インターネット上で契約の締結を行う方法がありましたらご教授下さい。


現在法人向けのウェブサービスを展開しております。
所謂一般の契約書レベルの法的効力(公正証書などに劣る)が有れば良いので、
インターネット上(メールなど)で契約書を締結する方法もしくはそれに準じる方法などがありましたら、ご教授頂ければと思います。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/14 13:11:49
  • 終了:2010/09/21 13:15:02

回答(2件)

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 dfv22 56 17 0 2010-09-14 23:56:13
2 MEl-ZA-YU 89 12 0 2010-09-19 14:27:44
  • id:deflation
    「書面の交付等に関する情報通信の技術の利用のための関係法律の整備に関する法律」に基づいたシステムを利用すればいいでしょう。
  • id:gp334437g4723k87
    契約書の場合、相互に文書を交換します。この方式が採用できない場合には通常は、申込書方式を採用します。


    申込書の場合は、別途、相手に申込書を送付し、期日までに捺印されたものが、返送されてきた場合には申込み=契約関係が成立したと見なすことが可能です。


    申込書は文面をオンライン上に提示し、最後に「提供条件に同意して申込みを行う」「申し込まない」というボタンを付けて、紙媒体の文書によるものに代換えすることも一般的に行われております。この場合は、提供条件に同意して申込みを行った後に、住所、社名などの必要事項を入力させることが必要です。


    ただし、この方式を採用して後払いを認めた場合、相手がサービスの内容に満足しなかった場合などにはサービス代金を支払わない場合もあり、売掛金の回収率は下がります(特に個人相手のインターネットを通じたサービスの場合)。月のサービス代金が大体、数万程度の場合には、申込み方式で問題ありませんが、10万以上の場合は、やはり、契約書を取り交わした方が得策です。
  • id:supermomonga
    id:deflation さん、 id:gp334437g4723k87 さん、コメントありがとうございました。


    とりあえず、申込書方式を採用してみる事にします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません