古いカメラ用のハードケースの「石突き」が取れて行方不明になったので、代わりを捜しています。

ケースのメーカーは日本プロフォートですが、2004年に倒産しています。
 
 実測で直径18mm高さ12mm。
プラスティック製の逆お椀型で、M4のネジでねじ込むようになっています。
使えそうな部品を売っているネットショップ等あれば教えて下さい。
電話注文や代引き等、形は何でも送ってくれるところならば構いません。
既にカバン屋さんとかで部品の販売もしているところとか、かなり探したのですが見つからなかった。
ハクバやエツミなどで、部品だけ送ってくれるかどうかは分からない部分です。
経験談だけでも構いません。
 
 プラスティック製でM4のネジさえ付いていれば多少の形や大きさの違いは構いません。
また、M5のネジ付きでもネジ穴の方をタップ加工できるので、大きさが似ていればOKです。
カシメ止めでも対応できます。
ただし、長いものは駄目です。
傘の石突きとかは既に見つけています。
難問ですが、よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/11 21:59:25
  • 終了:2010/09/12 01:16:52

ベストアンサー

id:kimudon No.1

kimudon回答回数1909ベストアンサー獲得回数1712010/09/12 00:49:28

ポイント100pt

http://www.monotaro.com/p/0933/2513/

http://www.monotaro.com/g/00183607/?displayId=49&dspTargetPage=1

ゴム足ですが、寸法として合致してM4ビスで締結できそうです。

また、単価も安価です。


http://www.takigen.co.jp/jp/contents/eyesearch/detail.do?id=2101...

http://www.takigen.co.jp/pdf/T-003/21212120100.pdf

こちらの「C-30-RK-18-EP-UL」も使用できそうです。

id:miharaseihyou

回答ありがとうございます。

「ゴム足」でも色々合いそうなのがありますね。

特に、難燃性のエチレンプロピレンゴムの製品は「C-30-RK-20-EP-UL」が合いそうです。

こういった場合、周囲と高さが合う事を優先させるので、ゴムの凹みも計算して高さ12mmの直径が大きい製品を選択する事になるわけです。

やはり、一回内張を剥がしてみる事になりそうです。

出来れば4個全て同時に替える方が良いかもしれない。

部品さえあれば・・・の口です。

手間さえ掛けてやれば、部品さえあれば何とかなります。

完全に目処が付きました。

重ね重ね、色々とありがとうございました。

2010/09/12 01:15:51
  • id:kimudon
    http://item.rakuten.co.jp/e-syugei/s1810/
    http://item.rakuten.co.jp/az-netcc/pz1810/
    こちらは流用出来ませんか?
  • id:miharaseihyou
     id:kimudonさんへ
    回答ありがとうございます。
    部品の名前は「底鋲」というのですね。
    結論として、何とか使えそうです。
    ケース内部には分厚い緩衝材が貼り付けてあるので、コレを一旦剥がしての加工になりますが、たぶん使えると思います。
    駄目ならカシメ部分を引き抜いてネジを埋め込むとか出来ます。
    実際の処、オリジナルの部品がどのような方法で結着されているのかは不明なのです。
    現在「ユリアネジ」とワッシャで嵩上げして固定して、何とかなっているのでネジ止めだと思っているだけで、本来は同じような部品であるかもしれません。
    ケースの厚みがあるので、そのまま使えるかどうかは微妙ですが、これだけの部品があれば、後は何とかなるでしょう。
    ネジなら瞬間接着剤を付けてねじ込む・・・という「手」があるのですが、カシメ止めの方が強度があるかもしれません。
    ありがとうございました。
    なお、回答欄に何か書き込んでいただければ幸いです。
  • id:seble
    ネジがM4という事で規格品なのですから、それ以外の部分はサンダーなりやすりなりで削ってサイズ合わせすればよろしいかと、、、
  • id:miharaseihyou
     sableさんへ
     もちろんディスクサンダーなどは使えるのですが、プラスティックを削ると後の表面が荒れるのです。
    力の掛かる部分なので耐久性がモロに悪くなる。
    理想的には熱を使ってのヒートカッターなどでの切断ですが、なかなか上手く溶けてくれないし切り過ぎたら駄目です。
    精度も出しにくい。
    また、長い部分にはネジの上部が埋まっていたりもします。
    こういった場合は切るよりも、むしろ少し小さな部品に下駄を履かせる方がベターです。
    大は小を兼ねない事もあるのです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません