大学の統計学の講義で、推測統計(回帰分析等)を用いて分析を行えという課題が出ました。しかし、課題が漠然としすぎていて全くアイデアが浮かばずに困っています。何か応用できそうな分析事例のウェブページ、あるいはレポートのアイデアとそれに使えるデータをダウンロードできるサイト、どちらかを探していただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/07/29 16:27:10
  • 終了:2010/07/29 18:50:15

回答(3件)

id:yamaneroom No.1

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/07/29 17:21:23

44の例題で学ぶ統計的検定と推定の解き方

44の例題で学ぶ統計的検定と推定の解き方

  • 作者: 上田 拓治
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • メディア: 単行本

学生のレポートなら、ネットからコピペするのはやめときな。

id:Newswirl No.2

Newswirl回答回数210ベストアンサー獲得回数242010/07/29 18:35:20

ポイント30pt

出題者の出題の意図が何なのかはシラバスを見ればわかるだろう

そのうえで、ここでは「あなたの通っている学科による」としか言い様がない。

 

たとえば、invest-lifeさんが経済や社会学系の学問をしているのであれば総務省統計局の統計をソース元としてダウンロードすれば良いだろう、心理学系であれば貴方の持っている教科書にたくさんの資料があるはずだからそれを使えば用いれば良いだろう。理学系ならソースもとを明かすまでもなく、例示してやれば良い

アイデアが湧かないのはそれより前の問題、アイデアを沸かす前にもうちょっとその単元を復習した方が良い。

 

ちなみに、以下のサイトは群馬大学情報行動学科青木繁伸教授さんのサイトだそうです。

おしゃべりな部屋 (プラネタリウム,星,植物,熱帯魚,統計学)

id:hathi No.3

hathi回答回数204ベストアンサー獲得回数462010/07/29 18:36:27

ポイント50pt

参考にならないと思いますが………

 

単回帰分析の場合、説明変数と従属変数のデータセットが統計解析をするのに十分な数必要ですよね。

 

私は、あるデータに関して説明変数が従属変数を説明しきれない場合もあると思っています。さらに、そのデータはできる限り観測値そのものであって、集計値の集合ではないのがいいと思っています。

 

個別データについて2つ以上の観測データを多数公表しているものが少ないと思います。比較的データの多いのが気象関係です。

例えば、次のようなデータのセットから、説明変数と従属変数を選んで、解析してみてはどうでしょうか。

  http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/synopday/data1s.ht...

  http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/tem_rct/alltable/m...

 

何かの実験や医薬品の治験などの素データが集められれば最高ですが、そういうデータはなかなか公表されていません。

統計の教科書や参考書に載っているのは、すでに統計解析されていて使えないのではないでしょうか。

 

都道府県などの地方自治体を1つのデータ単位と見なせば、都道府県ごとの人口や出生率に関する集計データ、都道府県ごとのエネルギーや水の使用量など集計データから、適宜2つの都道府県ごとのデータをセットにして、統計分析に使えるかもしれません。それならば、統計局の集計データも利用できるかもしれません。

  http://www.stat.go.jp/data/nihon/index.htm

  http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/tem_rct/alltable/m...

  http://www.stat.go.jp/data/nihon/10.htm

 

集計されてしまったデータは通常使えないのだと思いますけれども、それがかなり細かく&多面的に観測したものがデータとして発表されていれば、その中から統計解析の対象にするデータセットを作れるかもしれません。ここにはかなりの量の集計結果が出ているので、うまく視点を決めることができると、データセットを作れるかもしれません。

  http://www.jil.go.jp/institute/research/2006/014.htm

  http://www.jil.go.jp/institute/research/documents/014/research01...

 

もしも友人から非観血血圧計を借用して数台集められれば、自分でも友人でも、運動したり静かにしたりした時にその複数の血圧計で血圧や脈拍測定値を測って、血圧計の特性?や血圧と最高血圧の何かの知見を統計的に確認することもできるかもしれません。

 

なお、実測値や何かの報告ではなくて、エクセルを使ってデータを作ることもできます。

 たとえば、説明変数を

 2x+3で xを0.2~4.5で、0.02刻みで作ります。

  B3:B218に3.4~12.0を入れます。

 従属変数は、C3に =NORMINV(RAND(),$B3*2,$B3*0.3)と入れて、

  C3:O218にオートフィルします。

 そこで、適宜、C列でも、F列でも、好きなところの列の値を

 従属変数にします。

 多少凝るならば、ランダムに3~218の間で、300位の整数を作り、

 その整数に対応した行のC列、同じ整数が出たらD列、E列、F列の

 データをとって、B列の値とセットにする手もあると思います。

 この場合、従属変数は説明変数から作られていますが、正規分布の

 逆関数を使っているので、データセットの数が少なければ、単純には

 関連が立証しにくい値になると思います。

 特に標準偏差の値を大きくとれば、ほとんど訳のわからない(関連性が薄い)データセットになると思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません