「夏の甲子園」にまつわるイイ話を調べています。

「泣ける話」「単純にジ~ンと来る話」…いろいろと知りたく思います。情報、宜しく御願いします!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/08/18 15:04:53
  • 終了:2010/08/24 11:34:00

回答(7件)

id:kgitjg No.1

kgitjg回答回数223ベストアンサー獲得回数102010/08/18 17:06:01

ポイント20pt

第40回夏の大会(1958年)、それを記念して初の1県1代表を採用。

さらに沖縄からも首里が初出場したが、記念の甲子園の土を持って帰ることができなかった。

 沖縄は戦前、そして戦後はアメリカ占領下ながら第34回(52年)から予選に参加していたが、

第40回の首里が初めての沖縄勢の甲子園出場となった。首里は初戦で敦賀と対戦。

惜しくも0-3で敗退した。首里ナインは記念に甲子園の土を袋に詰めて沖縄へ帰ろうとしたが、

植物防疫法に引っかかり、那覇港の税関で甲子園の土が

没収され、

検疫官によって海に捨てられてしまった。沖縄はまだ外国だったからである。

 このことを知った当時日本航空のスチュワーデスだった近藤充子さんが、

石なら防疫法に引っかからないということで、桐の箱に甲子園の石を詰め、首里ナインに贈った。

沖縄の現実を痛感させられた事件だったが、土よりも大きな石が首里ナインの甲子園の思い出を

大きくしたに違いない。

http://safaiareiko.ti-da.net/e2082366.html

id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/18 21:57:00
id:achan774 No.2

achan774回答回数9ベストアンサー獲得回数02010/08/18 17:17:07

ポイント20pt

http://blog.goo.ne.jp/taichikumi1226/e/ea0375998f3edecd404a4e43f...

1958年 首里高校 戦後初めて甲子園に出場した時のお話です

id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/18 21:57:03
id:mkn-270125 No.3

mkn-270125回答回数78ベストアンサー獲得回数12010/08/18 17:17:09

id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/18 21:57:06
id:bfm35462 No.4

bfm35462回答回数515ベストアンサー獲得回数172010/08/18 20:44:25

ポイント20pt

さだまさしの甲子園っていう歌が好きです。

歌詞の一部に下記のようなフレーズがあるんですけど、

なるほどなあと。。。

3000幾つの参加チームの中で

たったの一度も負けないチームはひとつだけ

でも多分君は知ってる敗れて消えたチームも

負けた回数はたったの一度だけだって事をね

http://www.youtube.com/watch?v=7VNgfXEuC8A

id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/18 21:57:21
id:Rytandrezone No.5

Rytandrezone回答回数1073ベストアンサー獲得回数472010/08/18 21:49:05

ポイント20pt

常総学院の木内幸男は夏も準優勝旗があると勘違いしていた

http://www.geocities.jp/thp_koshien/tritsuta/tritsuta4.html

id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/18 21:57:27
id:yam3104 No.6

三十四回答回数499ベストアンサー獲得回数252010/08/18 22:45:09

ポイント20pt

イイ話と言いますか、「ある人物」の夏の甲子園での輝かしい話です。

常にストレート1本真っ向勝負というその投げっぷりにマンモスが唸った。昭和33年夏の83奪三振は選手権の大会記録。準々決勝、魚津・村椿輝雄との延長18回、息詰まる投手戦は名勝負として語り草になっている。昭和31年夏にはじめて甲子園出場を果たしたときは、まだ1年生投手だった。1回戦で名門・平安(京都)と対戦、0対4で初戦敗退している。

引き分け規定の新設

昭和33年、徳島商・B投手は春季四国大会・準決勝の高知商戦で延長16回、翌日決勝の高松商戦で延長25回を一人で投げたのがきっかけとなり、日本高野連は直後の夏の選手権大会から「延長戦は18回で打ち切り、勝負がつかない場合は引分再試合」とする大会規定を設けた。


40回記念大会

昭和33年夏の選手権は、40回大会を記念して1県1校が参加。米軍統治下の沖縄からも首里高校が出場。例年の倍以上の計47校が参加したマンモス大会は、日程消化のため甲子園球場と西宮球場を併用した。徳島商は2回戦から登場、相手は秋田商。Bの豪速球が冴え渡り、いきなり17奪三振の1安打完封で3対0と勝利する。続く3回戦の八女(福岡)には15奪三振の4安打完投で3対1と勝利し、準々決勝で当時無名の初出場校・魚津(富山)との対戦を迎えた。

村椿輝雄との延長18回熱闘

試合は、豪速球の真っ向勝負というBに対して、魚津のエース村椿輝雄は打たせてとるタイプという対照的な二人の投げ合いで始まった。1回の徳島商は、四球と盗塁で得たチャンスに左前打が出て二塁走者が先制のホームを突いたが、左翼からの返球を村椿がカットして本塁でタッチアウトにした。その後、両投手の好投が続き、試合は0対0のまま延長戦に入ったが、両校譲らずゼロ行進の末、"最終回"の18回を迎えた。徳島商は18回表、1死二三塁という絶好の勝ち越し機を作ったが、直後にスクイズが失敗して2死となる。さらに奇襲の重盗を試みたが、魚津の捕手から二塁への送球を遊撃手がカットして本塁に返球、間一髪三塁走者は憤死して無得点に終わる。このゲーム、徳島商の勝ちは無くなった。その裏、魚津・河田がフェンスを直撃する中越え長打を放ったが、たまたま中堅手の前にはね返り、素早く球が遊撃手を経由して三塁に転送、打者走者が憤死。結局、両軍ともに無得点。奇しくもこの夏から設けられた大会規定により延長18回で試合は打ち切り、0対0の引き分け。勝負は翌日の再試合に持ち越された。


甲子園史上最多の83奪三振

再試合では、Bは再び先発したが、魚津は村椿を控えに回して1年生の森内正親投手を先発させた。徳島商が4回に1点を先取したところで村椿が救援したが、徳島商は6回に2点を追加、終盤の魚津の猛攻をBが1点に抑え込み、2日間に渡る死闘は決着した。Bは、最初の試合で延長18回参考記録ながら1試合最多の25奪三振、再試合でも9奪三振。大会通算の奪三振は66を数えていた。


(中略)


さすがのBも、決勝の柳井(山口)戦では疲労が目立ち打ち込まれて、わずか3奪三振の0対7で完敗、準優勝に終わったが、驚異の史上最多奪三振記録「83」は、現在でも球史に燦然と輝く不滅の大記録である。


このB氏が、現在タレントとして活動している

http://img.news.goo.ne.jp/talent/MM-M93-2700.jpg

(引用元はhttp://www.fanxfan.jp/bb/player/18.html)

id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/19 00:41:05
id:lvbestbbs No.7

⒉o⒑ャ宅釹回答回数129ベストアンサー獲得回数02010/08/19 18:48:21

(はてなにより削除しました)
id:tooh22

情報、ありがとうございます!!

2010/08/19 20:40:30

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません