「笑い」について研究してる学者のおもしろい研究結果、学説を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/29 05:46:03
  • 終了:2010/10/06 05:50:02

回答(6件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/09/29 07:35:02

ポイント19pt

日本笑い学会

大学教授や医師など、まじめな学会です。

このサイトに、日本笑い文献目録というものがあります。

http://www.age.ne.jp/x/warai/index.html

無料で閲覧(ダウンロード)出来ます。笑いの研究のために充分にご活用下さい。

「日本笑い文献目録」とは、

・日本で発行された「笑い」に関する活字本……笑い文献

・日本で発行された「笑い」に関する雑誌・新聞名……雑誌タイトル

・日本の雑誌等に発表された「笑い」に関する論文……論文・記事

・英語等で発表された日本の「笑い」文化に関する著作……BOOKS

を目録の形で集め整理したものです。

id:Gleam No.2

Gleam回答回数2472ベストアンサー獲得回数2302010/09/29 07:46:57

ポイント19pt

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20367923,00....

>人間が笑うときの横隔膜の振動を測り、「笑いの量」を算出する「笑い測定システム」が21日までに、関西大学(大阪府吹田市)で公開された。

>笑いを測定する装置の開発は世界初で、作り笑いか本当の笑いか識別できるという。

>同大社会学部の木村洋二教授(60)のグループが1年がかりで開発した。

id:mkonomi No.3

mkonomi回答回数651ベストアンサー獲得回数452010/09/29 08:26:32

ポイント18pt

●笑いは人を健康にする 笑いの威力はすばらしい!

http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000194.html

(1)「笑うこと」でがんが防げる!?

(2)ちなみに、笑い方って関係する?

(3)「笑う」と自律神経が変化する

(4)まだある!「笑い」による効果

 

「笑い」による健康効果は、数多く報告されている。

少なくとも「笑い」が健康をもたらすということは、間違いがないようだ。

 

●人はなぜ笑うのか

http://www.nagaitosiya.com/a/laugh.html

 

●日本笑い学会

http://www.age.ne.jp/x/warai/

 

id:tibitora No.4

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022010/09/29 09:00:00

ポイント18pt

http://rocketnews24.com/?p=31496

『笑い』は食欲を増進させる!米ロマリンダ大学の研究で明らかに

ストレスを多く感じる映画を見た場合には、ホルモン分泌には何の影響も現れなかったが、ユーモアな映画を見ると、『レプチン』と『グレリン』という2つのホルモンの分泌に変化があった。レプチンは食欲を制御するホルモン、グレリンは食欲を増進させるホルモンである。継続的な笑いの週間は、レプチンの分泌を抑え、グレリンの分泌を活発にしたのだ。この現象は、スポーツなど激しく身体を動かした後にも起こるという。

博士は「身体が思うように動かせない人や、高齢者の食欲強化に多いに役立つ」と研究結果に期待を示した。そして「私たちの毎日の振る舞いや感情が、私たちの身体を調節しているのではないか」と説明した。

ちなみに日本では『笑い療法士』という資格があり、癒しの環境研究会という組織が認定を行っている。すでに医療現場で『笑い』を取り入れているようだ。『笑い』にはまだまだ未開の可能性が秘められているようだ。

id:gtore No.5

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372010/09/29 20:47:01

ポイント18pt

「笑い」が病を治す?! 「心」と遺伝子の不思議な関係

筑波大学名誉教授 村上和雄さん

http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000001028_02.html

1日目は昼食後に、医学部の助教授による「糖尿病のメカニズム」についての講義を行ないました。専門家でもない患者さんにとっては、退屈で面白くもない話だったことでしょう。次の日は一転、昼食後に吉本興業「B&B」のお二人に漫才を実演していただき、患者さんには大いに笑ってもらいました。


そして、1日目の食前と講義後、同じく2日目も食前と漫才観賞後との血糖値の差を調べたところ、1日目は平均して血糖値が123㎎も上がったのに対し、2日目は77㎎しか上がらなかったのです。

──つまり、笑うとか楽しいという精神状態が、病気を改善に向かわせたということですね?

id:nakadeci No.6

なかでち回答回数26ベストアンサー獲得回数42010/10/01 14:58:17

ポイント18pt

木村洋二氏が笑いの量を測定できるようにしたそうです。

横隔膜の振動を計ることで、aHという単位の笑い量がわかる、というものです。

参考URL:

http://info.linkclub.or.jp/nl/2008_09/pdf/2.pdf

http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1126-2.ht...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません