2009年末から2010年の春頃、本屋の科学コーナーで見かけた「ミクロから宇宙まで、速度や長さ、距離をページであらわした」ぶ厚いピンクの表紙の本(箱入り。装丁はソフトカバー。価格は2000~3000円ぐらい?)が忘れられません。タイトル、出版社、著者名、不明です。ご存じの方、教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/21 21:29:47
  • 終了:2010/12/22 23:57:29

ベストアンサー

id:otenki8 No.2

otenki8回答回数118ベストアンサー獲得回数122010/12/22 21:26:22

ポイント100pt

1000億分の1の太陽系 +400万分の1の光速 

http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0110715985

 

松田 行正 編  

ヤーン・フォルネル 訳  

出版社 牛若丸

3,360円(3,200円+税)

 

こちらでいかがしょうか?

id:Yumeo

回答ありがとうございます。まさにこれです!出版社も聞いたことがなかったので頭に残らなかったのでした。よくぞ、見つけてくださいました!ありがとうございます。

2010/12/22 23:52:16

その他の回答(1件)

id:noracat No.1

noracat回答回数119ベストアンサー獲得回数112010/12/21 23:54:37

ポイント10pt

「身近な単位がわかる絵事典」でしょうか?

http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-68349-2&PHP...

では

著者 村越正則監修

主な著作 『もののかぞえ方絵事典』(PHP研究所)

税込価格 2,940円(本体価格2,800円)

内容 長さの単位から環境をはかる単位まで、単位のすべてをイラストでわかりやすく解説した、単位のことならなんでもわかる絵事典です。

となっていますが、改訂版が出ているようです。

id:Yumeo

回答ありがとございます。そうですね。本の条件が質問に合致してますね。でも、違います。1ページ目が「0ゼロ」だとして、ページを追うごとに定規の目盛りのような線が引いてあり、大気圏、静止衛星軌道、月の軌道、火星の軌道…冥王星、太陽系といった風に地球を中心とした距離が示されていたのでした。本の最後は最も遠い天体となります。

2010/12/22 00:14:43
id:otenki8 No.2

otenki8回答回数118ベストアンサー獲得回数122010/12/22 21:26:22ここでベストアンサー

ポイント100pt

1000億分の1の太陽系 +400万分の1の光速 

http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0110715985

 

松田 行正 編  

ヤーン・フォルネル 訳  

出版社 牛若丸

3,360円(3,200円+税)

 

こちらでいかがしょうか?

id:Yumeo

回答ありがとうございます。まさにこれです!出版社も聞いたことがなかったので頭に残らなかったのでした。よくぞ、見つけてくださいました!ありがとうございます。

2010/12/22 23:52:16

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません