【色丹島を含む日本十八景】

次に示すページに、(北方四島の)色丹島について、伝聞として
「戦前、色丹島は、日本の十八景のうちに含まれていたそうです」
とあります。
( http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/pickup/hoppouryoudo/takahashisannotaikennki.htm )

この「色丹島を含む日本十八景」について、どういう経緯で、具体的にどこどこが
選ばれたか、というのを、出典に基づいて探してください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/11/08 00:13:01
  • 終了:2010/11/10 21:18:22

ベストアンサー

id:meefla No.2

meefla回答回数980ベストアンサー獲得回数4582010/11/08 21:05:52

ポイント130pt

コメント欄でお許しをいただいたので、可能性の一つとして、昭和初期に選定された「色丹島を含む北海道十八景」が誤って伝えられた、という説を回答させていただきます。


これは、昭和9年に結成された北海道景勝地協会が選定したものです。

昭和11年に「北海道の十八景勝地」という本が出版されています。

古書 天測堂「趣味」のカタログ #4946 です。

4946 北海道の十八景勝地 北海道景勝地協会 32頁 写真 付図 昭11


Google ブックス 北海道山林史: 戦後編 の1164ページの記述によれば、

阿寒と大雪山が国立公園に指定される前後には、北海道各地の郷土風景への認識が高まり、昭和九年に北海道景勝地協会が結成され、全道の郷土風景の中から優れた一八景勝地が選定された。それは、(中略)色丹島(北方領土)の一八地域で、

だそうです。

この本と 北海道の自然保護: その歴史と思想(227ページ)の記述を総合すると、十八景は次のようなものです。

(スニペット表示などから読み取ったものですので、一部不明な点があります)


(1)支笏湖および中山峠、(2)?山、(3)江差および奥尻島、

(4)羊蹄山およびニセコアンヌプリ、(5)積丹半島、(6)夕張、

(7)兜沼、(8)天売島および焼尻島、(9)利尻島および礼文島、

(10)能取半島、(11)チミケップ湖、(12)洞爺湖および登別温泉、

(13)絵鞆半島、(14)南日高海岸、(15)狩勝峠、

(16)長節沼および温根沼、(17)野付岬、(18)色丹島(北方領土)


これで選ばれた事からどこかの「日本十八景」に色丹島が選ばれた、という可能性も否定できませんが、個人的には可能性は低いと思います。

十八景の他の土地の方が、はるかに知名度が高いからです。

例えば、昭和2年に選定された 日本新八景 の狩勝峠がまず入るでしょう。

なお、ご存知とは思いますが、同時に選定された 日本二十五勝 および 日本百景 にも、色丹島は入っていません。


以上、ご参考になれば幸いです。

id:sibazyun

ありがとうございます。状況から見て、これが本命みたいですね。

(こちらでも日本二十五勝 および 日本百景のリストは見ています)

なお、あらためて「北海道景勝地協会」で探して見たところ、

http://oyusuki.blog14.fc2.com/blog-entry-506.html

で、「北海道温泉地案内」(昭和12年)という本が載っていました。

それには98温泉あって、択捉に4温泉、国後に2温泉あるそうですが、

色丹の温泉は無いようです。

2010/11/08 21:54:39

その他の回答(1件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4670ベストアンサー獲得回数8542010/11/08 11:38:22

id:sibazyun

ええと、北方4島を含みますから、「選定」は戦前ですね。

で、戦後、ここを紀行できたはずはないのです。

もちろん、「日本十八景紀行」といっても、実際は色丹は行っていない、

ということはありえます。しかし、その主旨の言明がないと、

この本が有効だということにはなりません。

(本当の学術調査なら、国会図書館などで調べますが、

 今回はそこまでは行きません)

なお、この著者の山本さんは1920年生まれで、

「第2次世界大戦中は中国で民族調査に携わり」

とのことですから、紀行が戦後のことは確かです。

2010/11/08 14:31:24
id:meefla No.2

meefla回答回数980ベストアンサー獲得回数4582010/11/08 21:05:52ここでベストアンサー

ポイント130pt

コメント欄でお許しをいただいたので、可能性の一つとして、昭和初期に選定された「色丹島を含む北海道十八景」が誤って伝えられた、という説を回答させていただきます。


これは、昭和9年に結成された北海道景勝地協会が選定したものです。

昭和11年に「北海道の十八景勝地」という本が出版されています。

古書 天測堂「趣味」のカタログ #4946 です。

4946 北海道の十八景勝地 北海道景勝地協会 32頁 写真 付図 昭11


Google ブックス 北海道山林史: 戦後編 の1164ページの記述によれば、

阿寒と大雪山が国立公園に指定される前後には、北海道各地の郷土風景への認識が高まり、昭和九年に北海道景勝地協会が結成され、全道の郷土風景の中から優れた一八景勝地が選定された。それは、(中略)色丹島(北方領土)の一八地域で、

だそうです。

この本と 北海道の自然保護: その歴史と思想(227ページ)の記述を総合すると、十八景は次のようなものです。

(スニペット表示などから読み取ったものですので、一部不明な点があります)


(1)支笏湖および中山峠、(2)?山、(3)江差および奥尻島、

(4)羊蹄山およびニセコアンヌプリ、(5)積丹半島、(6)夕張、

(7)兜沼、(8)天売島および焼尻島、(9)利尻島および礼文島、

(10)能取半島、(11)チミケップ湖、(12)洞爺湖および登別温泉、

(13)絵鞆半島、(14)南日高海岸、(15)狩勝峠、

(16)長節沼および温根沼、(17)野付岬、(18)色丹島(北方領土)


これで選ばれた事からどこかの「日本十八景」に色丹島が選ばれた、という可能性も否定できませんが、個人的には可能性は低いと思います。

十八景の他の土地の方が、はるかに知名度が高いからです。

例えば、昭和2年に選定された 日本新八景 の狩勝峠がまず入るでしょう。

なお、ご存知とは思いますが、同時に選定された 日本二十五勝 および 日本百景 にも、色丹島は入っていません。


以上、ご参考になれば幸いです。

id:sibazyun

ありがとうございます。状況から見て、これが本命みたいですね。

(こちらでも日本二十五勝 および 日本百景のリストは見ています)

なお、あらためて「北海道景勝地協会」で探して見たところ、

http://oyusuki.blog14.fc2.com/blog-entry-506.html

で、「北海道温泉地案内」(昭和12年)という本が載っていました。

それには98温泉あって、択捉に4温泉、国後に2温泉あるそうですが、

色丹の温泉は無いようです。

2010/11/08 21:54:39
  • id:sibazyun
    Google検索して「日本十八景」を入れて大量ヒットしたように見えても、
    ほとんどは「日本八景」ですので、ご注意ください。
    私はついに自力で探すのをあきらめたものです。
  • id:sibazyun
    なお、http://www.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/AF6497A5-384C-4838-9383-246E000B5FA3/0/tenjikai2105013102.pdf には、
    「昭和初期まで『日本十八景』のひとつとして数えられたほど」という記述があり、
    これは昭和中期以後はそうではない、というように読み取れます。ただ、これも
    伝聞で確かな証拠にはなりません。
  • id:meefla
    昭和初期に選定された「色丹島を含む北海道十八景」を見つけました。
    これが誤って伝えられたものなのかも。
    興味がおありなら、詳細を回答しますが?
  • id:sibazyun
    meeflaさん、ぜひ回答欄にお願いします。
  • id:sibazyun
    meefla説から2日たっても新説がないので、
    これをもって終了します。

    もとの話は伝聞でも北海道庁が出所なのでOKかと
    思いましたが、そうではなさそうです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません