【世界観】


「方程式的世界観」と「恒等式的世界観」という言葉を考えてみました。

…が、一応、僕の思うところもあるにはありますが、「具体的定義」が思い至りません。

…というわけで、これらの言葉に相応しいと思う世界観の定義を考えてみていただけないでしょうか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2010/10/31 00:34:48
  • 終了:2010/11/04 22:14:24

回答(6件)

id:hgijgbnfhfg No.1

hgijgbnfhfg回答回数116ベストアンサー獲得回数02010/10/31 00:37:25

(はてなにより削除しました)
id:miharaseihyou No.2

miharaseihyou回答回数4530ベストアンサー獲得回数5672010/10/31 01:29:42

ポイント30pt

http://www.3r-teitanso.jp/top_message/ueda.html

http://www.sanshiro.ne.jp/activity/01/k01/schedule/6_29b.htm

 「環境容量の原則」というものがあるのですが、具体的な内容は経済学者に任せるとして、物質の希少性やエネルギー、ポジション、時間、労働力の数値化、それ等を通じて個人の持つ富、個人が使える価値の総和の数値化が出来ると思います。

もっとも、この原則は人類の技術的なブレイクスルー、具体的には核融合発電や反重力の実用化などなど、を勘定には入れていません。

また、欲望の充足といった意味での必要な価値がどのような形を取るか・・と言った観点での考察が抜けています。

 

 現在は地球人口が増え続けているのですから、一人当たりの使う事が出来る価値も減り続けています。

ある程度の処で食糧事情から人口の増加には歯止めがかけられるとは思いますが、バングラデシュやスリランカの悲劇が既に彼方此方で起きている。

以上の事情から、あまり芳しくない世界が、全ての善意や全ての努力をポーンやビショップのようにあしらって現出するでしょう。

日本の使える価値の総和も減少し続けると思われます。

 

 世界人口が、ある程度減少した後には、現在とは違ったバランスの世界が現れるでしょう。

平和や文明が人口を増加させ、そしてまた人口の減少する世紀が現出する繰り返しが恒常的に行われる、輪廻の世界を想像しました。

id:kuro-yo

ありがとうございます。

さて、回答中には「方程式的世界観」及び「恒等式的世界観」の定義については触れられておりませんが、コメント欄にでも補足願います。

2010/10/31 10:29:36
id:deflation No.3

deflation回答回数1036ベストアンサー獲得回数1262010/10/31 10:36:53

ポイント30pt
方程式的世界観
世界中で起きるすべての出来事は、数学的に説明・予測が可能だとする世界観。
恒等式的世界観
世界中で起きるすべての出来事は、たとえば善と悪のように二元化することが可能で、両者の量は常に等しいとする世界観。
id:kuro-yo

ありがとうございます。

前者は、森羅万象を未知数とした方程式として世界を捉え、

後者は、例えば、善悪は全体で見ればちょうど相殺するようにできている、という風に世界を捉える、

という感じでよろしいでしょうか。

2010/10/31 10:53:55
id:rihan No.4

ゆうと回答回数8ベストアンサー獲得回数12010/10/31 13:14:35

3の説明わかりやすいですね。

世の中のすべての事はすべて理論的、数式で成り立つもの、2-1=1 これは変えられない事実です。

この 2-1=1 が例であるように、人は、

作り出された法則に、数式に、従うしかない、そうかんがえています。

話がそれてますね。スミマセン……

id:kuro-yo

せっかくご回答いただきましたが、このような内容はコメント欄に書くべきです。

2010/10/31 18:10:08
id:takejin No.5

たけじん回答回数1482ベストアンサー獲得回数1922010/10/31 18:23:53

ポイント30pt

”方程式”変数があって、その変数に全体がコントロールされる。

”恒等式”全世界を支配する、オーバーロードががんばってる。

 

マクロな観点なら、

膨張宇宙論と定常宇宙論に。

といっても、変数が多すぎて予測不可能な世界と、微視的にみると定常な宇宙とどちらがいいのか良くわかりません。

 

スパンを数日に抑えると、恒等式

スパンを数年にすると、方程式(変数は時間T)

 

方程式を微分して、短期間なら恒等式というのが、一般的な感じでしょうか。

 

ちょっと、とりとめのない回答ですね。

も少し考えてみます。(あとで、コメント欄に)

id:kuro-yo

回答ありがとうございます。

大局的には方程式でも、局所的には恒等式。

現在の宇宙の状態は、短期的に見れば恒常性(ホメオスタシス)があるが、宇宙年代的に見れば常に変化している。

そういう感じでよろしいでしょうか。詳細な解説、楽しみにしております。

2010/10/31 18:28:04
id:yam3104 No.6

三十四回答回数499ベストアンサー獲得回数252010/11/01 21:43:22

ポイント30pt
  • 方程式的世界観

舞台や登場人物を同じくしたパラレルワールドにおいて、ある要素(変数)が変わるだけで展開や結末がガラッと変わってしまう世界観(グッドエンド・バッドエンドと言う物が定義できれば概ねこちら)

例:ひぐらしのく頃に

  • 恒等式的世界観

舞舞台や登場人物が決まればそれがそっくりそのまま反映され、パラレルワールド内の変数が物語の根本に影響しない世界観(簡潔に言えば「お約束」がある、と言う事)

例:ドラえもん、サザエさん、水戸黄門


……と考えているうちに、「恒等式的世界観」な様に思える作品でも「方程式的世界観」を持ってるよな、と思い悩んだのですが、そもそも

変数にどんな値を代入しても成り立つ方程式はその変域上の恒等式と呼ばれるが、その対立概念として方程式という言葉が用いられることもある

方程式 - Wikipedia

そうです。つまり広く言えば恒等式も方程式に含まれるという事ですから、上記の定義で「だいたいあってる」と思います。

id:kuro-yo

ありがとうございます。

前者は微分方程式のような感じですね。

2010/11/02 23:05:14
  • id:deflation
    >前者は、森羅万象を未知数とした方程式として世界を捉え、
    >後者は、例えば、善悪は全体で見ればちょうど相殺するようにできている、という風に世界を捉える、

    その通りです。
  • id:Kityo
     注目の質問から飛んで来て、kuro-yoさんの質問だったとは意外でした。
     対比するなら、「恒等式的世界観」と「不等式的世界観」とではなくて…ですか?

    ※コメント欄が開いていたので、遠慮なくちょっかい出させて頂きました。
  • id:takejin
    微分や積分のできる世界→方程式的
    変数の取り方によっては、変化をとらえたり(微分)、未来や歴史を掴む(積分)ことができる。でも、あくまでわかる範囲のわかる変数を使う(偏微分)から、全体を把握できるかどうか約束はできない。
    ただ、パラメータtはいつもどこかにいる。
    つまり、方程式的世界は、時間に左右される世界。常に変化し、結末の予測が困難。
     
    微分に微分を重ねると、物事は恒等式へ。
    物事の本質は、変化しない。いつでもそこからい出て、そこへ帰る。
    長い時間が経っても、本質は変わらない。なにか変化はあるけど、結局戻るところがある世界。
     
    そんな感じですが、
    パラメータtを、一日、一年に置き換えると、疑似的な恒等式に見える。
    でも、誤差が生じる。近似式の宿命。
     
    恒等式的世界観は、方程式的世界観に含まれていて、
    「都合のいいものだけ見つめてる」
    感じがします。
    私は、方程式な世界に挑み、ストレンジアトラクタを突破するのが好きですねぇ。
  • id:miharaseihyou
     地球上限定で、人口と物質と心理を数値化して、人口の持つ内容や物質の評価などから方程式を変数絡みで出そうと思ったんですが、かなりの難物で呻吟しております。
    命の問題なのに不謹慎な・・・などと言った感想とは無縁の境地で客観的な数式を歴史上の人口の変遷に策定しようと思ったんですが、私の手に余る。
     
     とりあえず
    人口=A、物質=M、心理=S
    これに変数X。
    時間を積分の横軸に使って、三次元の連立方程式で人口の推移を予測します。
    変数を定義するのにどういった基準を用いるか?
    物質にしても「評価」しなければならないので、他の数値との絡みも出てくる。
     
     A=XM/S
     
    これを基本として、将来を予測しようという試みを思い付いてしまった。
     
    日本の現状を説明するなら、コレで足りるかな?
    解説すると人口は心理的な影響に制限されて物質の供給量よりも少ない数値に留まっている・・・。
    一方で人口爆発中の新興国では比較的少ない物質で人口の一人一人を賄っている。
     
     あまりにも単純なんで、何処かに落し穴がありそう。
    反論を期待します。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません