Powerpoint2010でマクロを作って利用したいのですがどうしたらよいですか

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/16 06:59:42
  • 終了:2010/12/23 07:00:03

回答(2件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982010/12/16 08:43:04

ポイント10pt

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc179126.aspx


マクロ記録

マクロ記録は頻繁に実行するタスクを自動化するための機能ですが、PowerPoint 2010 では利用できません。代わりに、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) を使用して、マクロを作成したり構成したりできます。マクロ記録を使用して PowerPoint 2007 より前のバージョンの PowerPoint で作成したマクロは、VBA で構成してください。

開発コントロールにアクセスしたり、コードを書いたり、マクロを作成したりする必要がある場合は、次の手順に従って [開発] タブを表示してください。

1. [ファイル] タブをクリックします。

2. [オプション] をクリックします。

3. [PowerPoint のオプション] ダイアログ ボックスで、[リボンのユーザー設定] をクリックします。

4. [リボンのユーザー設定] の [メイン タブ] の一覧で、[開発] タブを選択し、[追加] をクリックしてから [OK] をクリックします。

マクロ記録は頻繁に実行するタスクを自動化するための機能ですが、PowerPoint 2010 では利用できません。代わりに、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) を使用して、マクロを作成したり構成したりできます。マクロ記録を使用して PowerPoint 2007 より前のバージョンの PowerPoint で作成したマクロは、VBA で構成してください。

VBA の設定の移行

Office 2010 では、Visual Basic for Applications (VBA) 6.0 から VBA 7.0 に更新されました。VBA 7.0 の設定は、移行後には既定の設定にリセットされ、元の設定は自動的には再設定されません。このようになるのは、以下の表に示すように、VBA 用のレジストリ設定が Office 2010 では異なるハイブにあるからです。

id:mkonomi No.2

mkonomi回答回数651ベストアンサー獲得回数452010/12/16 09:12:50

ポイント10pt

 

マクロの記録について

適用対象: Microsoft PowerPoint 2010

 

引用1:

マクロの記録は、頻繁に行う作業を自動化するために使用されていましたが、Microsoft PowerPoint 2010 では利用できません。代わりに、Visual Basic for Applications (VBA) (Visual Basic for Applications (VBA): Microsoft Windows ベースのアプリケーションの作成に使用される Visual Basic のマクロ言語バージョン。いくつかの Microsoft プログラムで使用できます。) を使用してマクロ (マクロ: 1 つまたは複数のアクションを自動的に実行させるための仕組み。マクロは Visual Basic for Applications プログラミング言語で記述します。)を作成または編集することができます。

 

引用2:

Visual Basic for Applications を使用してマクロを作成または編集するには、次の操作を行います ([開発] タブが表示されていない場合は、[開発] タブを表示できます)。

 

1. [開発] タブの [コード] で [マクロ] をクリックします。

2. [マクロ] ダイアログ ボックスで、[マクロ名] ボックスにマクロの名前を入力します。

3. [場所] ボックスの一覧で、マクロを保存するテンプレート (テンプレート: あらかじめ構造が決められていて、スタイルやページ レイアウトなどの要素を指定するためのツールが備わっている 1 つまたは複数のファイル。たとえば、Word テンプレートでは 1 つ 1 つの文書の体裁を、FrontPage テンプレートでは Web サイト全体の体裁を整えることができます。)またはプレゼンテーションをクリックします。

4. [説明] ボックスに、マクロの説明を入力します。

5. [作成] をクリックして Visual Basic for Applications を開きます。

 

メモ Office PowerPoint 2007 よりも前のバージョンの PowerPoint でマクロの記録を使用してマクロを作成した場合は、Visual Basic for Applications を使用してマクロを編集します。

 

  • id:mkonomi
    回答のついている質問をひとつも開かずに放置しておき、
    自動キャンセルになり50ポイントを返却してもらったあとで、
    回答を開くと1回答あたり20ポイントですみ、お得ですね。
     
    この質問ではキャンセル後に2回答を開いていますので40ポイントを払っていますが、
    本来なら70ポイント+終了手数料(3ポイント?)が必要でしたね。
     

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません