などやられてたら息もしにくくなりますし。

なにより演技に迫力やリアルさにかけてしまいます。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:inthegroove No.7

inthegroove回答回数768ベストアンサー獲得回数62010/07/21 12:45:59

ポイント15pt

http://q.hatena.ne.jp/1279662871

日本刀で腹を切られたり拳銃で撃たれたときは、痛すぎて「いったーい」なんて言ってられません。

というのが本音ですが、演出の問題だと思います。

「いったーい」なんて軽く言ってるとしまらないので。

id:hathi No.8

hathi回答回数207ベストアンサー獲得回数462010/07/21 20:03:39ここでベストアンサー

ポイント20pt

「医療に強い人」ではありません。面白そうなテーマで、かつ現時点の4件の回答が面白かったので、私の意見を書かせていただきます。

 

映画・演劇・小説などの中で、斬られた・刺されたシーンの場合、

 そこで傷を負った者が、「いったーい」と叫ぶようなせりふを書く人はあまりいないと思います。

 1 緊張感が薄れるし、もっともらしくなくなるので、作品が悪くなる

 2 軽い怪我を何人もが負うシーンで、それをせりふに入れるとわずらわしくなる

 

2の理由はともかく、1のもっともらしくない(=不自然)というのは、ひとつのポイントだと思います。

カッターで指を切ってしまった時は「いったーい」とか言って痛がるのは、切った瞬間ではなくて、その後の状態です。通常そのカッターで引き続き切ることはもうなくて、怪我が増えるとかの危険はすでに遠のいていて、心理的には事後処理?をすればいい状態です。したがって、落ち着いて「いてて」「いたた」「いてーなぁ」「うぉーいてぇー」「あぁ きっちゃったょ」とかの表現をして「味わうゆとり」があるといえます。

目の前から何度もカッターナイフを振り回され、懸命に避けていたけれど、避け損なって切られた、まだ攻撃は激しさを増すばかりで、とにかく避けることや反撃・逃走に全力を使わざるを得ない状況の場合、怪我をしたこと、切れていることがわかっても、何もいわないことが多いと思います。まして殺し合い、斬撃戦、銃撃戦、戦闘の真っ盛りであれば、全神経がバトルモードに入っていて、斬られたり撃たれたりしたということがわかった場合でも、痛いことさえ気づかない・さほど痛みは気にならないと思います。もちろん「いたーい」とかいう気にはならないです。

 

駆け出していて躓いて転んで手を突き指を骨折した、あるいは打撲・擦過傷という場合でも、似たもので、立ち上がってから、痛いよ~となります。小さな子供だと、倒れてびっくりしたのが終われば、立ち上がる前に泣くかも知れませんが、怪我と同時に泣く子はいません。

 

日本刀で腹を斬られた、拳銃で撃たれた場合でも、すぐに悶絶・気絶しなければ、そして当面ひと呼吸できれば、「いてて」「くぅー 痛ぇー」「痛ぇー くそっ」(腹痛のときと同じですね)と言うことも多いと思います。我慢すれば声には出さないと思います。見栄もあるし、そう大声で叫ぶことはなくても、頭の中、心では、痛ぇー痛ぇー痛ぇーと復唱している可能性は高いと思います。

 

柔道やレスリング、サッカーなどでは、打撲傷や骨折をするのは珍しいことではないです。フィギャースケートでも転倒強打することはあります。 工場などで機械操作中に指を切る人もいます。 私が見たり聞いた経験の中では、そうした打撲、骨折、切断事故があっても、そのときに「いたーい」というような反応はなかったです。数多い事故の中では、怪我や切断時に痛いというような言葉として意味を持つような発声をする人も要るかも知れませんが、そういう例は非常に少ないだろうと思います。

 

なお、切られた、撃たれたということで細胞に損傷が発生すると、化学物質が放出されます。 

 http://ja.wikipedia.org/wiki/疼痛

これを受けて、順番に神経系統を電気信号や化学物質が授受されて、その信号が脳中枢まで届けば痛いという感覚を得るはずですが、ことはそれほど単純ではないと思います。

 http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_26.htm

 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5157358.html

脳はかなり選択的な動きをするので、ほかに何かの方面で活動していると、特定のことを止めてしまいます。痛いというのはかなり重要で優先度が高いことになっていると思いますが、思い切りアドレナリンを分泌して興奮状態だと、脳が痛い感じることを止めてしまうこともあります。仮に腕や脚、腹に大怪我をして、そこからは信号が神経系統を通じて脳に出されたとしても、脳がそれを受け付ける状態になければ、痛さは感じません。また脳が少しは痛さを感じたとしても、脳としてはほかにやるべきことがたくさんありそれにほぼ専念している場合には、抹消神経からの痛み情報に対応して、痛いという日本語を発声する命令を脳がだす可能性は非常に低いと思います。

痛みを脳が感じない場合も、痛いという日本語を発声する命令を脳が出さない場合にも、人間は痛いとは普通はいわないと思います。

私も交通事故や刺傷の怪我をしていまっすが、鎖骨や手のひらの骨を折っても、そこそこの刺し傷でも、しばらくは怪我の痛みはほとんど感じませんでした。

もちろんいたーいとは言いませんでした。交通事故は、ただただ驚いていたという感じでした。怪我をどこで(どの時点で)やったのかもわかりません。病院に運ばれて骨折部位がわかってから、たぶんあのブツカッた時かなと、結果から原因やタイミングを想像することしかできません。自分では事故で打撲をしたけれど、それだけだと思っていました。それにぶつかったことは記憶していますが、そのときに痛んだ記憶はありません。事故の最中の時間は結構長く感じるものですが、そのときに打撃の衝撃があったはずですが、大きな衝撃の身体感覚も感じていなかったように思います。刺し傷は、交通事故とは別ですが、「あ ささった」ということに気づきますが、そのときに痛いとは思いませんでした。数分してから痛いと思いましたが………(それほどの大怪我ではなく、数回病院に通ったので済む程度の刺し傷です)

id:marususyacyou

ほーー。

痛い! とかは、事後処理のような感覚なのですね。

勉強になりました。ありがとうございます!

2010/07/22 18:49:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません