一般財団法人の税務について教えてください。


一般社団法人の場合、「非営利型一般社団法人、共益活動型一般社団法人」と「上記以外の一般社団法人」に分かれ、前者の場合には、収益事業にのみ課税され、寄付金や会費収入等の共益事業に対しては非課税となり、税務上のメリットが大く後者の場合には全所得課税となり、株式会社等の営利法人と何ら変わらない課税方式を採用されるそうですが、

一般財団法人の場合も、一般社団法人と同様に2つのグループに分かれるのでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/09/30 12:01:03
  • 終了:2010/09/30 13:09:27

回答(2件)

id:mare_caldo No.1

mare_caldo回答回数205ベストアンサー獲得回数532010/09/30 12:28:18

ポイント35pt

一般財団法人と一般社団法人は、同じ様に規定されています。


非営利法人に対する課税の取扱い:財務省

id:investorschoice

大変分かり易いURLをご紹介いただきありがとうございます。疑問、解決致しました。

2010/09/30 13:07:26
id:sibazyun No.2

sibazyun回答回数1756ベストアンサー獲得回数2362010/09/30 12:36:29

ポイント35pt
  • そうです。
  • 「公益法人information」の「寄付・税制」のページが

https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/common/index.do?conte...

で閲覧できます。

  • そこの「一般社団・財団法人」の欄を見ると、「非営利型法人」と「それ以外」に分かれていますが、社団か財団かの区別は出てきていません。
id:investorschoice

一般社団法人、一般財団法人の税務上の差はなさそうですね。ありがとうございました。

2010/09/30 13:09:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません