1280897579 【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ~SEASON” #057


THEME:「美味しい暑気払い」「夏のお出掛けに」「8月のわが家の風物詩」

「今日をちょっと楽しく、特別にすることって何だろう? イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら……」と展開してきた“リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、シーズン・バージョン。季節をさまざまに楽しむ暮らしのサプリを、テーマに沿って語らいませんか? 豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100804

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は8月9日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/08/04 13:53:00
  • 終了:2010/08/09 12:14:02

回答(111件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
今年の夏もシーグラス拾い C2H5OH2010/08/08 21:04:59ポイント1pt

シーグラス。ガラス瓶などのカケラが水に流されている間に角が取れて丸くなった物のことです。去年、海岸でこれを拾い集めていたら「何してるんですか?」と人が寄ってきて、段々シーグラス拾いの輪が広がって、最後にはついでに海岸のゴミも拾ってしまおうという突発ボランティアにまで発達した素敵な経験をしました。

http://q.hatena.ne.jp/1250657523/229986/#i229986


そこで今年も、泳ぐのもいいけれどシーグラス拾いもと、さっそく海へ繰り出してきました。シーグラスは、たくさん拾える場所とそうでない場所の差がかなりありますので、行ったのは去年と同じ海水浴場です。


最初はもっぱら泳ぎました。遊び疲れたらちょっと休んで、シーグラス拾いアクションスタートです。潮の満ち方によっても変わりますが、シーグラスは波打ち際より、ちょっと砂浜側に上がったあたりで多く見つかります。波がかかるあたりにある物は流れにさらわれて、再び打ち上げられるまで浅瀬の底で待機中…なんでしょうね。


あるある。今年もなかなか大漁です。シーグラスの元は、おそらく川から流されてきたガラス瓶。つまり人が投棄したゴミですね。ですから、毎年のように次々と追加のシーグラスが海岸に貯まっていくというのは、相変わらず人間の良くない行いが続いている結果と言えると思いますが、それでも自然は、人の出したゴミさえも、こんなに美しい姿に変えてしまうんですね。自然は偉大です。


そんなことを考えながら拾い集めていると、今年は子供達が「何やってるの?」と声をかけてくれました。「シーグラス拾いだよ、ほら、綺麗だろう」と集めた物を見せると、「おー、宝石みたいだ、俺らも探そう」。どうやら地元の子供達らしく、居合わせた友だち同士で、どんどん輪が広がっていく様子が見えました。


しばらくして8人くらいに増えた子供シーグラス拾い隊が、私の所にやってきました。「ほらこんなに拾った」「俺も俺も」「俺のはほら、色が珍しいよ」。口々に成果を報告してくれました。


拾った物を私にくれるというので、君たち学校で自由工作の宿題とか無いの?と聞くと、あるとの答え。

「それなら、これを材料にして何かを作るといいよ、みんなの家にパソコンある?」

「あるよ」

「なら、家に帰ったらシーグラスで検索してごらんよ、色んな工作のアイデアが見つかると思うよ、せっかく拾ったシーグラスだもの、それで夏休みの思い出に残る工作をするといいよ」

というようなことを話すと、みんな瞳を輝かせてくれました。


その後ちょっと、シーグラスの元は人間が捨てたゴミだった可能性が高いこと、自然はそんなゴミさえも美しく姿を変えていく力を持っていること、でもその力には限界があるから、自然の浄化力に甘えることなく地球を綺麗に保たなければいけないことなどを話し合いました。いえ、私が振ったのは、ほんの触りの話だけ。後の話はみんな、子供達が大きく広げてくれたんです。


「俺らゴミも拾って帰るから」「海は綺麗にしなきゃな」「みんなの海だもんな」

今年も素敵な輪が広がりました。

「危なそうなゴミは君たちは触らずに、巡回してる大人の人に頼むんだよ」

「うん、わかったー」

手を振り合って、子供達と別れました。


これからも美しいシーグラスを拾い集めつつ、少しでも地球を大切にする心を広げて行けたらと。それを毎年の私の季節の風物詩にして行けたらと思っています。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません