企業価値算定の手法として、主に①インカムアプローチ(DCF法など)、②マーケットアプローチ(類似企業比較法など)、③コストアプローチ(純資産法)の3種類がありますが、世間一般では①、②、③がどの程度の割合で使用されているか知りたいと考えています。これを推測するのに参考になりそうなデータがもしあれば、教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/01 21:31:40
  • 終了:2010/09/08 21:35:02

回答(1件)

id:tknrych No.1

tknrych回答回数84ベストアンサー獲得回数82010/09/02 01:31:27

ポイント60pt

ほとんどはDCF法だと思いますが、比率の統計となると、見つけられませんでした。

id:masa00

ありがとうございました。

2010/09/02 08:09:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません