今日の日経一面に、11月債権市場で大手銀行の国債売りが長期金利の上昇に拍車をかけたということがありますがこれはどう捉えるものですか

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/21 16:33:13
  • 終了:2010/12/27 12:21:53

回答(2件)

id:hathi No.1

hathi回答回数208ベストアンサー獲得回数462010/12/21 18:00:03

ポイント35pt

日銀の説明です

http://www.boj.or.jp/type/exp/seisaku/expchokinri.htm#01

『新聞等で長期金利の動きが報じられる時は、債券、特に長期国債(満期までの期間が10年弱のもの)の値動きがしばしば取上げられます。これは、債券を売る(供給する)ということは長期資金を調達(需要)する、債券を買う(需要する)ということは運用(供給)するということなので、債券「相場」の動きが、長期金利の動きをそのまま表すからです。債券「相場」が値上がりすれば長期金利は低下、値下がりすれば長期金利は上昇というように、長期金利も「相場」として動くということです。 』

 

債券を売る : 長期資金が必要だった : 長期金利は上昇

id:mare_caldo No.2

mare_caldo回答回数205ベストアンサー獲得回数532010/12/22 12:43:16

ポイント35pt

国債を大量に売ると国債の価格が下がります。国債の価格が下がるということは、すなわち国債の利回りが上昇することに他なりません。国債の利回りは長期金利の代表的な商品であり他の商品との裁定も働きますから、他の商品の長期金利にも影響を及ぼし長期金利の上昇を招く効果があります。といった、解説でよろしいのでしょうか?

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません