会社では様々なデータを見れる環境にいます。どこの拠点がどのくらい売上があるとか、どういった商品がこの拠点では売れているとか、前年比はどのくらいだとか、粗利はどのくらいだとか・・・小売業なので、色々な商品がどのくらい売れているかも見ることができます。


こういった環境にいるのはいいのですが、私はバックオフィスで働くような人間なので正直商品がどのくらい売れているとか、粗利がとか、前年比が・・・とか言われてもいまいちピンときません。

ただ、こういったデータが見れる環境にいるのだから、なんとか勉強したいなと思うのですが、どういった分野をまず勉強したほうがいいのでしょうか?Excel Accessはとりあえず使えるレベルです。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/01/28 20:42:46
  • 終了:2011/02/04 20:45:03

回答(4件)

id:deflation No.1

deflation回答回数1036ベストアンサー獲得回数1262011/01/28 21:03:01

ポイント35pt

データをExcelやAccessで処理する前に、マーケティング・マネジメントを学んだ方が良いと思います。

参考書籍を掲げます。

コトラーのマーケティング思考法

コトラーのマーケティング思考法

  • 作者: フィリップ・コトラー フェルナンド・トリアス・デ・ベス
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • メディア: 単行本

id:Baku7770 No.2

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812011/01/29 03:25:06

ポイント35pt

 (池上彰調で)難し~い質問ですねぇ~(笑)

 現在開かれているコトラーにしろ、ドラッカーにしろトフラーなんて言うのもいますが、考え方も異なっていますからね。

 まずは、私の好きなエピソードを一つ。コンピュータの黎明期に某洋菓子の製造販売会社の電算室長だった方のエピソードです。

 コンピュータを導入し商品別の売上が集計できるようにした。それだけでは意味を成さないだろうからと、それを売上の良い順に並べて社長に提出した。現在(1990年代中旬)と違ってライブラリも何も無い頃です。ソートも全てプログラミングしなければならなかった時代です。苦労に苦労を重ねたアウトプットです。

 社長室に持参したところ、

「そこに置いといて」

 とそっけない。

 翌月も持参して

「何かお役に立ちましたか?」

 と聞いてみたが生返事で、見てくれたのかどうかも判らない。そういった状態が何ヶ月も続いた。多分見てくれてもいないのだろうと少し意地悪をしてみた。悪い順に並べたのだ。

 その翌月もそのまま悪い順に並べて社長室に持っていったところ、社長の態度が激変していた。

「おぉ、待ち兼ねた。ついでだからこれをどう使うか、お前見ていけ」

 社長は、資料を見るなり工場長に電話を掛けた。

「おい、〇〇と□□製造中止。売れていない。」

 続いて商品企画部長に電話をして、

「おい、〇〇と□□が売れていないから製造中止にしたからな。代わりの商品を企画してすぐにすぐに提出するように」

 二人に電話をした後私に向かって、

「いやぁ、いい資料を出してくれた。来月からも同じように使うから頼むよ」

 この会社、2003年に一度倒産しましたが、1994年には店舗1千を達成するほど成長した会社です。

 多分、お立場的には経営者層に報告をされる立場だと推測いたします。経営者層が何をしたいのか、色々聞かれた上でどういった加工をすればいいのかを考えられてはどうでしょう?

 私も現役時代、目標販売数の大きな首都圏と小さな地方を単純に達成率で判断して良いのだろうかって悩みましたし、引退して韓非子を読んでいましたら、目標を上回った部下を処分すべしといった内容が書かれていて驚かされましたからね。

 ご自身のバックグラウンドとしては、簿記、経営分析といったところから始められてはいかがでしょうか。

id:taroe No.3

taroe回答回数1099ベストアンサー獲得回数1322011/01/28 22:53:07

ポイント10pt

Excelで簡単にできる!販売データ分析
熊谷 直樹 SPSSプロフェッショナルサービスグループ
4761260319

この前に、もしかすると販売管理の簡単な本を選んで読む必要があると思います。

販売管理で、営業マン向けがよいと思います。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 sayo212sayo 21 12 0 2011-01-28 23:41:12

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません