光電子増倍管に相当するような半導体素子はないでしょうか? 特定の波長のみ高感度で検知する半導体受光装置です。

超小型でつくれると面白い分光システムがつくれるようなきがします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/04 11:27:33
  • 終了:2010/12/11 11:30:03

回答(4件)

id:deflation No.1

deflation回答回数1036ベストアンサー獲得回数1262010/12/04 22:22:40

ポイント23pt

すでに商品化されていますよ。

http://www.klv.co.jp/page/compact.html

id:isogaya

CCDを使うタイプですね。原理的に光電子倍増管に似たものはないでしょうか?

2010/12/05 08:55:41
id:karuishi No.2

ニャンざぶろう回答回数764ベストアンサー獲得回数1282010/12/05 21:13:25

ポイント23pt

光電子増倍管に相当するような半導体素子と言うなら、

APD(アバランシェフォトダイオード)でしょうね。

 

http://jp.hamamatsu.com/products/sensor-ssd/pd078/pd088/pd397/C4...

http://jp.hamamatsu.com/products/sensor-ssd/pd078/pd079/index_ja...

id:isogaya

これのめちゃ小さいのはないでしょうか

2010/12/06 12:30:05
id:takejin No.3

たけじん回答回数1464ベストアンサー獲得回数1892010/12/07 14:08:39

ポイント22pt

光電子増倍管を小さくして、沢山まとめたのが、同じ浜ホトのMCP(マイクロチャンネルプレート)

http://jp.hamamatsu.com/products/sensor-etd/pd007/index_ja.html

 

これではダメですか。

このプレートの後ろに、CCDとかの二次元受光素子を置けば、2次元の光強度分布が測定できますよ。

APDは個別に封止しているから、小型化は難しいかも。半導体素子なら、MCPの方が現実的でしょう。

id:nobcha23 No.4

nobcha回答回数26ベストアンサー獲得回数22010/12/07 22:41:04

ポイント22pt

メトロ光などでは分光フィルタを入れてフォトダイオードで受けていると思いました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%A...

光リンク用の受光部はそういう構造になっているのではないかと思います。

http://exc.hitachi-cable.co.jp/products/optical/plc/long_metro/v...

  • id:TREEG
    ダークマター発見の実験と競争しているところに、CDMSなどありますが、こちらは半導体検出の方式だったと思いますが、感度がまだまだ光電子倍増管に及んでいなかったと思います。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Cryogenic_Dark_Matter_Search
  • id:windofiuly
    質問者様の仰るように、回答1は質問を見ない残念な回答をしています。
    今後同じようなことを繰り返さないよう、「不適切な回答」チェックボックスにチェックを入れましょう。
  • id:isogaya
    思考実験している段階なんで深くは考えていません。

    ポータブル高性能ラマン散光(ガス検知器など)を考えています。

    精度は、デジタル補正かけるとデバイスのバラつきを許容できるのではないかと思っています。

    センサーデバイスとして、300円くらいで販売されていて、補正データはネットからダウンロードして
    くれというのがいいなと思っています。

    思考実験レベルなんで、できるかも、とか可能性がある回答を期待しています。

    ダメな理由を探すのは3流の知識人の仕事です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません