1288669796 ビジネス書の販売数が上がらないのは、なぜでしょう?


以下の仮説を立ててみました。

【既存顧客】ビジネス書を買う人:購入回数が減ってきている
      必ずしも「紙書籍」だけが知識の糧ではなくなっている(例)ネット、電子書籍、有料・無料PDF資料等

【新規顧客】ビジネス書を買ってほしい人:ほとんど買わない、または、全く買わない
      ビジネス書は、読んでいて面白くない。読者が自身の生活にプラスになるイメージができない。
      「もしドラ」の様に新しい市場、顧客の創造ができていない。まんが版だと読者がバカにされている気がする。

ビジネス書は、働く人々の創造力、生産性を高めるために大切だと思いますが、作り手の思いこみで市場が縮小していることは残念です。電子書籍、ネットでカバーできていれば良いのですが、そんな状況にもないような気がします。

色々な視点でのご意見をお待ちしています。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 50 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:2010/11/02 12:49:58
  • 終了:2010/11/09 12:50:03

回答(25件)

ただいまのポイント : ポイント31 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
ビジネス書の種類や数が多すぎる cannabis4202010/11/07 16:36:12ポイント2pt
O'Reilly アンビエント・ファインダビリティ――ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅 http://www.oreilly.co.jp/books/4873112834/ に、以下の【ムーアズの法則】と言うものがあります。これがヒントになるのではない ...
「ムーアズの法則」なるほどです。 koskos112010/11/07 17:51:50
ありがとうございます。納得です。 確かにビジネス書の購買層は、苦痛を承知で筋トレしているようなものですね。スマート(賢い)になるために。 逆に非購買層は、スマートに対しての興味も前者と比べて強くない ...
あなたがビジネス書を買って、良かったと思った体験は? koskos112010/11/04 13:27:55
こんな観点では、何かご経験ありませんか? 私は、こんな体験がありました。 米国のあるIT機器の成功企業の成功要因を・・・・ ・社員を解雇しない ・社員とその家族を会社の家族のように扱う と取材を通じて ...
情報の広がリと価値観の変化と書籍作成側の意識にズレ? machimuras2010/11/03 19:04:28ポイント2pt
欧米中心のビジネス翻訳本が、かならずしも日本の状態にあっていないケースもあるようですね。また、翻訳本にはカタカナ単語が多く、なんだか新しい気がするけど、よくわからないといった印象になることもあるのでは ...
輸入物よりの国内物の知識、ケースというビジネス書 koskos112010/11/03 23:43:19
確かに何かというと外国からの輸入物の知識が多いですね。 普段ビジネス書を買う層は、無視して買わない層が手にしやすい物であることが大切ですね。 「普段ビジネス書を買わない層がイメージしやすいところでの ...
同じ様な類の本しか出版されないから? Yoshiya2010/11/02 13:08:42ポイント6pt
「自己啓発」がブームになると、自己啓発本の類が雨後のタケノコの様に出版され、今流行りの「ドラッカー」が流行るとドラッカー関連の本が出版され、店頭に並ぶ。 過去には「松下幸之助」「船井幸雄」など色々なビ ...
「新鮮味」が欠けている koskos112010/11/02 15:17:01
確かに「焼き直し」が多いですね。 タイミングを見計らって、過去のパターンを再登場させるだけでは「新鮮味」がないのでしょうね。 「もしドラ」は、ドラッカーの今までの日本での累計販売部数50万部と同数の ...
焼き直し同感です vanpert2010/11/02 17:36:24ポイント3pt
それと、タイトルのインパクトに反して中身が薄いことが多いこともビジネス書離れの一因かも。もちろんインパクトのあるタイトル付けは大事なことなんですけれど、タイトルと内容が乖離しているものがあるのも事実。 ...
タイトル、装丁、著者の知名度、オビのコピー、推薦者の知名度 koskos112010/11/03 06:31:32
1.タイトル 2.装丁 3.著者の知名度 4.オビのコピー 5.推薦者の知名度 この五つでそのビジネス書のツカミは、ほぼ決まっていると思います。 書評が唯一中味に触れている判断材料かもしれません。 5 ...
ビジネス書は書評に乗りにくいので vanpert2010/11/03 20:03:43ポイント2pt
何を買っていいのかわからなくなる、というのもあると思います。次から次へとたくさん出るし。知人のサラリーマン(めったに本を読まない)が、1冊の本に出せるお金は800~1000円まで、と言っていました。(漫画は除く ...
「ビジネス書を買わない層の金銭感覚」を考えることはとても大切ですね。 koskos112010/11/03 23:38:36
ご指摘の通りです。 ビジネス書を買う層は、相場感がありますが、買わない層は、「買って失敗」というリスクと高額感で手にしにくい部分があるでしょうね。 とても参考になりました。おっしゃる通りですね。 新 ...
あほなこと sddfs45432010/11/03 13:27:31ポイント1pt
いうな
4つの理由 Baku77702010/11/02 19:57:44ポイント2pt
 理由の1番目はインターネットの普及でしょう。  ちょっとした、内容ならインターネットに出てきます。検索もできますからね。インターネット上の情報は広く浅く、深い知識となると書籍と比べようもありません ...
3番目が特にビビっと来ました。 koskos112010/11/03 06:26:50
確かに、そんな部下は、「自己啓発」の意識は低いでしょうね。また、上司も同様でしょうね。「保身」を重視する人はとても多いと思います。 保身 = 成長しない とするとその企業のチカラは、弱まることがあっ ...
デフレなのに本の値段だけインフレ? rsc2010/11/02 21:58:36ポイント2pt
してませんか。(^_^; 高いから買わない→買う人が少ないから値段が上がる→高いから買わない→・・・ の悪循環かも。
「インフレ」は、していないような気が・・・・ koskos112010/11/03 06:18:54
特にビジネス書一冊の値段が上がってきているとは思いませんが、間違いなくデフレ・スパイラルには入り込んでいないですね。そのままと言う気がします。 「バカの壁」のヒット以降は、ビジネス書をハードカバーで ...
情報、データとして遅すぎる some12010/11/02 22:37:44ポイント2pt
Webでは最新のデータが取得できるのに、書籍の体裁をとるのに数ヶ月を要した結果、既に時流が変わってしまって時代遅れ、もしくは逆転してしまっているなどという事もままあります。 タイムリーな話題を追うのにはハ ...
起案から出版まで早くて2カ月、遅くて1年 koskos112010/11/03 06:09:46
確かに「鮮度」が大切な内容だと装丁された書籍が店頭に並んで読者に行き渡りだした頃には価値がどんどん下がっていることがありますね。 内容が鮮度を重視するモノは、電子書籍やPDFデータ販売が適しているかもし ...
作り手の思いこみ some12010/11/02 22:34:29ポイント4pt
「働く人々の創造力、生産性を高めるために大切」という考えこそ「作り手の思いこみ」で、 生産性向上に実際は効用がなかったり、創造力UPという気分の問題=宗教まがいの自己啓発セミナーもどき書籍が乱発乱造さ ...
作り手がROI(投資対効果)を意識するから読み手もROIを意識する?! koskos112010/11/03 05:44:54
そんなことが起きているのではと思いました。また、その逆なのかもしれませんね。 色々な新しい理論、方法論が次々にでてきますが、本一冊で読者の幸せのお手伝いができていないことが多いと言うことでしょうか。 ...
読者も Newswirl2010/11/03 00:34:10ポイント2pt
国語力が低下してるので、筆者の本当に伝えたい真意を読み取れなかったりしてるんだろうな
確かに「国語力」は問題かもしれません。 koskos112010/11/03 06:06:32
「日本語」という母国語を使うチカラと自分が本当に言いたいことが言えているかという両方の問題があるように思います。 筆者も文が冗長になったり、外国語の翻訳系のビジネス書だと原書に忠実であろうとして、日 ...
個人的に Newswirl2010/11/02 21:02:23ポイント1pt
1、本のタイトルが胡散臭い(⇒ホッテントリメーカーでも使ったんじゃないか?と思うほど、ありきたりなネーミングセンス) 2、新しいビジネスでもない限り古本で需要される欲求を満たすことができる。特にビジネ ...
新規性・独自性のある問題提起がないから Hyperion642010/11/02 14:46:29ポイント2pt
欧米系を主とするビジネス書には最近どうしてもインパクトと影響力がある話題作がない。そもそも模範にしている欧米経済が低調なので、期待にかなうものが出ないのも当然かも知れない。
「成功者をひも解く」が発想の起点だから? koskos112010/11/02 15:12:44
確かにそこには、「成功者」「成功事例」がなければ、その方法論に価値はないという発想が起点になっているからでしょうね。 今、「頑張ってる最中」「こんな夢をもって準備中」という過程に価値を見いだせるとワ ...
  • id:seble
    人口増加は頭打ち
    (ネズミじゃねぇんだから、増え続けても困る)
    人口が増えない以上、市場も増えない。
    右肩上がりの幻想はずいぶん前に消えたハズだけど・・・?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません