日本の刑事裁判において刑罰として死刑を適用する際の判断基準となるのが「永山基準」ですが、

この「永山基準」ができる以前は、どうやって死刑を適用する・しないを決めていたのでしょうか。
何か明確な判断基準があったのでしょうか。
ご存知の方がいましたら教えて下さい

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/11/18 04:35:06
  • 終了:2010/11/25 04:40:02

回答(2件)

id:Galapagos No.1

Galapagos回答回数963ベストアンサー獲得回数892010/11/18 07:34:09

ポイント60pt

判例に基づいていたようです。

http://shikei.blogspot.com/

id:tama213 No.2

tama213回答回数486ベストアンサー獲得回数302010/11/18 15:17:32

ポイント10pt

http://www.geocities.jp/hyouhakudanna/cplist.html#hyou

過去の事例を見ればわかるが、明確な基準はない。

なかったからこそ、「永山基準」は重要視された。

もちろん、判例主義なのは昔から。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません