イギリス英語の発音。 


以下のBBCサイトの発音について。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/language/wordsinthenews/2010/10/101006_witn_societe_generale_page.shtml

For Kerviel, now a computer consultant on 26,000 euros a year, that is a lifetime sentence. の文で、on と 26,000の間で何か言ってませんか?
何か言ってるのであれば、何と発音してるのですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/10/17 01:26:37
  • 終了:2010/10/17 02:46:50

回答(1件)

id:Silvanus No.1

Silvanus回答回数174ベストアンサー獲得回数672010/10/17 01:42:59

ポイント60pt

何も言っていないと思います。30回程聴き直しましたが、

「コンサルタントォン トゥエニィシクスタウザン ユーロズァイヤァ」

という風に、文章で書かれた単語以外の発音はしていないと思います。

  • id:nofrills
    ご質問の箇所は何も言ってないけど、twenty-six thousands の最初の部分は、ご回答にあるような音(「トゥエニィ」という米語のだらだら流れる音)ではなく、T音が強め(「トゥウェンティ」というしっかりした発音)です。... consultant^on twenty-six ... で短い間にT音が連続しているので、その影響で耳が引っ張られているの*かも*しれませんね。

    米音はT音ではだらしなく弛緩して舌先が下がるので、L音に近くなります。waterが「ワラ」のようになるのはそのせいです。一方で英音はT音では舌全体に力が入り舌先が上の歯と歯茎の境目にしっかりつけられ、はじくような音になります。ご質問の例のようにT音が連続する場合、私には単なる「T」の音しか聞こえないのですが、人によっては別の音が入っているように聞こえると言います。
  • id:Silvanus
    >nofrillsさん
    仰せの通りです。原音に近い様に片仮名表記しているつもりでも、一旦音声を聴いて言語として認識してしまったら、普段聴いている米国英語の発音に頭の中で変換されてしまった様ですね。
  • id:nofrills
    > Silvanusさん
    ああ、その干渉があるかもしれませんね。ご質問自体も、質問者さんがふだん聞いている音声の特徴の、いわば「幻影」のようなものが聞こえているように処理されているのかも(それがカタカナとしては処理されていないにせよ)。。。そういえば私も稀に、米語のスピーチなどで、原稿を見ても文法を考えても、ない音が聞こえるような気がすることがあります。
  • id:DK4R
    コメントどうも。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません