陸上特殊無線技士の用語について質問です。


「検波(再生)中継方式は、通信路の分岐、挿入が可能となる。」とあるのですが、これは具体的にどういう意味ですか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/25 20:14:28
  • 終了:2010/09/25 21:05:08

ベストアンサー

id:loio No.1

loio回答回数342ベストアンサー獲得回数502010/09/25 20:22:09

ポイント60pt

元の信号に戻すので、複数の信号を組み合わせたりばらしたり自由自在ってことです。

  • id:domodomodomo
    ありがとうございます(笑)

    中継局 t1, t2 から、それぞれ電波 c1, c2 を中継局 t3 に送信したと仮定します。

    このとき検波(再生)中継方式では、

     t3 で受信した c1, c2 を多重化して、c3 として送信することができる

    という理解でよろしいでしょうか。
  • id:loio
    そうです
  • id:domodomodomo
    ありがとうございます!
  • id:karuishi
    これで問答かみあってるの?
  • id:domodomodomo
    ご心配いただき、ありがとうございます。

    大丈夫です(笑)

    いまの段階では、そこまで深い理解は必要がなく、簡単に概略だけ掴めてしまえばいいので。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません