1280300689 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #061


THEME:「家族の成長やライフスタイルで変えるイエ空間作りコンテスト」

イエで○○のスペースを作るいいアイデアありませんか?イエで○○するとしたらどんなプランにしますか?“イエコト・ミシュラン”は、暮らしの空間と時間作りをめぐるテーマ質問に楽しくオドロキ!なアイデアをご投稿いただき、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナー。豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドでご投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100728

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は8月2日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/28 16:04:51
  • 終了:2010/08/02 12:01:36

回答(109件)

ただいまのポイント : ポイント346 pt / 5000 pt ツリー表示 | 新着順

トイレ nakki13422010/08/02 10:38:09

アパートに住んでいるとそこまで必要性は感じませんが

一軒家だと2つは、トイレがあった方がいいとは

思いますね

アパートに住んでいる自分の家族でも

時には、トイレの使用がかち合って

急いでしまう事があるから

 複数あると混雑も解消される可能性が大きいし

大事ですね

ライフスタイルの変化に対応しやすい庭作り watena2010/08/02 01:52:47

庭は、比較的作り替えしやすく、家族の成長やライフスタイルに対応させやすい部分だと思います。私が育った幼少期の頃のイエの庭には、三輪車のコースがありました。庭には芝生が植えてあったのですが、そこにO字型のトラック?が切ってあったのです。芝生ではなかなか三輪車が進みませんが、そこは良く地ならしされていて三輪車を漕ぐのに最適でした。三輪車は安定が悪いのですぐ転びますが、倒れても芝生の上なら痛くありませんでした。

小学生になると塀際の花壇が活躍してくれました。授業でも観察するような草花を色々植えて、観察というより、家族の一員のように思って眺めているのが楽しかった思い出があります。

庭は一時期、砂利で埋め尽くされました。いつの間にか芝生がだめになってしまったのですね。その代わりに土の上を覆ったのが砂利でした。見た目は綺麗で草取りの必要もなく、最初はそれなりにいいかなと思っていたのですが、やはり緑や土の色に乏しい庭は殺風景です。やがて庭の砂利は撤去。骨折り損のくたびれもうけでしたが、わが家のライフスタイルに合わなかったのですから仕方がありません。

今は、父母のライフスタイルがさらに変わり、庭は奥の部分のほとんどが家庭菜園と化しています。今の時期はトマトやナスが育っています。シシトウもありますね。家庭の生ゴミで堆肥を作り、それを少しずつ土に入れていたので、昔はカチカチだった土が、いつのまにかフワフワになっています。住まう人の成熟によって、土も一緒に成熟していく。これはとてもいい風景です。

こうした様々な変化を経てきた庭の中で、ずっと変わらないものは樹木です。これだけは何年経っても、ずっと同じ姿を保ち続けています。変わったことがあるとすれば大きさだけ。庭を室内にたとえると、庭木の配置は間取りにたとえることが出来るでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、家族の成長やライフスタイルに柔軟に対応させていく庭作りの最大のポイントは、庭木の配置ではないかと思います。将来歳を取って足腰が弱り、車椅子やセニアカーなどで出入りするようになることも考えて、門扉の付近、通路、玄関周りなどのレイアウトを考えます。自分の変化で長年共に暮らしてきた木を切るような寂しさは味わいたくないですね。

このほか、子供の遊び場としての庭、家族行事のために使う庭、暮らしの充実を外に向かって表していくような庭、花壇で飾ることを楽しむ庭、収穫を楽しむ菜園のための庭など、さまざまな用途でシミュレーションして、将来ここが邪魔だと言わずに済む庭木の配置を考えます。イエの周りに少しでも多くの樹木が欲しい場合は、思い切って外構を生け垣にしてしまうような選択もいいですね。

私は今の住まいの庭を作る時に、そんなことを考えながら行っていきました。将来的に「庭の間取りの変更」が有り得る場所には、根が広く張って移植しにくい樹種や、移植によって花や実の楽しみが中断してしまうような樹種は避けるなどの配慮も大切だと思います。

そんなことを考えながら庭を作っていると、あぁここが私の終の棲家なんだなぁという喜びが湧いてきます。

家族の成長やライフスタイルで変えていくあかり TinkerBell2010/08/02 00:25:56

「家族の成長やライフスタイルで変える」物には、あかりもあると思うんです。

たとえば、食卓のあかり。

子供がいるイエでは明るい雰囲気の中での食事を楽しみたいですから、ベース照明として普通の部屋のあかりを使い、テーブルの上に食材を鮮やかに見せるペンダントライトをプラス。

大人の食卓も、みんなでわいわい楽しみたい料理の時は、こんな明るい雰囲気がいいですね。


でも、時には料理に合わせて、ちょっと凝ったあかりの演出。

名付けて、照明による「イエ・レストラン・ダイニング」計画です。

小劇場の舞台が照明の変化一つであらゆるシーンを表現してしまうように、お料理だって照明によって、見せる姿を変えていくんですよね。

だから、気合いを入れて作ったら、それが最大限に生かされる舞台を用意したいじゃないですか。


というわけで、ちょっと凝ったフレンチの時や、いつもと違った食卓の雰囲気を演出したい時には、部屋の照明その物を替えてしまいます。

まずベース照明はほんのりと部屋を照らすダウンライト。

わが家では天井にライトの埋め込みができないので、部屋の周囲にそれっぽいナンチャッテダウンライトを吊り下げて使いますが、それでも調光器を使って明るさを調節すると、とってもいい雰囲気が出るんですよ。

そしてテーブルの上には、たとえば光を周囲に拡散させず、スポット的にテーブルを浮かび上がらせる細長いペンダント照明。

今はそれにハロゲンのランプを入れて使っています。

他にもタイプの違う照明器具を、何種類か用意しているんですよ。


こんなふうに、わが家の場合、ナンチャッテダウンライトは常設ですが、テーブル上の照明は、時々付け替えたりするんです。

クリスマスのツリーを飾るのと同じ感覚。

あかりは1年365日同じ物なんて誰が決めたのでしょう。

ほとんどの器具はカチッと回せば簡単に脱着出来る構造なんですから、もっと気軽に付け替えて楽しんでいいと思うんです。

ポイントは、小型でシンプルなデザインで、使わない時に収納の場所を取らない器具を選ぶこと。

あらこの照明すてき、これってあの料理に合いそうよね、なんて、食器と同じような感覚で照明器具選びをしていくのも楽しいです。


こうしたあかりの工夫に加えて、様々なテーブルクロスやテーブルランナーを組み合わせると、いつものダイニングテーブルが、豪華なレストランのテーブルに早変わり。

これで料理の腕の奮い甲斐も200%増量です。


このほか、家族の成長やライフスタイルの変化によって、様々な部屋で、様々な照明の工夫が楽しめると思います。

リフォームや模様替えは大変ですが、イエのあかりを着替えて楽しむという発想が生まれると、手軽に多彩な空間が生み出せると思います。

それに、ひとつの器具でも、中に入れるランプの種類、設置の仕方、調光器との組み合わせなどによってまた違った顔を見せてくれるのも、あかりの楽しいところ。

あかりって、本当に奥が深いですね。

家族のたまり場 ミケ2010/08/02 00:09:08

 以前id:Fuelさんが「思い切ってPCを家族の共有スペースに置く」という書き込みを拝見し、

さっそく我が家でも真似てみました。

 背中のむこうで鍋がコトコト静かに揺れるのを感じながらキーを叩いているここは

我が家の中心、ダイニング。

正確にはダイニングテーブルとキッチンの間。

 料理をしながらでも他の用事が出来るように、パソコンとプリンタをそれぞれワゴンに載せて、

キッチン側でもダイニング側でも使えるようにしたのです。

パソコンを載せたワゴンはキャスター付きなので、料理を作る前にレシピ検索~と使う時には

コロコロ出して、食事の時には壁際に揃えて並べています。

 ダイニングの横の壁にはコルクボードがあり、パソコンでプリントアウトした写真や、

友人が送ってくれたポストカードなどを飾ってあります。

 毎日の家事は同じ事の繰り返しで、これで終わりといった到達点がありません。

そんな家事の心理的負担を減らし、また少しでも快適に毎日過ごすための空間です。


 家事をしながらドラマや映画を観たり、家事の合間にネットサーフィンや家計簿をつけたり、

パソコンで音楽を聴いたりと楽しむことがもでき、パソコンがダイニング近くにあると何かと便利です。

 共働きで忙しい人には、ぴったりなスタイルといえるでしょう。

 さらにちょっとした本を置いたり、アイロン掛けや服の仕分けができるように、壁面に沿って細長い机を設置。

広いスペースがいる時にはすぐ隣のダイニングテーブルを利用します。

 ここで、家計簿をつけながら子どもの相手をしたり、夫が明日の天気をチェックしたりと、

家族とのコミュニケーションにも役立ちます。

(今は息子が隣でお絵かき、娘はまだ小さいので、音楽DVDをかけておくとそれに合わせて踊っています^^)

 子どもの様子が見えるようにすることが大事といわれますが、

私は家事をしている様子を家族から見えるようにすることも大事だと思っています。

 取り込んだ服をたたんだり、アイロンかけや、取れかけたボタン付けもダイニングテーブルで行います。

イスに座ってチクチク縫っていると、夫がそっとお茶を出してくれたり、

息子がコレおかーさんを描いたのと絵を持ってきてくれたりとサービス満点^^

 閉ざされた環境からはコミュニケーションは生まれません。

 ダイニングを母のワーキングスペースに、そして家族のコミュニケーションツールとしてのパソコンのある空間として。

私はここを秘かに「たまりば」と呼んでいます。

 パソコンには撮り貯めた写真や動画などがいっぱい入っていて、家族みんなで見られます。

両親が来た際に子どもの写真を見せてあげたり、家族旅行や運動会の様子をプチ上映会するにも

ダイニングテーブルに座ってみんなで見るのも楽しいですね。 

 子ども達が大きくなって、お母さ~んとまとわりつく時期をすっかり卒業し成長しても、

ナニかとみんなが立ち寄る、家の中心のダイニングにど~んと私がパソコンと共に陣取っていれば

家族と自然に顔を合わせられます。

 ちょっと飲み物を取りに来た家族が、私が覗いている画面にたまたま興味を持って

その話題がはずんだりということもあるでしょう。

 将来、老眼鏡をかけるようになる頃の私には、豆粒のような国語辞典や漢字辞典をひくのは億劫なこと。

でもパソコンの画面だったら簡単に文字も大きくできますし検索だってあっという間。

 子どもが巣立って夫婦二人、ダイニングテーブルでコーヒーを飲みながら、新聞を読んでいた夫が

「ねぇ、これってなんて読むのかな?」と聞いてきたら、すかさずパソコンの画面を開いてネットで検索。

意味ももちろん確認してから得意げに、私は主人に答えます。

「あら、それは○○よ。」な~んてw

 キッチン近くのダイニングには湿気があったり油煙が漂ったりと、パソコンにとっては環境が悪いのかもしれませんが

そのうちきっと水周り対応の防汚・防水パソコンがでてくることでしょう^^

 ある時は食卓、ある時は母のワーキングスペース、そしてたまり場として家族でコミュニケーションできる場所、

ダイニング活用術でした。

イエが寺子屋になるようなスペース作り SweetJelly2010/08/01 22:57:02

今私がわが家に欲しいと思っているスペースがこれです。学習塾をやりたいなどということではなく、親しい友達が集まって、それぞれの得意分野を教え合えるようなスペースです。教わるだけなら公民館やカルチャーセンターの教室などがありますが、ものごとには教える楽しみというのもあると思うんです。それを満喫し合えるようなスペースがあったらいいなぁと。


大人数を集めるわけではありませんから、場所は六畳くらいあればいいと考えましょう。あと必要な物は、物作り関係などをやると考えると、傷が付いても構わない作業台を兼ねたちょっと大きめのテーブルと、床に敷く何らかのシート。わが家の場合は使えそうな部屋が和室になりそうなので、古い座卓と、畳の上に敷くゴザがあれば何とかなりそうです。


寺子屋のようなスペースは、いわばパブリックなスペースですから、生活のためのプライベートなスペースとは分離しないと、長続きしにくいと思います。そこが一番の難しさだと思いますが、応接間などはプライベートな生活動線と交わりにくい経路でお通し出来る場合が多いと思いますので、そういう部屋が使えれば理想的ですね。


あるいは最近は可動家具などを使って間取り変えられる家も増えてきていますから、これから家を建てようとしている人は、将来そんな夢が生まれてきた時に、リビングの一角を寺子屋に使える仕切り方が可能な部屋作り、なんていう計画も織り込んで設計していけるといいかもしれません。


寺子屋が終わったら、あとは楽しいティータイム。それを考えると、キッチンとの移動がしやすく、お茶やお菓子が運びやすい場所であることも欠かせない条件になってきますが、応接間やリビングの一角が使えれば、きっとその条件も満たされますね。キッチンとの連携が図りやすい位置なら、寺子屋スペースを使ってパーティーも開けます。


以前、私は仲間内のちょっとした講座みたいな物を開きたいと思って、公民館が借りられないか聞きに行ったことがありました。そうしたら、利用するには事前に団体登録が必要、利用者の半数以上が当該自治体在住か在勤・在学であること、申し込みは三ヶ月以上前に行う…など、なかなかハードルが高いことが分かりました。こういう規則は公民館ごとに違うと思いますが、やはり仲間内の行事に公的な施設の利用は向かないようです。だったら自分のイエでできないかなぁと。


物作りが好きな人、文化を創造したり学んだりすることに意欲的な人、趣味の輪を広げたい人、などなど、そんな素敵な仲間が集まったら、きっと作りたくなってくる寺子屋の出来るイエ。家族の誰かの意識がそんなふうに成長してきたら、他のご家族の皆さんもぜひ、可能な範囲で理解を示して、応援してあげてくださいね。同じスペースを使って、家族それぞれが異なる寺子屋を主催していく、なんていうイエも、また素晴らしいと思います。

dsf 神夢。@世宇子2010/08/01 13:05:42

df

センターステージのあるイエ むっしー。2010/08/01 11:32:25

いつか子どもと一緒にのびのび過ごせるイエを建てようと考えているので、

このテーマに理想のイエの想像が膨らみました。

 

考えが一番膨らんだのが階段です。

イエの中心にしつらえた階段。

幅は通常よりもちょっと広めの1.2~1.5メートル。

階段は暗くなりがちなので、大きな窓を造って、また夜はライティングを工夫して

家の中で最も明るい空間にしちゃいます。

明るいところには、ついついみんな集まりたくなるものですから。

ついでに階段のけこみ部分に収納スペースもつくります。

人が集まる所にはモノもつい集まってしまいますので。

 

階段の吹抜け側には穴か柵、そして壁面にニッチ(かざり棚)などを設け、子どもが小さいうちは

階段のステップに座って本を読んだり、上階や階下の家族と話しをしながら、遊び場としての階段に。


上階と階下、互いの人の存在を感じられる場所です。


そして壁の高い部分にピクチャーレールをつけて家族の写真や絵のギャラリーとしたり、

スクリーンをつけて映像をプロジェクターで映せば、階段のステップに思い思いに座り

みんなで映画をな~んて・・・素敵。


それから階段室(広い踊り場)。

階段室は階の上下をつなぐ間にあります。

ここは視線が交錯し、奥行きと高さもあるので、イエを見渡すことができ、またイエのどこからも

見える空間です。

ここが時にステージに変わります!!

家族で楽器を弾いたり、音楽をかけて歌を歌ったりと、家族のミニコンサートの開催です。

センターステージのあるイエ。


またここにはクリスマス時期にはツリーを飾り、クリスマスカードやプレゼントを置いたり、

ハロウィン、ひな祭りなど季節のイベントごとに飾りつけを変えて季節の移ろいを楽しむ場所としたり♪

星や月の綺麗な時期には窓越に、夜空を眺める場所としても。


さらに、将来昇降椅子が必要になることもあるかと予想して、階段上下に電源コンセントをつけておきましょう。

掃除機をかける時にも便利です。


家族の成長を見守り交流の場にできる魅力的な空間、階段の夢はまだまだ広がります。

jg 神夢。@世宇子2010/08/01 09:35:59

hj

ワールドイズマイン 神夢。@世宇子2010/08/01 09:33:52

急な階段では 難しいですね。ちょっとゆるやかな階段に 板を敷いて滑り台にして 子どもを 遊ばせたらいいなと思います。 滑り台といえば、非常時の二階以上から 降りるための「脱出シュート」を二階とかに 備え付け ...

検索した 卓球オタク2010/07/31 21:35:13

牧場、いいですね!という訳で、検索してみました。「子牛の飼育管理」 http://www.tonotv.com/members/jatono/jouhou/shiiku.html 「馬の手入れ」 http://uma.equinst.go.jp/jiten/riding/school/1-1-9.htm ・・・うーん、大きな動物は手入れも大変 ...

壁面収納で見せたり使ったり隠したりが自在なスペース Oregano2010/07/31 20:07:34

壁一面の収納スペース。扉は天井まで届く高い扉で、全てを閉めきると壁と変わらないシンプルなデザインにします。暮らし方によって、普通の収納スペースとして使ってももちろんいいですが、さらに趣味に使う物を置いておく場所になったり、書庫になったり、コレクションを飾っておくギャラリーになったりと自由自在な使い道も広がる。そんな部屋を作りたいなぁと考えています。


こういう部屋は個人の部屋としても魅力的ですが、やはり一番に導入したいのはリビングです。子供用の扉は、下はおもちゃ箱の格納庫。いつも眺めていたいお気に入りの縫いぐるみなどは上の段に飾りましょう。いつもは扉を開けておき、お客様が来る時などには閉じよゴマ。


趣味の製作物などはキッチンワゴンのような物を作業机代わりに使って、作りかけの状態のままコロコロと扉の中にしまえたら便利ですね。必要な道具もオールインワンでセットして、ワゴンを引き出しさえすればすぐに作業が再開出来る、まるでPCのレジューム機能のような便利さが楽しめそうです。趣味が変わったら、以前の道具や材料はコンパクトまとめて奥の方に片付けて、また新しい道具をワゴンにセット。個人の部屋に閉じこもらず家族と共に過ごしながら、なおかつ家族に負担をかけずに趣味の製作が楽しめる環境が生まれます。


昔は押し入れを机代わりに使う人がいたようですが、収納スペースをそういうふうに使っていくのもいいですね。扉で隠せる机なら、片付かない乱雑な状態のまま、突然のお客様を迎えても安心です。


リビングで読む本を置いておく書棚もぜひほしいところですが、本というのは読む人の趣味や嗜好がはっきり現れますから、そのラインナップは、家族にはいいとしても、他人には見せたくない場合が少なくないと思います。そんな時も、開閉自在な壁面収納内書庫が効果的。


そのほか、家族の人数やモノの量、それぞれの趣味嗜好に合わせて自由に使っていける、いわばリビングのテンポラリスペース。そんなのが壁一面にあったら、どんなに便利だろうと構想しています。

縁側に代わる空間の創造で多用途コミュニケーション空間 YuzuPON2010/07/31 15:32:23

昔の家には縁側という空間がありました。家の中では廊下の役を担いながら、同時に庭と屋内をつなぐ出入り口の役目も担い、さらに冬の日向ぼっこにも夏の夕涼みにも使えるという多用途スペース。老若男女を問わず、季節天候それぞれに様々な使い方が出来る縁側は、まさに今回のテーマその物のような存在だったと思います。


それを現代のイエに応用出来ないでしょうか。考えてみました。有望なのはウッドデッキの増設です。ウッドデッキには開放感を重視する意味で屋根を付けないことが多いですが、一部ひさしを張り出すような形で屋根を設けましょう。その下が、全天候型の縁側的スペースということになります。


ここでぜひ考慮したいのは、これが複数の部屋の掃き出し窓をつなぐ形で設置される、ということです。一階にリビングしかないイエではウッドデッキを設けても生活動線は変わりませんが、もしたとえばこれが応接間とリビングといった、従来はわざと用途的・動線的に遠ざけていた部屋同士をつなぐようになると、イエが今までとちょっと違った使われ方になってきます。


仮に、応接間とリビングが、ウッドデッキでつながったとしましょう。ウッドデッキは屋外と屋内の中間的スペースですから、それによる接続はとても曖昧です。ウッドデッキの通路として役割を無視すれば、従来と同じプライベートなスペースとの隔離が図れますから、あらたまったお客様は、そうした形で応接間でおもてなし。


でも気心が知れた仲間が集まったら、ウッドデッキに出てオープンカフェ的なパーティーに発展。さらにその中でも親しい人たちにはリビングを通ってキッチンまで入ってもらって、色々手伝ってもらうことも出来ますね。素材を持ち寄って料理を作り合うような形式の集いも開催しやすくなります。多彩な形で人を招きやすいイエが作れます。


もちろん普段は本来のウッドデッキとして、リビングとのつながりを生かした多用途空間として使っていけますね。今の私のイエは、ウッドデッキではなくテラスと、それに付随した濡れ縁(テラスの屋根があるので濡れませんが(笑))がこの役目を果たしています。昔の縁側のような、居室とは違う、区分所有型の集合住宅で言えば共用部分とも捉えることの出来るスペースの存在は、たとえ家族それぞれのライフスタイルが個室中心になっていったとしても、途切れることのない多彩なコミュニケーションを広げてくれる場所として、家族の絆をつなぎ続けてくれると思います。

がらんとした和室 gtore2010/07/31 14:42:03

確かに、がらんとしてほとんどなにも置かれていない空間にいるというのは、

それだけで、心を落ち着かせるものだと思いますね。

しかも、それが和室であったら、なおさらですよね。

木のぬくもり、たたみの香りなど、本当に心安らぐ空間に欠かせないものと思います。

複数のトイレ gtore2010/07/31 14:32:32

ふたつトイレがあれば、とても便利だと思います。

朝などは、とても混雑するので、そういうときには、

もうひとつトイレがあれば…と思います。

以前、ある友達のイエに行ったとき、

和式トイレがひとつ、洋式のトイレがひとつ、あと、男子用トイレがひとつ、

計3つのトイレがあり、とてもうらやましかったです。

屋根裏 gtore2010/07/31 14:26:13

イエに屋根裏部屋があるというのは、あこがれますよね。

子どものころ、屋根裏部屋がある友だちのイエにお邪魔したことがあるのですが、

そこが子ども部屋になっていて、なんというか、秘密の空間という感じで、

とてもうらやましく思いました。

街を歩いていて、屋根に窓があったりするイエはちょっと立ち止まって見てしまいますね。

テラス gtore2010/07/31 14:21:27

心地よい風が吹くなかで、広いテラスで、コーヒーでも飲みながらゆっくりと読書をする…。

そんな至福の時間が持てたらいいですよね。

以前、ベランダでバーベキューをしたのですが、

せまいためになんとなく気分が盛り上がりませんでした…。

やっぱりある程度の広さは大切ですよね。

個室 gtore2010/07/31 14:16:01

だれにも邪魔されずに、音楽をきいたり本を読んだりするのには、やっぱり個室がいいですよね。

「ひきこもれ」という本を吉本隆明さんが出していますしね^^

長い間こもりっきりになるのはいけませんが、ひとりの時間というのは、必要なものだと思います。

窓やドアを全開にして、太陽の光を入れたり、空気を入れ替えたりすることも大切ですけどね。

たたみ gtore2010/07/31 14:07:45

たたみのい草のかおりは、かなり好きです。

とてもいいかおりですよね。

うちの近くにたたみ屋さんがあるのですが、

その前を通るとき、思い切り息を吸い込みます。

和室というのは、なんとも落ち着く空間です。

たたみなら座布団がなくても、正座して食事をしたりします。

本棚 gtore2010/07/31 14:01:57

私は、ポリプロピレンの半透明のストッカーに本を入れています。

ふたも付いているので、光や湿気などの影響がおよばないようにしています。

書店でつけてもらう紙のカバーもつけたまま、保管しています。


ちなみに、京極夏彦さんの本棚はすごいですよ。

壁一面にびっしりと整然と本が収められています。

シアタールーム gtore2010/07/31 13:53:50

ひとりで時間を忘れて、映画を楽しめる部屋があればいいですよね。

大学で映画のDVDを借りて観ることのできる施設があったのですが、

そこは私のかなりのお気に入りで、かなり頻繁に利用していました。

そういうものがイエにあれば、いうことなしですね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  •  ★★(二ツ星) 「家族のたまり場」by id:sumike 以前id:Fuelさんが「思い切ってPCを家族の共有スペースに置く」という書き込みを拝見し、 さっそく我が家でも真似てみました。 背中のむこ
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:33
      「センターステージのあるイエ」by id:ekimusi いつか子どもと一緒にのびのび過ごせるイエを建てようと考えているので、 このテーマに理想のイエの想像が膨らみました。 考えが一番膨ら
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:33
      「縁側に代わる空間の創造で多用途コミュニケーション空間」by id:YuzuPON 昔の家には縁側という空間がありました。家の中では廊下の役を担いながら、同時に庭と屋内をつなぐ出入り口
  •  ★(一ツ星) 「様々なライフステージや用途に対応する《がらんとした和室》」 by id:TomCat 物を置かない畳の部屋。こういう部屋が一部屋あると、とても暮らしが豊かになると思うんで
  •  ★★★(三ツ星) 「イエが寺子屋になるようなスペース作り」by id:SweetJelly 今私がわが家に欲しいと思っているスペースがこれです。学習塾をやりたいなどということではなく、親しい
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「家族の成長やライフスタイルで変えていくあかり」by id:TinkerBell 「家族の成長やライフスタイルで変える」物には、あかりもあると思うんです。 たとえば、食卓のあかり。 子供がいる
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「壁面収納で見せたり使ったり隠したりが自在なスペース」by id:Oregano 壁一面の収納スペース。扉は天井まで届く高い扉で、全てを閉めきると壁と変わらないシンプルなデザインにしま
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「畳部屋をなつかしんで」by id:offkey 現在の我が家はオールフローリングの洋室で畳の部屋は一つもありません。この家に住む前は畳があったのですが、張替えやダニの問題などで、今の
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「子供の成長に合わせて変化していくリビング」by id:Fuel まず、子供が小学校低学年くらいまでのうちは、個室があったしても、リビングを子供の学習空間と位置づけます。ダイニング
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「子ども部屋」by id:canorps 子ども部屋って難しいですよねえ。 我が家も、私は一人っ子で個室を持っていて 夫は三人兄弟で個室を持たずに育ちました。・・・続きを読む
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:34
      「部屋の隣の屋根裏部屋」by id:shig55 我が家は木造の二階屋です。間取りを考えるとき、収納場所をできるだけたくさん作るようにしました。その中で、二階の一部屋におもしろい工夫を
  • イエはてな -   2010-08-03 18:47:35
      「土間のあるイエ」by id:momokuri3 私は「家族の成長やライフスタイルで変えるイエ空間」として、ぜひ土間を提案してみたいと思います。土間と言っても、小さな玄関の上がり口のことで
  • イエコト・ミシュラン ミシュラン賞 「様々なライフステージや用途に対応する《がらんとした和室》」 by id:TomCat 物を置かない畳の部屋。こういう部屋が一部屋あると、とても暮らしが豊
  • イエコト・ミシュラン ミシュラン賞 「壁面収納で見せたり使ったり隠したりが自在なスペース」by id:Oregano 壁一面の収納スペース。扉は天井まで届く高い扉で、全てを閉めきると壁と変わ
  • イエコト・ミシュラン ミシュラン賞 「イエが寺子屋になるようなスペース作り」by id:SweetJelly 今私がわが家に欲しいと思っているスペースがこれです。学習塾をやりたいなどということで
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません