「渋谷区」と「新宿区」はどっちが子育てにやさしいですか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/10/31 16:50:16
  • 終了:2010/11/07 16:55:02

回答(5件)

id:hgijgbnfhfg No.1

hgijgbnfhfg回答回数116ベストアンサー獲得回数02010/10/31 17:26:43

ポイント10pt (はてなにより削除しました)
id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/10/31 17:34:04

ポイント10pt

以下の子育て支援の比較を見ると、大きな違いは無いようですが、不妊治療をするなら渋谷区の方が良いようです。


http://mamas.stylful.jp/baby/support/index2.html#column3

http://mamas.stylful.jp/baby/support/index3.html#column4

渋谷区 03-3463-1211

渋谷区ホームページ

1回の妊娠につき50,000円が支給されるハッピーマザー助成金制度あり。

妊婦、産後1年以内の産婦宅にヘルパーを派遣(有料)する育児支援ヘルパー派遣事業「にこにこママ」実施。

妊娠高血圧症候群などの疾病の入院治療に要した医療費の一部を助成します。所得制限あり。

医療保険が適用されず、高額な特定不妊治療を行なっている夫婦の経済的な負担を軽減するため、医療費の一部を助成しています。

治療1回につき10万円を限度に1年度あたり2回(通算5年度)まで助成します。



新宿区 03-3209-1111

新宿区ホームページ

妊婦検診前期(妊娠23週まで)と後期(妊娠24週以降)の検診各1回ずつが、都内の契約医療機関で無料で受診できます。また出産予定日現在、満35歳以上となる妊婦については、後期(妊娠28週以降)に1回無料で超音波検査(経腹法)の受診が可能。

妊娠高血圧症候群およびその他関連疾患、糖尿病、貧血、産科出血、心疾患の症状が見られる妊産婦を対象に、入院治療に要する自己負担額の費用を助成します。所得制限あり。

妊婦健診を受けた際に負担した費用の一部を区が助成する、妊婦健康診査費助成制度が平成19年4月1日より変更。20000円が80000円になります。

id:rafting No.4

ラフティング回答回数2652ベストアンサー獲得回数1762010/11/01 05:59:39

ポイント10pt

「区民農園」を提供している渋谷区。

これからの子育てには、必要なことかと。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:RespondentsQuality No.5

RespondentsQuality回答回数47ベストアンサー獲得回数92010/11/01 11:03:49

ポイント10pt

「新宿区」のほうがやさしいかもしれません。

http://q.hatena.ne.jp/answer

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません