自殺未遂をしました。周りの人に迷惑をかけたのでもうするつもりはありませんが、同居人がいます。もう死ぬつもりはないと約束し、信じてくれているとは思いますが、完全に信じてもらうのは難しいと思います。信じてもらうにはどのような行動をとるのがいいか、お知恵があったら教えてください。

<追記>
同居人です。字数制限に掛ったので手短かに書きますが、「いつまたやるのか」「今度は無理心中の巻添えに」という思いが拭えません。自身の安心安全の為には「別れる」という選択肢が最も合理的で確実だとは思いますが、なんとか側で見守ったり支えたりしてやり直したいのです。が、死なれるのも殺されるのも真っ平です。時間はきっと殆んどを解決してくれると思います。ただ当面、夜眠る事も怖いです。残して外出することも出来ません。何かいい方策をご教示頂けたら助かります。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/02/14 22:11:56
  • 終了:2011/02/21 22:15:03

ベストアンサー

id:sakuji No.9

sakuji回答回数2ベストアンサー獲得回数12011/02/16 21:58:45

ポイント14pt

誰かに信用してもらうためには、約束を守る、ことだと思います。

小さな約束でもいいから、その積み重ねだと思います。

それと、心の問題についてですが、

僕はタウンページでたまたま見つけた心理カウンセリングに通いました。

周りの人は心療内科に行く人が多いです。

詳しくはわからないですが、役所にもそういう相談を聞いてくれる部署はあるのではないかと思います。

生きることは大変なことだと思います。

それでも、どうか、生きてください。

その他の回答(10件)

id:hanako393 No.1

hanako393回答回数1142ベストアンサー獲得回数872011/02/15 05:19:28

ポイント15pt

・同居人の人へ

同居人の人は自分が殺されないことだけを考えていればよいです。

夜寝る前に部屋に鍵をかける程度で安心が得られるのならそうすればよいでしょう。

相手が自殺しないかどうかなんてわかりませんので、このあたりは成り行きに任せるしかないです。

家にいても監視してても自殺する人は自殺してしまいます。

精神科とかに受診させて、入院させるとかなら入院している間は大丈夫かもしれません。

でも完全に大丈夫にするには、隔離病棟とかにいれて厳重にかんりされないと、自殺を防ぐことはできないのです。

専門家でも無理なものをあなたが思い悩んでも仕方がないでしょう。

・自殺未遂した人へ

信じてもらう方法はありません。相手が不安に思っていることを論理的に安全だとわからせること意外方法がありません。

id:Gleam No.2

Gleam回答回数2509ベストアンサー獲得回数2382011/02/15 00:55:48

ポイント15pt

私は19年前から、鬱病を患って通院中です。

現在、命が危険という状況のようなので、精神病院への入院が最善策かと思います。

入院経験がないのなら、とても強い抵抗があるかもしれません。

最近の精神病院は、病院関係者は優しいし、患者も正常に見える人が多いし、建物は綺麗で、食事も悪くないという所が増えています。昔と比べると、格段によくなっています。

もちろん症状にもよりますが、1~3ヶ月程度の入院で大幅な改善が見られ、退院となることが多いです。

ぜひご検討ください。

入院設備のないクリニックのような所を受診して、入院できる病院を紹介してもらうというのも1つの方法です。

id:Chariots_of_Fire No.3

Chariots_of_Fire回答回数202ベストアンサー獲得回数122011/02/14 23:54:53

ポイント15pt

生命保険にはいってはいかがでしょう。

お金が全てではありませんが、一つの証になるのですから。


ちなみに自殺でも生命保険は原則でます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3433476.html

http://www.reccona.com/jisatsu.html

id:suppadv No.4

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/02/14 22:19:38

ポイント15pt

やはり、意思の疎通が重要だと思います。

どうして、そのようなことになったのか、どうすればそのようなことにならなかったのか、これからどのようにしていけば状況を変えられると考えているのか、同居人にどのようなことを望むのか、などということについて、深く話し合うことが必要だと思います。

毎日、話し合う時間を作ったり、話し合うのが難しければ、交換日記のような形で気持ちを正直にア表したりすることが、何らかの助けになるのではないかと考えますが、いかがでしょうか。

id:asuka645 No.5

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972011/02/14 22:16:49

ポイント15pt

いろいろな方法が考えられます。

いずれにしても、お二人だけで抱え込まないことが肝要です。

  • カウンセリングを受ける。
  • 神経科を受診する。
  • 自殺防止サークルに参加する。
id:sansanpan No.6

sansanpan回答回数18ベストアンサー獲得回数02011/02/15 11:06:59

ポイント15pt

まず自殺を浮気に置き換えてみてはどうでしょうか?

自殺だと分かり合える部分がまったくなく話が通じないままになってしまいます。

浮気はもうしないと言っても浮気する人はまた浮気しますし、絶対ってのは無いですよね。

反省しても病院に通っても人の中にある芯はそうそう変わりません。

浮気をするような人は絶対許せないならすぐに別れればいいですし。

浮気は許せないけど一緒に居たいなら諦めたり妥協したり信じてみたりで折れましょう。

折れるなら浮気した事を犯罪だと毎日のように責めるのは良くありません、自殺未遂した人を重病人や殺人鬼のように扱うのも危ういですよ。

id:aminokun No.7

aminokun回答回数6ベストアンサー獲得回数02011/02/15 14:44:30

ポイント14pt

お医者さんとか専門家をお尋ねになり、結果で判断ください。

あれこれ迷っているより、善意の第三者が必要でしょう。

id:tisei No.8

tisei回答回数247ベストアンサー獲得回数62011/02/16 11:16:07

ポイント14pt

死んでもどうにもなりません。

世の中自殺したところで変わらない。

死んでも何も変わらないです。

同居人を巻き込まないで、一人で解決した方がいい。

訳が分からないのですが、死ぬっていうことが解決策じゃないということを理解して下さい。

id:sakuji No.9

sakuji回答回数2ベストアンサー獲得回数12011/02/16 21:58:45ここでベストアンサー

ポイント14pt

誰かに信用してもらうためには、約束を守る、ことだと思います。

小さな約束でもいいから、その積み重ねだと思います。

それと、心の問題についてですが、

僕はタウンページでたまたま見つけた心理カウンセリングに通いました。

周りの人は心療内科に行く人が多いです。

詳しくはわからないですが、役所にもそういう相談を聞いてくれる部署はあるのではないかと思います。

生きることは大変なことだと思います。

それでも、どうか、生きてください。

id:niwa-mikiho No.10

niwa-mikiho回答回数508ベストアンサー獲得回数382011/02/17 06:25:39

ポイント14pt

自殺未遂の原因がどんな事が分からないため専門知識に欠ける私たちがどうこう言えるものではありませんが、


一番手っ取り早いのがカウンセリングへ通うことでしょうか?



少しでも 「大丈夫だから」 とか 「めんどくさい」 とかで、少しでも通うのを渋るようでしたら

正直分かれたほうがあなたのためでもあります。



専門家にお世話になる。

これが重要。

id:purokame No.11

purokame回答回数9ベストアンサー獲得回数02011/02/17 19:37:58

ポイント14pt

自分のその日に有った事を話す等。

家事を手伝ったり、同居人とコミュニケーションを取る。

自分の生活を改善する。

  • id:rosacanina
    質問をした者です。

    いろいろとご助言いただきありがとうございました。
    おひとりおひとりにお礼を言えず、すみません。

    現在は、心療内科に通いつつ、今後はカウンセリングも
    受けようと、予約をするつもりでいます。

    今はできるだけ同居人ともコミュニケーションを取る時間を増やし、
    少しでも信頼を回復できるように努めています。

    今回のことで自分の精神的な未熟さを痛感しました。
    今後はカウンセリングを受けつつ、少しでも成長できれば
    いいと思っています。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません