【お前はお前で丁度よい】

観光地でみやげ物の木札などとして売られている良寛さんの下記の言葉「丁度よい」
は、実は良寛さんの言葉ではなく、北陸のあるお寺の現存のお坊さんの言葉だそうですが、
その具体的なお寺名とお坊さんの名前とこれが良寛さんの言葉と言うことになった経緯を教えてください。
「丁度よい」
●お前はお前で丁度よい
●顔も体も名前も姓も
●お前にそれは丁度よい
●貧も富も親も子も
●息子の嫁もその孫も
●それはお前に丁度よい
●幸も不幸もよろこびも
●悲しみさえも丁度よい
・・・(以下省略)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/03 08:56:41
  • 終了:2010/09/04 11:32:27

ベストアンサー

id:rsc96074 No.1

rsc回答回数4380ベストアンサー獲得回数3982010/09/03 09:24:40

ポイント60pt

 こちらは参考になるでしょうか。

●丁度よい

http://web1.kcn.jp/strngr/who-asita2/choudo-yoi_RR.html

id:mkonomi

適切なページの紹介ありがとうございました。

「良寛さんの言葉と言うことになった経緯」を知りたいのですが、

土産物の木札の場合、かの有名な良寛さんの名前があった方が売

れそうだということかもしれませんね。

2010/09/04 11:31:45

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません