1280300689 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #061


THEME:「家族の成長やライフスタイルで変えるイエ空間作りコンテスト」

イエで○○のスペースを作るいいアイデアありませんか?イエで○○するとしたらどんなプランにしますか?“イエコト・ミシュラン”は、暮らしの空間と時間作りをめぐるテーマ質問に楽しくオドロキ!なアイデアをご投稿いただき、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナー。豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドでご投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100728

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は8月2日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/28 16:04:51
  • 終了:2010/08/02 12:01:36

回答(109件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
様々なライフステージや用途に対応する《がらんとした和室》 TomCat2010/07/30 14:03:00ポイント3pt

物を置かない畳の部屋。こういう部屋が一部屋あると、とても暮らしが豊かになると思うんです。

 

まず、子供が小さな時期。転んでも痛くない畳の部屋は、小さな子供のプレイルームに最適です。それに遊び疲れて寝てしまっても、畳なら板敷きに比べて下からの冷えが穏やか。小さな子供は大人に比べて、ずっと床に近い位置が生活空間ですから、畳という優しい素材が最適です。

 

最近は畳のない家が増えていますから、ご近所のお母さんや子供達も集まって楽しい時間が過ごせるイエ、なんていうコンセプトで和室を作ってみるのもいいですね。

 

少し子供が大きくなってきたら、和室で劇をして遊びましょう。たとえば子供がお殿様。ちびっこお殿様の前で、お父さんが完璧な礼法に則った和室での作法を演じて見せたりするんです。一通り終わったら、今度は役柄交代。こういう遊びの中から、畳の部屋の歩き方、座布団への座り方降り方、正座の仕方、正しい挨拶の仕方などが楽しく身に付きます。

 

和室でちょっと特別なお食事会、なんていうのもいいですね。箱膳を使った高級料亭みたいな食事から、卓袱台を使ったサザエさんのお家みたいな食事まで。最近は椅子とテーブルでの食事しか経験のない子供が増えていますから、きっとこういうのも新鮮な体験になっていくことでしょう。こうした中から、和食の作法も身に付きます。なお、和室だからといって、料理は無理に和食にこだわる必要はありません。こういう時ほど、子供が好きなメニューで揃えましょう。お箸で食べられるお料理なら、何でもいいですね。

 

正しい礼法に則った和室での振る舞いや仕草には、まるで舞を見ているような美しさがあります。インストラクター役の大人はぜひ、お父さんかっこいい!お母さん綺麗!と言われるような身のこなしで、子供をアッと言わせられるようにがんばってくださいね。和室があれば、大人だけで密かに和の作法のお勉強、なんていうのも可能です。誰の前に出ても恥ずかしくない身のこなしを身につけておくことは、子供が誇れる親であるためにも大切です。

 

もっと子供が大きくなってきたら、畳の部屋で色々な和文化体験をさせてあげましょう。習い事ではありませんから、楽しく体験できればそれでいいんです。書道なんて畳の部屋にぴったりですね。お正月の書き初めや、七夕の短冊書きなど、季節の行事に合わせて行っていきましょう。

 

それから、お茶やお花。これらもけっして女の子だけのものではありません。もともと華道は、代表的な武家屋敷の造りである書院造の定着とともに発展してきたもの。茶道も、織田信長の「御茶湯御政道(おちゃのゆごせいどう)」によって、格式の高い武家儀礼として定着してきたという歴史があります。もちろんイエでやるなら、お茶もお花も型にはまる必要はありませんから、伝統のエッセンスさえきちんと踏まえていれば、あとはそのイエ流でOKです。

 

子供が受験を控えるような年齢になってきたら、和室は心を落ち着け、安らげる空間として活用させていきましょう。がらんとした何も無い和室で静かに過ごすひとときは、きっとストレスを和らげてくれることでしょう。こういう和室の使い方は、何かと心が疲れがちな大人にも有用ですね。

 

現代のイエに欠けているのは、こういう心を癒す侘び寂の空間。今は居住「空間」といいながら、全ての部屋を実用で埋め尽くして、「空の間」を設けないんですよね。でも、日本の文化は「空」を重んずる文化。何も無い空間にこそ美を見いだし、そこから心の安らぎを得てきたのが、日本人の美意識だったと思うんです。そういう侘び寂の間がリビングに匹敵するくらい重要な存在なんだ、という考えへの転換が、新しいライフスタイルの扉を開く、一つの鍵になっていくことでしょう。

 

そうは言ってもただでさえ狭い家、その一室を何も無いがらんとした空間にしてしまうなんて、と思われるかもしれません。でも、和室ならそれが可能なんです。和室の良さは用途の柔軟さ。ですから、押し入れから座卓を出してポンポンと座布団を置けば、さっきまでのキッズのプレイルームが、もう応接間に早変わりです。床の間のある部屋なら、どんなお客様をお通ししても恥ずかしくない、品格ある応接間として通用します。さらに再び座卓をどければ、お茶のお点前でおもてなしも出来るマルチウエイの応接間。布団を敷けば、不意の泊まり客の寝室にも使えます。

 

大人の楽しみとしては、何も物を常設しないがらんとした和室を、季節の「室礼」で彩るキャンバスにしていってください。

◆室礼→ http://q.hatena.ne.jp/1252471828/232224/#i232224

 

やはり室礼のメインステージは床の間です。床の間に季節を表現する楽しみは、まさにアート。暮らしの質が高まって、アートする喜びも満点の室礼は、一生の趣味になりますよ。

 

こんなふうに、子供のライフステージに合わせて活用でき、大人の趣味空間としても、和室特有の用途の柔軟さを活かしたゲストスペースとしても幅広く使っていける「がらんとした和室」。一部屋あったら、本当に素敵で便利な空間になってくれると思います。

お爺ちゃんとお婆ちゃんの部屋 castle2010/07/31 10:25:11ポイント2pt

がらんとした和室と聞いて、お爺ちゃんとお婆ちゃんの部屋を思い出しましたね。がらんとはしていませんでしたが、離れの畳部屋で子供の頃にその部屋へよく遊びにいった覚えがあります。

仏壇の置いてあるお座敷もありまして、がらんとしている和室といえばこちらのほうが正しいかもしれませんが、どちらかといえばこちらはご近所様や親戚の御呼ばれの席などに使われるといった用途が多かったので、子供が遊ぶための場所という雰囲気じゃなかったですね。

仏壇のある部屋はどこか空気が違っていました。

 

がらんとした和室 gtore2010/07/31 14:42:03ポイント1pt

確かに、がらんとしてほとんどなにも置かれていない空間にいるというのは、

それだけで、心を落ち着かせるものだと思いますね。

しかも、それが和室であったら、なおさらですよね。

木のぬくもり、たたみの香りなど、本当に心安らぐ空間に欠かせないものと思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  •  ★★(二ツ星) 「家族のたまり場」by id:sumike 以前id:Fuelさんが「思い切ってPCを家族の共有スペースに置く」という書き込みを拝見し、 さっそく我が家でも真似てみました。 背中のむこ
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:33
      「センターステージのあるイエ」by id:ekimusi いつか子どもと一緒にのびのび過ごせるイエを建てようと考えているので、 このテーマに理想のイエの想像が膨らみました。 考えが一番膨ら
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:33
      「縁側に代わる空間の創造で多用途コミュニケーション空間」by id:YuzuPON 昔の家には縁側という空間がありました。家の中では廊下の役を担いながら、同時に庭と屋内をつなぐ出入り口
  •  ★(一ツ星) 「様々なライフステージや用途に対応する《がらんとした和室》」 by id:TomCat 物を置かない畳の部屋。こういう部屋が一部屋あると、とても暮らしが豊かになると思うんで
  •  ★★★(三ツ星) 「イエが寺子屋になるようなスペース作り」by id:SweetJelly 今私がわが家に欲しいと思っているスペースがこれです。学習塾をやりたいなどということではなく、親しい
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「家族の成長やライフスタイルで変えていくあかり」by id:TinkerBell 「家族の成長やライフスタイルで変える」物には、あかりもあると思うんです。 たとえば、食卓のあかり。 子供がいる
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「壁面収納で見せたり使ったり隠したりが自在なスペース」by id:Oregano 壁一面の収納スペース。扉は天井まで届く高い扉で、全てを閉めきると壁と変わらないシンプルなデザインにしま
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「畳部屋をなつかしんで」by id:offkey 現在の我が家はオールフローリングの洋室で畳の部屋は一つもありません。この家に住む前は畳があったのですが、張替えやダニの問題などで、今の
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「子供の成長に合わせて変化していくリビング」by id:Fuel まず、子供が小学校低学年くらいまでのうちは、個室があったしても、リビングを子供の学習空間と位置づけます。ダイニング
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「子ども部屋」by id:canorps 子ども部屋って難しいですよねえ。 我が家も、私は一人っ子で個室を持っていて 夫は三人兄弟で個室を持たずに育ちました。・・・続きを読む
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「部屋の隣の屋根裏部屋」by id:shig55 我が家は木造の二階屋です。間取りを考えるとき、収納場所をできるだけたくさん作るようにしました。その中で、二階の一部屋におもしろい工夫を
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:35
      「土間のあるイエ」by id:momokuri3 私は「家族の成長やライフスタイルで変えるイエ空間」として、ぜひ土間を提案してみたいと思います。土間と言っても、小さな玄関の上がり口のことで
  • イエコト・ミシュラン ミシュラン賞 「様々なライフステージや用途に対応する《がらんとした和室》」 by id:TomCat 物を置かない畳の部屋。こういう部屋が一部屋あると、とても暮らしが豊
  • イエコト・ミシュラン ミシュラン賞 「壁面収納で見せたり使ったり隠したりが自在なスペース」by id:Oregano 壁一面の収納スペース。扉は天井まで届く高い扉で、全てを閉めきると壁と変わ
  • イエコト・ミシュラン ミシュラン賞 「イエが寺子屋になるようなスペース作り」by id:SweetJelly 今私がわが家に欲しいと思っているスペースがこれです。学習塾をやりたいなどということで
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません