パティシエ修行2週間目。真面目に、絶対服従で仕事していても毎回怒られ、指示命令が頻繁で、細かく指導が入り、言い方もしばしばキツイので、オーナー(なんか江戸の棟梁?みたいな威勢のいい人)に苛められているのでは、と思うことがあります。

・「教えないと何にもできねえし、なんか邪魔なんだよな」などと怒られる。
・「スピードは求めないので、丁寧にやって」と言うので丁寧にやっていると、「遅いな~まだやってるの?」と怒られる。
・他のスタッフが卵白入りボウルをひっくり返したので、ふき取ろうとしたら、「もったいないだろ!(卵白を作業台からカードでボウルに取り、再利用するので)ボウルもっていて!あ~いいや、お前がやるとこぼしそうだから」と怒られる。
最初に「この仕事は一見華やかに見えるが、地味で厳しいので、皆長続きしない、しかし、お菓子作りの熱意が続くなら指導は惜しまない」と言っていたのですが、従業員を奴隷扱いしているようにも見えます。・・・皆さんはどう思われますか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/08/29 11:31:13
  • 終了:2010/09/05 02:52:05

ベストアンサー

id:harumi2 No.3

harumi2回答回数1378ベストアンサー獲得回数302010/08/29 12:24:50

ポイント20pt

以前パティシエの経験がありますが、あなたが務めている所のケーキがすごくおいしくて、他のケーキ屋さんより

すぐれていて、作れるようになりたいと思っているのだったら、怒鳴られても何言われても我慢し、ケーキの作り方を覚えて努力したほうがいいと思いますが、普通のケーキ屋さんでたいしたお店でないのだったら、お店を変えてもいいと思いますよ。

>教えないと何にもできねえし、なんか邪魔なんだよな<

すべて教えてもらうというより見て覚えるという事も大切だと思います。

>スピードは求めないので、丁寧にやってと言うので丁寧にやっていると「遅いな~まだやってるの?」と怒られる。<

仕事自体、繊細で丁寧さを求める仕事なので慣れてきたらスピードもあるほうがいいので早く仕事を覚えてほしい

という言葉がこのような言葉になっているのだと思いますよ。

技術職だと思うのでそれを教えていただくにはそれなりの覚悟は必要だと思います。

それでもこの仕事が好きで続けていきたいのなら、ある程度ここのお店で勉強して、ある程度の技術を覚えたら

もっと上のお店へ転職し勉強していったらいいと思います。

http://www.casphy.com/bbs/pa/

id:chiffonpower

ケーキはかなり美味しいと思うし、センスも良くて、作り方などで触発される所は多いし、なんといっても自分が未熟なので、オーナーとの関係が良くなれば、なるべく長く続けたいと思っていますが、葛藤があります。「見て覚えて」と確かに言ってます。「ある程度パッパとこなしていかないと何時までたっても仕事が終わらない」とも言っています。最初の半年は洗い物、という所ではなく、もう生地にクリームを絞ったりしてるので、ある程度の基礎はマスターしたいです。

2010/08/29 14:59:25

その他の回答(10件)

id:KairuaAruika No.1

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972010/08/29 11:39:12

ポイント15pt

技術もそうですが,人間性を見ていると思います。

師匠に惚れて志願してるんですよね?

一生ついていくつもりで,人柄までも吸収するつもりで行かないと,匠にはなれないと思います。

まだ二週間,先は長いと思いますが,一途になるのも宜しいかと思います。

頑張ってください。

http://q.hatena.ne.jp/1283049072

アドレスはダミーです。

id:chiffonpower

お店(お菓子)のファンでしたが、オーナー(師匠)はどんな人か知りませんでした。意図的に試しているのなら良いのですが。自分の反応をみてるのかな??

2010/08/31 03:46:35
id:gtore No.2

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372010/08/29 12:12:24

ポイント15pt

> 「教えないと何にもできねえし、なんか邪魔なんだよな」などと怒られる。


いくら厳しい仕事であっても、これは正直、言ってはいけないことと思いますね。

誠意が感じられる言い方か、どうみても投げやりな言い方かにもよりますが…。


また、他のスタッフにも同じように怒っているのなら、質問者さんに落ち度があるのではなく、その上司の指導に問題があるように思います。


> 従業員を奴隷扱いしているよう


こう思われるのなら、そして、それが苦痛、ストレスとなっているのなら、職場を変えることを考えてみるのも1つの方法かと思います。

それで体調をくずしたりしては元も子もないですし、パティシエを目指せる会社、職場は、ほかにもあるでしょうから…。



以下、ご参考に…

話題のパワハラ、パワーハラスメントって?

http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20030319A/

(質問者さんのケースがパワハラに該当するかどうかはわかりませんが)

id:chiffonpower

投げやりにキツク言うところは確かにあります。ただ、

「無理するなよ」と言ったり、弁当やお菓子をくれる所もあるので、

いまのところ「精神的に徹底的に追い詰め」られるまでは行っていませんが・・・記事を読むと、微妙なところでしょうか・・・。

2010/08/31 03:47:39
id:harumi2 No.3

harumi2回答回数1378ベストアンサー獲得回数302010/08/29 12:24:50ここでベストアンサー

ポイント20pt

以前パティシエの経験がありますが、あなたが務めている所のケーキがすごくおいしくて、他のケーキ屋さんより

すぐれていて、作れるようになりたいと思っているのだったら、怒鳴られても何言われても我慢し、ケーキの作り方を覚えて努力したほうがいいと思いますが、普通のケーキ屋さんでたいしたお店でないのだったら、お店を変えてもいいと思いますよ。

>教えないと何にもできねえし、なんか邪魔なんだよな<

すべて教えてもらうというより見て覚えるという事も大切だと思います。

>スピードは求めないので、丁寧にやってと言うので丁寧にやっていると「遅いな~まだやってるの?」と怒られる。<

仕事自体、繊細で丁寧さを求める仕事なので慣れてきたらスピードもあるほうがいいので早く仕事を覚えてほしい

という言葉がこのような言葉になっているのだと思いますよ。

技術職だと思うのでそれを教えていただくにはそれなりの覚悟は必要だと思います。

それでもこの仕事が好きで続けていきたいのなら、ある程度ここのお店で勉強して、ある程度の技術を覚えたら

もっと上のお店へ転職し勉強していったらいいと思います。

http://www.casphy.com/bbs/pa/

id:chiffonpower

ケーキはかなり美味しいと思うし、センスも良くて、作り方などで触発される所は多いし、なんといっても自分が未熟なので、オーナーとの関係が良くなれば、なるべく長く続けたいと思っていますが、葛藤があります。「見て覚えて」と確かに言ってます。「ある程度パッパとこなしていかないと何時までたっても仕事が終わらない」とも言っています。最初の半年は洗い物、という所ではなく、もう生地にクリームを絞ったりしてるので、ある程度の基礎はマスターしたいです。

2010/08/29 14:59:25
id:mododemonandato No.4

mododemonandato回答回数759ベストアンサー獲得回数772010/08/29 12:37:43

ポイント20pt

 職人の修行は最初はそんなものです。

 ポール・ボキューズでさえ、最初の三年間はストーブ前しかやらせてもらえなかったとか。

 そのストーブ前さえ、何年もやらせて貰えない新人も多く居るといいます。

 オーナーが新人を入れたら、最初はやる気を見るようなものです。

 こいつは本当にパティシェになる気があるのかとか、ちょっと厳しく言っただけで辞めてしまうような奴なのかとか、そんな所から人を見ていくものです。


 試しに今より一時間早く厨房に入り、掃除をしたり、調理器具の置き場とか、一つ一つの使い方を覚えたりしてやる気をみせれば、「こいつは判っている、やる気があるな」と、相手の態度も変わってくるでしょう。

 http://www.shiawasehp.net/mokuhyou/3yaruki.html

id:chiffonpower

「ポール・ボキューズ」ってフレンチの巨匠なんですね。知りませんでした(汗)。

「本当にパティシェになる気があるのかとか、ちょっと厳しく言っただけで辞めてしまうような奴なのかとか、そんな所から人を見ていくもの」

なるほど~そういうものか。人柄・ヤル気を見てるんですね。

わざと厳しめに言ってるのかな?

2010/08/31 03:48:50
id:YasudaS No.5

YasudaS回答回数351ベストアンサー獲得回数52010/08/29 13:58:57

ポイント20pt

厳しく教えないと育たないという職業があります。

特に製造業でエンドユーザに直販するといった場合、多くの細かなことを迅速に行うことによって、品質と生産量が増えていきます。

また。そうしないと競争に負けてしまいますし、新しい商品を開発する余裕すらでてきません。

そのため、技術や仕事内容をきっちりと覚えて、それを他人に教えるレベルに早く育てるか、ダメなら辞めてもらった方がよいわけです。

厳しく教えるというのは、使う人のためもあるけれど、本人のためという意味があるわけです。

「従業員を奴隷扱いしているようにも見えます」、たぶん、上の人は、「奴隷だったらもっと使えるだろうし、替えもある。見込みがあるなら続けるだろうし、だめなら辞めるだろう」と思っていますよ。

ある種の徒弟制度では、「教える人は教える専門どころか、片手間以前のやっているのを見て学ぶ弟子でないと本業にさわる」わけですから、やさしく教えてもらおうというのは、ちょっと甘えです。

「教えないと何にもできねえし、なんか邪魔なんだよな」..その通りです。仕事場でぼさっとしていると、何も覚えられません。ちゃんと他の人が何をやっているか?(どういう目的でどういった手順でやっているかを考えたことありますか?)

「遅いな~まだやってるの?」..何を何分でやるか?を決めていないで、ずるずると「あ、ここも」「ちょっと、ずれたかな?」「あれ?焼きすぎた?」みたいな仕事をしていませんか?

「お前がやるとこぼしそうだから」..以前、ヘマをして、「気をつけます」だけですませていませんか?なぜそういうヘマをしたか?ヘマをした理由は何か?その理由に追い込まれた/選んだ理由は何か?どうして追い込まれた/選んだのか?,,なぜ?を4段階程度を追い込んで再発防止しましたか?

http://chasoku.blog.shinobi.jp/Entry/1315/

id:chiffonpower

新人だろうがなんだろうが、作ったお菓子に値段が付いて、お客さんの口に入るわけだから、細かく厳しく指導しなかったら、お店が淘汰されかねない・・・。

「技術や仕事内容をきっちりと覚えて、それを他人に教えるレベルに早く育てるか、ダメなら辞めてもらった方がよい」

まさしくそんなカンジです。

「教える人は教える専門どころか、片手間以前のやっているのを見て学ぶ弟子でないと本業にさわるわけですから、やさしく教えてもらおうというのは、ちょっと甘え」

なるほど(汗)。

へまをしたのは慣れないから、と思い深く考えていませんでした。

2010/08/31 03:49:41
id:Rytandrezone No.6

Rytandrezone回答回数1073ベストアンサー獲得回数472010/08/29 21:02:29

ポイント20pt

パティシエ修行2週間目では、どんなお仕事でもまだそんなに職場に馴れるという段階ではない気がしますが・・・。


オーナー(なんか江戸の棟梁?みたいな威勢のいい人)に苛められているのでは>

職人の中でも、パティシエなども板前の修業というイメージはあります。

新人でも同じ仕事をしていて、給料も貰っているわけですし、その上役にまだ役に立たない段階でも教えなければならないわけで、どこでもありえる光景だと思いますよ。

どちらかというと、教えている側は面倒だけど教えなければ人が育たない。でも教えるといっても、雑用的な仕事をさせるか、厳しく指導さうるしか方法がないわけで。

職人の仕事は真似る、練習量、本来その人の技術量があると思います。

一般的な企業と比べるとちょっと違和感はありますが、給料が低い、師弟制度が厳しいなど、人が続かないのはそこにあると思います。

でもその中でも、好きで絶対この仕事をして独立したいだとか、技を盗むんだという人しか向かないかもしれませんね。

私自身はそういうタイプではないので向いてませんが・・・。

お菓子作りの熱意が続くなら指導は惜しまない」と言っていたのですが>

まだ入られたばかりですから、3ヶ月、半年、1年と様子を見ていけば、いいのではないでしょうか?

そのうち向いていれば自然と馴染んでいけるのでは?

http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/043/top.html

id:chiffonpower

時給は同じだから、「新人だから仕方ないでしょ」というのは

甘えですね。

時給750円で徒弟制度が厳しければ、開業希望ぐらいのモチベーションがないと続かないんでしょうね。

自分は、いまのところ、独立開業したいので吸収できるものはしたい、と思ってるので、我慢して様子を見ます。

2010/08/31 03:51:12
id:suppadv No.7

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/08/29 19:17:17

ポイント15pt

多少厳しすぎるような感じもしますので、ある程度性格的なものを含むかもしれませんが、技術的にはきちんと教えてもらっているように感じます。

数年耐えることが出来れば、立派なパティシエとして一人立ちできるレベルになるように感じます。

修行であれば、最終的に一人立ちできることが目的だと思いますので、その点で適したお店かどうかという点を十分に検討した方が良いと思います。

id:chiffonpower

技術的には煩い位に細かく(汗)教えていただいているので、付いて行くことができれば良いんですけれども、先行き不安です。独立したら店の全責任を背負うのだから、「うるさくて細かくて厳しい指導」の方が後々クスリになるでしょうか。

2010/08/31 03:51:27
id:castle No.8

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122010/08/30 07:52:07

ポイント20pt

入って2週間ならそれくらいの風当たりもありそうですので、もう少し頑張って様子を見てはいかがでしょうか。

 

質問文から察するに、体育会系なオーナーなんでしょうかね。このオーナーとこれからやっていけるのかという不安が感じられます。

そのオーナーは多分「考えるな、感じろ」系の人のようにも思われます。指示のつじつまが合っているかどうかよりも、阿吽の呼吸に応えられるかどうかで動いている人なのではないでしょうか。

そういう性格の人なんだとはいはい受け流しつつも、オーナーの求める感覚にさっと即時応じれるか否か、みたいな言葉よりも反応重視なコミュニケーションを心がけていくと案外上手くいくかもしれません。細かい指示の矛盾を気にしていたらやってられないタイプとでもいいましょうか、言葉で言われた指示ではなく、その奥にある本当の要求を感じ取って応えていこうとする感じで。

言葉の乱暴さをまじめに受け止めているとかえって潰れていきそうなので、理不尽に思えたときもその場では真摯な態度を見せながらも内心ではくよくよ気にせずパッと気持ちを切り替えていくと。言葉よりも動作、いわば呼吸みたいなものです。

 

まあ、向こうから見れば入って2週間の新人ということで、相手もchiffonpowerさんがどのような人か様子を見ているかもしれませんし、はじめは理不尽に感じられても、作業全体の流れがつかめてくるとオーナーの指示の意味などが分かってきたりするだろうと思います。

単に本当に虐めているだけならさっさと見切りをつけて辞めていいと思いますが、そもそも折角入ってきた新人を意味もなく虐めるような人は基本的にいないので(いるときもある…)、そのオーナーとは相手の体育会系的なノリに慣れるようにあわせていければ、そのうちうまくやっていけると思います。

今はとても大変な時期だろうとは思いますが、とりあえず2ヶ月ほど、相手の呼吸やノリ、その職場のやり方にあわせるように努力してみると、人間、2ヶ月経験してみると色々判ってきたりその場所に慣れられたりするものです。それから改めてこれからやっていけそうかどうかと身の振り方を考えてみても遅くはないでしょう。

id:chiffonpower

そうですね・・・「一言言ったら察して動いて」と言ってましたが、まだ無理です。

言われたことをクヨクヨ考えるタイプで、反射神経が良くない。

とりあえず2ヶ月と言われる方多いですね。長いような短いような。自分も状況も好転していればいいなあ。石の上にも2ヶ月頑張ります。

2010/08/31 03:59:03
id:suika23 No.9

suika23回答回数5ベストアンサー獲得回数12010/08/30 10:50:12

ポイント20pt

貴方にきつくあたるパテシエの上司に、修行2週間目で文句など、まだ早いと言われそうですが、貴方は敏感にも反応した。貴方は鋭い。

上司の言うことを聞いているだけで、いやいやながらついていって終わる人ではなく、

少し、批判的で、強い向上心がありそうな人だなあと、感じました。

私はスポーツでしたが、同じ様な先輩に悩まされました。その罵詈雑言の中に、ためになる一言があり、忘れたくなくて、ノートをつけました。

先輩の言ったキーワードはすぐ記載し、他によいことも記載しました。私の絵は下手でしたが、出来るだけ図示しました。

分からないときは、その先輩に聞いて、問題解決を図り、ノートが3冊になるころには、新しいワザをいくつか発案できるようになりました。

ノートはパテシエの上司の目の前で記載すべきです。自分の言ったことが記載されると分かると、考えて、よく指導してくれます。自分に関心のある部下は嫌いになれないので、仕事のこつ、ノウハウなど、たくさん指導してくれます。貴方が選んだ、好きなパテシエの道です。

貴方の理想は、当面、きつい上司です。それが第一目標です。「きつい上司が理想、目標です」と、日常、口に出して、指導してくれたことは書き漏らさないようにしてください。自分の失敗も、重要と思われるのとは、残らず記載してください。

また、仕事の中でよいことや、理想的なケーキに出会えたら絵に描いてください。これからの毎日は、このノートを主役にしてください。時間外は、口に出して読んでみる。いつの間にか、大切な教科書になっていると思います。

若いと言うことは無限の可能性があります。この可能性をいやいや過ごすのも貴方しだい。この可能性を、目の前のパテシエの先輩を一歩一歩、こなしていくのも貴方しだい。

先ず、実行して大きく飛躍してください。

でも、上司のストレスに負けそうなときは、次のサイトでリフレッシュを図ってください。

http://www.okudaseiyaku.co.jp/stress_navi/index.html

id:chiffonpower

そうか、目の前で直ぐにメモレば、相手も変なこと言えない、と思いますね!

きつくてヤダナア、ではなく「厳しいほうがクスリになる」とポジティブに考えます。

2010/09/04 02:12:24
id:clamishy No.10

vics回答回数160ベストアンサー獲得回数32010/09/02 14:27:38

ポイント15pt

「なんか邪魔」コレはダメでしょう。明確な理由もなく邪魔者扱いするとは・・・・・・。先輩方には、御自身が就職したのは無しは聞いてみましたか? これで最初だけ(試験のようなもの)かどうか分かるでしょう。先輩もグルだとムリですが。。。

id:chiffonpower

今度聞いてみます・・・。

2010/09/04 02:11:43
id:YasudaS No.11

YasudaS回答回数351ベストアンサー獲得回数52010/09/02 17:41:28

ポイント20pt

>へまをしたのは慣れないから、と思い深く考えていませんでした。

何に慣れてなかったのか?何を知らなかったから?ということで、

まずは、慣れていなかったことと、知らなかったことを学ぶわけです。

で、そこで、なんで知らなかったのか?なんで慣れていなかったのか?

を探るわけです。

新しい作業で教えて貰っていなかったから?ある作業の亜種を元の作業のままやろうとした?同じ事なのに、失敗した?

新しい作業なら、なんでその作業が自分にとって新しいモノと認識していなかったのか?とか、やったことがないなら教えを先に請うべきだったとかね。

亜種の作業であれば、どこがどう違うかを考えたか?考えてなかったのか?考えて差を誤ったのか?

同じ作業の失敗なら、以前はうまくいったのに、どうして失敗した?以前は自分で全部できたか?

そういった「なぜ?」を考える習慣がないと「ええ、自分は新人ですとも、信心だから仕方ないでしょ?」で思考停止する。

ある種の職人においては、営業/製造/資材調達/作業分担のフレームワーク/実作業の担当/監修、オーナになれば、そこに経営が入ってきます。

やれる失敗/許される失敗は、後になるほど少なくなってきて、後になるほど失敗の責任は大きくなるわけです。

何も知らない奴ができるわけはない。

だが、そこからスタートで何をどう自力で自分の工夫でやっていくか?が大事なわけです。同じ失敗を2度したら、反省できていないってことで、反省することをさらに言う。3度失敗したら、まったく考えていない馬鹿か?と指摘する。

親方とか職人さんは、失敗のつど、どんどん言葉はきつくなっていくのですが、そこで墜落する前に自力で昇りはじめるための空気がきついと思っていてください。

大概の飛行機やグライダーは、空気がぶつかってこないと高く飛べないんです。

ロケットが、自分の中にあるものだけで飛べるのは、中にそんだけ詰め込んでいるからです。

天才でもない限り、新人さんが、そんなに詰め込めているわけないです。

id:chiffonpower

「慣れずに失敗」というのも掘り下げると色々分析できるんですね・・・。う~ん・・なるほど・・・。「なぜミスしたのか」をもっとよく考えます。

2010/09/04 02:53:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません