会社のスタッフに、

ホームページの作り方を教えようと思うのですが、
どこから、どのように、取っ掛かり、どういった手順で教えるか困っております。

参考書を用意して、それに沿って教えて行くのがよいでしょうか?

どのような方法、手順で教えるのが良いでしょうか?
お薦めの方法や手順を教えてください。

条件
●講習に使える時間は、1日数時間、週3日、3カ月程度。
●CSS、HTMLは、しっかりと知識をつける。
●20ページ程度のホームページを作れるようになる。
●データベースや、PHP、javascript 等は、基礎的な概念させ理解できればよい。

スタッフの現状
●スタッフはPC操作には慣れています。イラストレーター、フォトショップ等も扱えます。
●DWを使って、すごく簡単なページは作成したことがある。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/29 17:41:40
  • 終了:2011/01/05 17:45:03

回答(7件)

id:asuka645 No.1

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972010/12/29 17:58:06

ポイント18pt
  • 目標を明確にする(20ページという分量ではなく、どのような目的のサイトを作るか)
  • ワークブックを使ったトレーニング(エディタで生のHTMLやCSSを入力させる)
  • できればLAN内にWebサーバを立てて、Webの仕組みを体験する

書籍としては下記の2冊をオススメします。

いずれもワークブック形式のものです。

HTML&スタイルシート トレーニングブック CSS3増補版

HTML&スタイルシート トレーニングブック CSS3増補版

  • 作者: 渡邉 希久子
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

30時間でマスター インターネット〈3〉HTMLでつくるWebページ

30時間でマスター インターネット〈3〉HTMLでつくるWebページ

  • 出版社/メーカー: 実教出版
  • メディア: 単行本

id:supermaster

書籍の紹介ありがとうございます。すごく助かります。

どちらかと言えば、どちらの書籍がお薦めでしょうか?

2010/12/29 18:07:51
id:kou-tarou No.2

koutarou回答回数654ベストアンサー獲得回数812010/12/29 20:05:45

ポイント17pt

Web制作新人育成ガイド

―読むだけで、Web制作業界の現場力が身につく!1日でも早くプロになるためのStepUPブック


制作現場の仕事の流れ、人の関わり方、基本力が身につきます。

HTML、CSSに関しても載っています。


Web制作をはじめから学ぶ上で、いままで目を通した中で、

最も内容的に充実した本だと思います。

id:online_p No.3

online_p回答回数1153ベストアンサー獲得回数592010/12/29 21:26:38

ポイント17pt

そのスタッフにホームページのつくり方を教えてもらえばいいと思います。

http://www

id:k-tan2 No.4

k-tan2回答回数401ベストアンサー獲得回数482010/12/30 06:35:39

ポイント17pt

最初は、HTMLとかCSSとかJavascriptとか

初心者向けの内容のないくだらないのつかって半月ぐらい勉強

その後、以下の本を使う

速習Webデザイン Dreamweaver CS4 (速習デザイン)
スタジオ イー・スペース
4774141003

誤字脱字が多いですが、

DWの人は、これがお勧めです。

これで、CSSのだいたいのことが理解できるようになります。

HTMLは別にわかってもあまり今となっては意味ないかなとは思います。

だから、しっかり理解する必要なんかない。

Webデザインの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック (Design Lab+ 1-3)
デザインラボ編集部
4797354437


どちらにせよ、デザインありき解説している系の本を用いるのがよいと思います。

そうしないと、結局は、作れないと思うので。

id:niwa-mikiho No.5

niwa-mikiho回答回数508ベストアンサー獲得回数382010/12/30 08:36:39

ポイント17pt

何かしらを学習するとき相談されたときにいつもオススメしてるのが


リファレンス (辞書のようなもの)

入門書


の2冊を購入させています。


リファレンスを購入させるのは、今でこそ WEB からタグ辞典などが無料で誰でも利用できますが、

身に付けるという意味で、紙で探して見るという行動にはまだ到底及びません。


入門書は見る人、教える人が見て買わないと駄目です。

その上で本を選ぶ基準としては


1) 注釈が少ない

注釈が多いとページ内での視線の移動が多くなり、正直 「構成が悪い本」 と言わざるを得ません。


2) 本の半分がリファレンスで占められない

入門書にあるリファレンスは正直簡単にしか書かれてないことが多く、その簡素な説明を読むために

今見てるページから目を離すことになるのでお勧めできません。

その入門書のページを開いたままリファレンス本にて分からないことを調べることが大事です。



参考になればよいのですが、

私はリファレンス本などは技術評論社が好みで使っています。

入門書は立ち読みでじっくり比べて購入しています。


http://gihyo.jp/book/2009/978-4-7741-3775-9

http://gihyo.jp/book/2008/978-4-7741-3433-8

id:shounanssasaki No.6

shounanssasaki回答回数5ベストアンサー獲得回数02010/12/30 18:52:24

ポイント17pt

なるべくうすっぺらく

図解の多いものを初心者にはオススメしています

応用編は基礎ができてからがよろしいでしょう

手元にあって使っているもの

自分のは版が古いのですが

探してみると


改訂第5版 オールカラー  HTML ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

改訂第5版 オールカラー HTML ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

  • 作者: シーズ
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • メディア: 単行本

改訂第6版 HTML&スタイルシート ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

改訂第6版 HTML&スタイルシート ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

  • 作者: シーズ
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

実際にどこかウェブサイトのスペースを借りて

作ってみるのがわかりやすいと思います。

また、この手のものは技術の革新が速いので

あまり複雑のは最初は手をつけないほうがいいかもしれません

id:etym No.7

etym回答回数2ベストアンサー獲得回数02010/12/31 19:09:08

ポイント17pt

http://www.google.co.jp/

参考書を購入して勉強する方法も大切ですが、一番上達が早いのは体で覚えてしまうことですので、もしすでにあなたが管理しているウェブサイトが1つでもあるようでしたら、まずは簡単なメンテナンス作業から覚えさせていくのが、おすすめです。

私の経験上、本人がホームページの制作に対して自主的に関心を持っている場合でない限り、テキストから入る指導法では、なかなか本人が興味を持ってくれなかったり、モチベーションを保つことが難しかったり、上達まで苦労することが多かったです。そのため、興味を持っていない生徒(社員)を教える場合は、まずは本人が「これ、おもしろい!」そして「自分にもできるかも!」の2つを体験させるように指導していました。それには、なにより実際のホームページをいきなり触れさせてみて、例えばテキスト変更や画像の差し替えでも良いので、本人にマウスを握らせてやらせてみる、そして「ほら、簡単にできたでしょ」といって褒めることから入りました。そうするとホームページ制作に対する不安や壁などがなくなり、自分から勉強を始めるようになりました。ポイントは、「興味に火をつける。そしてモチベーションを上げる手助けをする。」ことにつきます。一度火がつけば、生徒が自分で書店へ出向いて、自分にあった参考書は探すと思います。

勉強を進める手順のみ、初心者の場合は手助けが必要ですが、質問文を拝見する限り、あなたが十分理解しているようですので、あなたがフォローしてあげれば問題ないと思います。

HTMLもCSSもよく使うタグは限られていますので、すべて覚える必要はありませんので、効率よく学習すれば3ヶ月もあればかならずマスターできます。

参考になれば幸いです。

  • id:asuka645
    回答1です。

    >どちらかと言えば、どちらの書籍がお薦めでしょうか?

    両方必要です。
    「HTML&スタイルシート トレーニングブック」は、HTMLやCSSの入門ドリルなので、やり始めればすぐに終わってしまいます。たぶん4~5日でクリアできると思います。
    次に「30時間でマスター インターネット」に取りかかります。こちらは、ある程度のHTMLやCSSの基礎ができていないと、着手できないレベルなんです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません