陸上特殊無線技士の試験問題について質問です。


「ツェナーダイオードは、逆方向電圧を上げると、急に大電流が流れる定電圧特性」


「逆方向電圧を上げる」とは、どういうことですか。

また、上記の文章は、電子なだれのことを指しているということでよろしいでしょうか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/10/03 00:57:33
  • 終了:2010/10/07 19:18:10

ベストアンサー

id:karuishi No.1

ニャンざぶろう回答回数764ベストアンサー獲得回数1282010/10/03 01:13:28

ポイント60pt

>「逆方向電圧を上げる」とは、どういうことですか。

ダイオードのカソード(三角形の先に板のついてる方)からアノード(三角形の底辺)に向かって電圧をかけるということです。

 

>電子なだれのことを指しているということでよろしいでしょうか。

一般的なツェナーダイオード(5.6V以上のもの)では、それでOKです。

低電圧のものは、ツェナー現象wで定電圧になります。

(両者は温度特性が逆)

  • id:domodomodomo
    > id:karuishi さん
    ご回答ありがとうございます。
    一点質問があります。

     ダイオードのカソード(三角形の先に板のついてる方)から
     アノード(三角形の底辺)に向かって電圧をかけるということです。

    とのことですが、
    このとき電流は、カソードからアノードに向かって流れますか、それとも逆ですか。
  • id:karuishi
    カソードからアノードに向かって流れます
    つまりPN接合を逆方向に流れます。
     
    もちろん一般のダイオードのようにアノードからカソードに向かって流すことも出来ます。
    (特性が悪いので誰も使わないとは思いますが)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません