「社会人」という日本語についての書籍・論文等を探しています。

知りたいのは「社会人」という語の誕生・初出から今のように広く流通するようになるまでの経緯と、
その間に意味の変遷があったのかです。
特に実証的(?)に、明治・大正期からの新聞記事で年ごとの頻出数とどういう文脈で使われたかがまとめられていたら最高です。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/08/07 10:16:05
  • 終了:2010/08/14 10:20:04

回答(2件)

id:yamaneroom No.2

yamaneroom回答回数1040ベストアンサー獲得回数612010/08/07 11:18:58

ポイント70pt

明治のことば (講談社学術文庫)

明治のことば (講談社学術文庫)

  • 作者: 齋藤 毅
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

id:rrr99

回答ありがとうございます。

この書籍はintrospectiveさんとこを見て既知でした。

http://d.hatena.ne.jp/introspective/

2010/08/07 11:53:21

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません