現場の作業や事情を考慮に入れた

生産管理システムを構築する場合の注意点
に関する資料を集めております。

良い資料などをご存知の方は、教えて頂けましたら有難く存じます。
どうぞよろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/11/16 09:28:45
  • 終了:2010/11/23 09:30:05

ベストアンサー

id:Galapagos No.1

Galapagos回答回数963ベストアンサー獲得回数892010/11/16 10:13:10

ポイント60pt

下の本が参考になります。

プロジェクトを必ず成功させる 生産管理システム構築のすべて

プロジェクトを必ず成功させる 生産管理システム構築のすべて

  • 作者: 北村 友博
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


◆「生産管理=生産計画+購買」という思い込みが動かないシステムを生み出す

一般的には「生産管理システムは生産計画と購買を足したもの」といわれていますが、一部分だけをシステム化しても意味がありません。製造業のシステムを考える場合、「工場管理」全体を考えなければなりません。本書は工場業務をバラバラではなく、全体最適化するために欠かせない体系的な業務知識を紹介します。


◆MRPやBOM、サブシステム設計などのポイントが具体的にわかる

一般的な生産管理システムの仕組みを知っているだけでは、実際のシステム開発に活かすことはできません。著者のいままでの経験からの見地にもとづき、要求定義の勘どころとなるMRPやBOM、サブシステムの設計などについて具体的に説明します。


◆テンプレートとして使える外部設計書を完全公開

本書はノウハウの紹介だけにとどまらず、本書の内容を具体化した40ページ以上にわたる外部設計書をすべて掲載しています。生産管理システムを体系的に理解するためのヒントとなるだけではなく、テンプレートとしてすぐに利用することができます。


【目次

工場業務を単純にIT化したものが生産管理システムではない

生産管理システムを俯瞰するために欠かせない基礎知識

顧客の思いどおりの要求定義を実現するためのポイント

精度の高い最新の需要情報を生産計画で使うためのポイント

生産計画の立て方と計画変更への対処

MRP(資材所要量計画)の考え方と実践

生産管理の中核データベースとなるBOMを押さえる

CQDを満たす購買管理サブシステム構築

工程管理サブシステムの統制機能を向上させる仕組み

生産管理から考える在庫と在庫管理

工場財務と原価管理システムの留意点

附章 本書内容をベースとした生産管理システムの外部設計書

id:ita07

ご紹介有難うございます!

2010/11/16 12:29:07

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません