自社の風評をしらべるためにネット上でどう検索したらいいかを解説しているページがあったら教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/07 12:00:43
  • 終了:2010/12/14 12:05:03

回答(4件)

id:deflation No.1

deflation回答回数1036ベストアンサー獲得回数1262010/12/07 12:52:38

ポイント23pt

インターネット上の風評リスク対策

東京海上日動リスクコンサルティング

http://www.tokiorisk.co.jp/risk_info/up_file/200909255.PDF

id:kaiketsu

具体的な検索方法を知りたいのです、もう少し実践的なページはないでしょうか?

2010/12/07 14:29:27
id:seoclub No.2

seoclub回答回数8ベストアンサー獲得回数02010/12/07 17:40:05

ポイント23pt

Google アラートは、指定したキーワードに一致する検索結果(ウェブやニュースなど)をメールで配信するサービスです。

http://www.google.co.jp/intl/ja/options/

アラートニュースや検索結果をメールで受信

を利用してください

私はIT仕事柄クライアント様への中傷や批判があれば・・と

思い毎日監視してます。

毎日WEB上へ投稿された情報を指定したキーワード御社であれば

東京海上などいろんなキーワードを想定して設定できます。

非常に便利です。

id:NazeNani No.3

なぜなに回答回数1615ベストアンサー獲得回数2762010/12/07 17:52:05

ポイント22pt

「emining」(http://emining.jp)という専用システムもあるのですが、

どういうことをチェックするのかが図になって載っています。:

http://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/080924.html

また、「ブームリサーチ」というクチコミ&クロスメディア分析専用に

エンジンツールもあります。:http://www.slideshare.net/kuro/ss-3560649

しかし、あえて買わなくても、機能チェック内容の説明があるので、

これが自分で調べる場合の手がかりにもなりそうなのです。


例)「クチコミ検索範囲(「国内主要ブログ20サイト、独自ドメインブログ」+「国内主要掲示板2サイト」+「2ちゃんねる」掲示板)、テレビ・ウェブニュース、検索エンジンとのクロスメディア分析、テレビ・クチコミ、クチコミ件数の推移 (ブログ&掲示版)、男女分析、評判分析、ウェブ・検索・関連語分析、話題軸分析、ニュースエンジン・関連語分析、本文抽出、クロスメディア(クチコミ、テレビ、 ウェブニュース、検索)分析など。」

他にも、CGM マイニングネットボイスという老舗は「【Blog サービス】FC2blog、楽天広場、goo blog、チャンネル北国.tv、Doblog、はてなダイアリー、ドリコムブログ、Seesaa ブログ、livedoor ブログ、jugem、ameba blog、ココログ、エキサイトブログ、BlockBlog、diarynote、ヤプログ、Cururu、msn space、【掲示板】2ちゃんねるの全スレッド、【SNS】gree、mixi、キヌガサ、livedoor フレパ、2ch-SNS、【ソーシャルブックマーク】del.icio.us、MM/Memo、LiVEMARK :: Home、はてなブックマーク、MyClip、webshots。」を対象に調査していたこともありました。


なので、まず、手始めに、自社名を全般的にGoogle本文検索した後、「国内主要ブログ20サイト、独自ドメインブログ」+「国内主要掲示板2サイト」+「2ちゃんねる」+「ソーシャルブックマーク」掲示板のサイト内サーチして、自社に関する記事を抽出します。

どこが今の国内主要ブログや掲示板サイトなのか等は、ブログや掲示板のアクセスランキングでも調べれば分かりますし、無料ブログではこの辺りなどが有名だと思います。(比較サイトに無料ブログ一覧とリンクがあります):

http://www.boraro.gozaru.jp/blog/comparison..html

ブログは、大抵がサイト内検索ツールを置いていますし、Googleのサイト内検索機能を使っても良いと思います。

テレビ・ウェブニュース(ポータル有り)、消費者口コミサイト(レビュー付き)も、今どこが主力かを調べて、そこでも自社名をサイト内サーチします。

更に欲を言えば、Mixi, Facebook, MyspaceなどのSNSや、Twitterのつぶやきなどもデータ回収できれば更に良いと思います。

まずはそれらのデータの収集と抽出から始めてみればいかがでしょう。

収集したデータの保存には無料のEvernote(http://www.evernote.com/about/intl/jp/)が便利かもしれません。

これなら後でまとめて収集したデータを検索できますし、記事をスクラップするように、ブログや掲示板、ニュース等から自社名の入った話題の記事をスクラップ(コピペ/保存)しておくだけなので簡単です。

社内でこれらのデータを共有も出来ますし、appを入れれば、iPhoneなどでも使えます。

データを貯めておいて、後からキーワードで検索して、データを分析できます。

id:Hyperion64 No.4

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842010/12/08 18:53:33

ポイント22pt

 口コミ分析サービスは有償のものが普及していますが、ここでは無料のものに限って紹介します。


 Google trend for insightはクチコミでどれだけ話題になったかを時系列で示してくれます。ネットでの話題になる、

いいかえれば表出率がある程度高い企業であれば、良いモニターになります。

国内外(多言語)で使えるのがスゴイですね。

http://www.google.com/insights/search/?hl=ja#


 もう一つは、「twwiter」での検索語頻度を時系列で表示するツールが、Googleに加わりました

左側のタワーで「もっと見る」を選ぶと「リアルタイム」を選べば使えます。

ほぼリアルタイムで「つぶやき」を検索してくれます。

今年の上旬からサービス開始されました。


 国内Blogに限定すると「kizasi」がかなり頑張っていて、風評検知ツールとしても使えるのではないでしょうか?

10,845,630人のブログから検索語に該当するコンテンツを拾いだしてくれます。

http://kizasi.jp/

id:kaiketsu

おお、そんなものがあったのですね。ありがとうございます。

2010/12/09 13:35:07

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません