unix関連の初期マシンスペック。

ビルジョイが1BSDを配布した頃の主な動作機種名とメモリやCPUや価格といったおよそのハードウェア環境、
リーナスが最初にカーネルを作った頃の平均的な環境(リーナスの開発環境?)
を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/29 13:54:27
  • 終了:2010/09/29 20:21:48

ベストアンサー

id:yugmix No.1

yugmix回答回数27ベストアンサー獲得回数32010/09/29 15:13:17

ポイント60pt

1BSD の配布は 1977年からです。 また、開発環境は DEC の PDP11 ですが、1BSD の開発・配布の頃は PDP-11/70 を使用していたと思います。それ以前に発売されていた PDP-11 が $10,000(当時)程度だったことを考えると、それよりは安くなっていたと思います。

Linux はもともと i386 のメモリ管理機構の習得を目的として開発されたので、CPU は i386 、 当時の標準的なメモリでは 2MB ~ 8MB 程だと思います。

JUST FOR FUN には、 33Mhz の CPU と 4MB のメモリを積んだマシンをローンで買ったという記載があります(p100)。


この本を読めば、当時のUNIXの歴史がわかります。

http://www.amazon.co.jp/dp/4756136591

こちらには Linux 開発の経緯等が記載されています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4796880011

id:MASHMASH

ありがとうございます!

イメージがつかめました。

2010/09/29 20:21:33

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません