野坂昭如が三島由紀夫を語った本「赫奕(かくやく)たる逆光」で、三島由紀夫が晩年「川端康成にも辛辣な批判を寄せて」いるとあるのは、具体的にどこかで読めますか? あるいはどんな内容でしたか?


出版されている三島川端書簡集を見てもピリピリした空気を感じる部分があり、批判もありうるなぁと思います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/10/29 01:53:33
  • 終了:2010/10/29 17:51:44

回答(1件)

id:mododemonandato No.1

mododemonandato回答回数759ベストアンサー獲得回数772010/10/29 13:34:50

ポイント60pt

三島由紀夫の「小説家の休暇」ですかねえ。

小説家の休暇 (新潮文庫)

小説家の休暇 (新潮文庫)

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

日記のような体裁をとりながら、演劇や和歌、小説などを批評する作品です。

川端康成に関しては、毎年のように国際的な文学者の会議に、いつもいくといいながら、直前になってとりやめるとか、川端作品の奥に含まれたエロスについて言及しています。

さすがにこの大先輩に対しては、太宰を批判する時のように表立って駄目だとか書きませんが、ちくちくとなにやってんすか川端さんというような感じで書いています。 

id:MASHMASH

ありがとうございます。読んでみます。

2010/10/29 13:53:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません