書籍のタイトル記述で、書籍名のほかに初版などの「版」と、本のジャンル名(複数指定可)を含ませた以下の2通りのフォーマットを考えています。


◆A案:
本のタイトル名 (版) [ジャンル1] [ジャンル2]

◆B案:
本のタイトル名 (版) @ジャンル1 @ジャンル2

■表示例:
A案: はてな殺人事件 (初版) [ミステリー] [小説]
B案: はてな殺人事件 (初版) @ミステリー @小説

上記フォーマットのうち、どちらがよいと思いますでしょうか。
簡単で結構ですので、お手数ですがその理由を教えてください。

なお、ほかによい記述方法がありましたら教えてください。
ただし、以下の条件があります。

・他人が見ても、一目で直感的に理解できるもの
・記述が簡単で覚えやすいもの
・一行で記述しタブや改行は使用不可。フォーマットで使う記号は半角文字
・ジャンル名は複数指定できること

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/10/11 16:52:56
  • 終了:2010/10/12 06:12:27

回答(5件)

id:MAiNItItuKarERu No.1

MAiNItItuKarERu回答回数10ベストアンサー獲得回数02010/10/11 18:00:54

ポイント20pt

実際の本としてであればA案、

相手がPC等で見る(いわゆる電子書籍や一覧)ならB案の方が見やすいのではないかと。

A案の場合、「[]」と「ジャンル」の間にスペース等を入れ「[ ジャンル ]」等としても見やすいと思います。

文字と文字の間に隙間がほとんど無いと見難いですよね。

id:xxmasaxx

ユーザーの閲覧環境は思いつきませんでした。なるほど。

回答有り難うございます。

2010/10/11 21:57:25
id:tasklight No.2

tasklight回答回数323ベストアンサー獲得回数402010/10/11 18:04:37

ポイント20pt

A案の方が良いと思います。

()と[]は同じような形式なので、見やすいと思うからです。

id:xxmasaxx

なるほど。回答有り難うございます。

2010/10/11 22:16:09
id:windofjuly No.3

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492010/10/11 19:49:27

ポイント20pt

【1】ユーザーインターフェース

開始[と終了]の存在するA案が見やすいでしょう

表の形に整形して出力するのであれば[と]すらも省ける場合がありますので一考の余地ありと思います

 

【2】保存するデータ

@などで単純に区切るB案のほうがプログラムでの扱いが簡単になりますけれど、

@や:などの記号がタイトル名に使われないとも限らないのでTABなどの制御コードで区切るのが無難です

 

どのような理由で制御コードを避けているのかによって、また別の話になっていくかもしれませんが、いずれの場合でも外部向けと内部向けで分けて考えるほうが無難です

id:xxmasaxx

まずはユーザーインタフェイスから考えていたので、実際のデータの格納までは考えてませんでした。参考になります。

回答有り難うございます。

2010/10/11 22:46:45
id:loio No.4

loio回答回数342ベストアンサー獲得回数502010/10/11 20:46:09

ポイント20pt

デリミタは前後そろっていたほうがプログラムを拡張したときに融通が効きます。

たとえば、今なら、@と行末がデリミタですが、著者名に*著者名とかいれるとデリミタが増えるのに対して、[]だと、何が増えても、どこに入れてもプログラムは変えなくてすみます。

ということでA案

id:xxmasaxx

ここまで来てA案優勢ですね。

なんとなくB案の後ろに@を付けるやり方が直感的でよいかなと思いましたが、

色々考えるとそうでもなさそうですね。回答有り難うございました。

2010/10/11 22:48:21
id:niwa-mikiho No.5

niwa-mikiho回答回数508ベストアンサー獲得回数382010/10/12 00:21:20

ポイント20pt

A案でしょうか


プログラミング的には [] のように始点終点がそろってるととてもありがたいです。

id:xxmasaxx

回答どうも有り難うございます。

A案にしようかと思います。皆様有り難うございました。

2010/10/12 06:11:54

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません