最近相続により地主が変わり”希望があれば底地を売っても良い”と言われています。地主に売値を聞く前に借地人側で適正な価格を算出したいが、その方法を教えてください。

例えば底値価格=公示価格×契約地積×借地権比率で正しいでしょうか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/11/09 10:18:46
  • 終了:2010/11/12 13:16:42

ベストアンサー

id:Lhankor_Mhy No.4

Lhankor_Mhy回答回数779ベストアンサー獲得回数2302010/11/10 15:18:58

ポイント50pt

一応、念のため。

底値価格=公示価格×契約地積×借地権比率

これは、

底地価格=公示価格×契約地積×(1-借地権割合)

という意味ですよね。

 

 借地権割合とは、国税庁が借地に対して相続税などを課税するために設定しています。ですので税金の取りっぱぐれがないように、底地権割合=1-借地権割合、として課税します。これなら借地であろうとなかろうと、通常の土地と同じ評価額で課税できるからです。

 ですが、借地価値+底地価値=更地価値、というのは自明かというと、そうではないですよね。りんご10万個の値段がりんご10個の1万倍である必要がないことと同じように、借地価値+底地価値=更地価値、である必要はないのです。

 実際の取引の場合、借地価値+底地価値<更地価値、となることが多いため、

底地価格<公示価格×契約地積×(1-借地権割合)

 と考えてよいと思われます。

 

 

 

 で、肝心の「いくらで買えばいいのか?」については、これはもう、借地取引の実績がある不動産屋に相談するか、あなたが納得がいく価格を提示するしかないと思います。

 参考までに、私が以前回答した質問のURLを貼ります。

 http://q.hatena.ne.jp/1192977312

id:asnaro_7

有難うございました。すごく参考になりました。いるか賞を差し

上げます。

2010/11/12 13:11:17

その他の回答(3件)

id:asuka645 No.1

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972010/11/09 11:36:36

ポイント25pt

底値価格=公示価格×契約地積×借地権比率

正しいです。


公示価格は国土交通省地価公示・都道府県地価調査のページで検索することができます。

id:asnaro_7

底値は底地の間違えでした。有難うございました。すごく参考になりました。

2010/11/12 13:13:26
id:online_p No.2

online_p回答回数1153ベストアンサー獲得回数592010/11/09 14:26:38

ポイント25pt

公示価格はそのあたり一帯の価格の目安とはなりますが、具体的な個々の土地については形状や環境やもろもろの条件によって成立しますから、公示価格より上でもあれば、下になることもあります。

もっと正確な数字が知りたければ、不動産業者に金を払って見てもらうというのがいいと思います。鑑定士とかは高いですから。http://www

id:asnaro_7

有難うございました。すごく参考になりました。

2010/11/12 13:12:28
id:k-tan2 No.3

k-tan2回答回数401ベストアンサー獲得回数482010/11/10 01:14:08

ポイント25pt

借地権価格+底地価格=土地価格

理論上はこうなりますが、実際にはそうならないことが多いです。

>借地人側で適正な価格を算出したいが、その方法を教えてください

http://www.abe-gyoseioffice.com/shakuchi/06_price.html

http://www.abe-gyoseioffice.com/shakuchi/05_rate.html

このあたりを参考にしてください。

条件によりますが、底地の場合は公示価格よりも安くなることが多いです。

id:asnaro_7

有難うございました。すごく参考になりました。

2010/11/12 13:12:14
id:Lhankor_Mhy No.4

Lhankor_Mhy回答回数779ベストアンサー獲得回数2302010/11/10 15:18:58ここでベストアンサー

ポイント50pt

一応、念のため。

底値価格=公示価格×契約地積×借地権比率

これは、

底地価格=公示価格×契約地積×(1-借地権割合)

という意味ですよね。

 

 借地権割合とは、国税庁が借地に対して相続税などを課税するために設定しています。ですので税金の取りっぱぐれがないように、底地権割合=1-借地権割合、として課税します。これなら借地であろうとなかろうと、通常の土地と同じ評価額で課税できるからです。

 ですが、借地価値+底地価値=更地価値、というのは自明かというと、そうではないですよね。りんご10万個の値段がりんご10個の1万倍である必要がないことと同じように、借地価値+底地価値=更地価値、である必要はないのです。

 実際の取引の場合、借地価値+底地価値<更地価値、となることが多いため、

底地価格<公示価格×契約地積×(1-借地権割合)

 と考えてよいと思われます。

 

 

 

 で、肝心の「いくらで買えばいいのか?」については、これはもう、借地取引の実績がある不動産屋に相談するか、あなたが納得がいく価格を提示するしかないと思います。

 参考までに、私が以前回答した質問のURLを貼ります。

 http://q.hatena.ne.jp/1192977312

id:asnaro_7

有難うございました。すごく参考になりました。いるか賞を差し

上げます。

2010/11/12 13:11:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません