陸上特殊無線技士の用語について質問です。「広帯域特性」とは、なんですか。


 参考書本文
  直接中継方式は、ひずみがすくなく "広帯域特性に優れている" が、
  大きな利得を持つ雑音の増幅器を必要とする。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/25 20:08:49
  • 終了:2010/09/25 21:13:43

ベストアンサー

id:loio No.1

loio回答回数342ベストアンサー獲得回数502010/09/25 20:25:58

ポイント60pt

直接中継は、とにかく来たものを全部増幅するので、なんでもできる万能増幅器が必要ということです。

なんでもできる=帯域が広くてノイズが少ない。

次の質問の検波中継だと、全部じゃなくて、ひとつのチャネルだけの中継なので、狭帯域でいいです。その代わり中継器がたくさんいりますけどね。

  • id:domodomodomo
     とにかく来たものを全部増幅する

    ということは、広帯域特性に優れているとは

     低い周波数から高い周波数まで、振幅の高いものから引くものまで、なんでも増幅できますよ。

    という理解でよろしいでしょうか。
  • id:loio
    振幅の高いものから低いものっというのは、「大きな利得を持つ雑音の少ない」のが担当です。

    ところで、

    ニュアンスの問題かもしれませんが、
     直接中継=広帯域に優れている・高利得・低雑音
    じゃないですよ

     直接中継をする場合に用いられる増幅器には、「広帯域に優れている・高利得・低雑音」ものが必要だ。

     (そんなことをするのはすごいコストがかかるよ)
  • id:domodomodomo
    > 直接中継をする場合に用いられる増幅器には、「広帯域に優れている・高利得・低雑音」ものが必要だ。

    え、そうなんですか!?

    参考書には
    > 直接中継方式は、ひずみがすくなく "広帯域特性に優れている" が、大きな利得を持つ雑音の増幅器を必要とする。

    と書かれていたので、てっきり
    > 直接中継方式 = 広帯域特性に優れている

    と思っていました。

    誤解が解けました。ありがとうございます!
  • id:loio
    あ、低歪も仲間にいれてください。
    「低歪・広帯域・高利得・低雑音」ものが必要だ。


    直接中継方式は、「ひずみがすくなく "広帯域特性に優れている" が、大きな利得を持つ雑音」の増幅器を必要とする。

    こうですね。

    雑音の増幅器はどう考えても「雑音の少ない」だと思いますが。

  • id:karuishi
    簡単な例だとTVアンテナに付いてるブースターがリニア増幅器です。
  • id:domodomodomo
    > loio, karuishi さん
    ありがとうございます!(`・ω・´)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません