1+1=2になる事を証明してください。


回答は一斉に開きます。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/02/16 19:48:47
  • 終了:2011/02/23 19:50:02

回答(5件)

id:poketpia No.1

テツ(退会)回答回数20ベストアンサー獲得回数12011/02/16 19:53:30

ポイント13pt

例えば、かごの中にリンゴが一つあるとします。そこでもう一つリンゴを加えます。

そうなると、カゴの中のリンゴの数は2つ。1+1=2

これでどうですか。

id:ryotakumi

回答ありがとうございます。

単純に目に見える形で表すパターンですね。

2011/02/16 20:37:14
id:Pokemon--495 No.2

えもたこ回答回数3ベストアンサー獲得回数02011/02/16 19:56:29

ポイント1pt

一+一=ニだからじゃない?

id:ryotakumi

なぜそうなるのかを聞いています。

それではただ復唱しているだけです。

2011/02/16 20:37:35
id:a-55 No.3

a-55回答回数8ベストアンサー獲得回数02011/02/16 20:04:01

ポイント12pt

例えば飴が一個の包み紙に包まれているとします。モデルでいうと●+○=○●となりますので1+1=2です

ねwシャインs

byクロス

id:ryotakumi

クロスさん、確認しました。

回答ありがとうございます。

見た目のパターン2人目ですね。

2011/02/16 20:38:08
id:SALINGER No.4

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692011/02/16 20:17:23

ポイント37pt

質問者が一人でわからないことも、回答者と二人で考えれば答えが見つかるかもしれません。

一人分の知恵+一人分の知恵=二人分の知恵になる。

もっとたくさんの知恵が集まればもっと大きな知恵になる。

人力検索はず~とそれを証明してきました。

 

もっと気楽に関わっていけたらいいんじゃないですか。

id:ryotakumi

回答ありがとうございます。

人力検索らしい回答ですね。

とてもいいと思います。

2011/02/16 20:38:41
id:Itihara-now No.5

¢freeks¿回答回数1ベストアンサー獲得回数02011/02/16 20:21:01

ポイント37pt

まず

前提1:「自然数列」は存在する。(1.2.3.4.5……)

前提2:「次」という概念が存在する。

前提2より

あるxについて、その次のものを呼び出す関数S(x)を定義し、これを「後続者関数」と呼ぶ。

一方P(x)=x+1という関数を考える。

ここで自然数列の要素nについて関数Sを作用させることと関数Pを作用させることは同義なので

P(n)=S(n)

n=1を代入

1+1=2

とまあこうなります。

分かりづらいですかね。

id:ryotakumi

回答ありがとうございます。

中2なので完全には理解できませんが、証明として成り立っていると思います。

2011/02/16 20:39:25
  • id:ryotakumi
    時間、ポイント、心の余裕がなくなってきたのでこれがラストになるかもしれません。
    出来る限りあと1回は質問しようと思っています。

    またポイントがもらえそうならば続けるかもしれません。
    僕は、クイズ系の質問でしか稼げないので難しいと思います。

    ネタなのでより面白かった方にいるかを渡します。
  • id:a-55
    弟が勝手にあなたの名前を出してしまい申し訳ございません。
    私が本当のクロスです。
    サムネみたときについ私があなたの名前を出してしまい、弟が勝手に私の名前をつかい回答したのです。本当に申し訳ございません。
    ID qsxdr-1154 クロス(ってだれ?
    より
  • id:ryotakumi
    回答が上限に達したため一旦ここで返事を待ちます。
    回答したいという方がいれば少しポイントが許す限り増やします。
  • id:ryotakumi
    特に今までに僕とかかわってくださった方々、よろしかったら回答していただきたいです。
  • id:a-55
    シャインs(兄のDSで言います)
    分かりました。あなたにはお世話になりましたので!!
    byクロス
  • id:seble
    グラスにウオッカを1フィンガー注ぎ、グレープフルーツジュースを1フィンガー分注ぎます。
    オイ、2フィンガーにならねぇじゃねぇか、金返せ。
    おっと、否定じゃなく肯定証明なのね。
    じゃ、
    グラスにウオッカを(好きだな、オイ)1オンス注ぎ、う~ん、何にしよう、、
    レモンジュースを1オンス注ぎます。
    おお、ちゃんと2オンスになった(^○^)
    グビッ
    げ、すっぱすぎ、金かえせ~
    よゐこは大人になるまで実験しちゃあかんよ。
  • id:sayo217sayo
    コメント荒らし キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!
     
    コメントにチマチマ書かないで,ちゃんと回答しろよ!
  • id:miharaseihyou
     コメント荒らしはブラックリスト(回答拒否のリスト)に追加ですね。
    けっこう彼方此方でうざったい。
     
     前の1と後の1が完全に同じものだと証明できないので、概念上は整合しても、厳密には違う可能性、違う次元もあるかもしれませんね。
    では、違う場合はどのような場合があるか?
    色々ありそうな気がします。
    先ず、同じものだという証明がないと、国債の利息のごとく、変化する可能性を否定できません。
  • id:seble
    1+1は2にならない、てのは俺が中1の時の学習書(学研だよ、覚えてる奴もいるだろ?)のタイトルだったんだが、意味が分からない奴がいるようだな。
    (1と1が同じ物かどうかという観点の問題とは少し違うのだが、、1フィンガーと1オンスの違いの意味がきちんと理解できてるか?)
    それに中学生にポイント負担させるのがそんなにいいのか?
    (蛇足で付け加えれば、回答欄は開くだけで20円必要、コメント欄は電気代だけ)
  • id:garyo
    まず公理として
    1.単位元0が存在する
    2.任意の自然数にはその次の数(s(a))が存在する。


    s(0)を簡単に書いたものを1、s(s(0))=s(1)を簡単に書いたものを2とする。...(1)

    足し算の定義として
    1.単位元の存在 a+0=0+a=a ....(2)
    2.s(a)+b=a+s(b)=s(a+b) ....(3)


    証明1 s(a)=a+1を証明
         (2)より s(a)=s(a+0)
    (3)より s(a+0)=a+s(0)=a+1
    ∴s(a)=a+1....(4)

    証明2 1+1=2を証明
    (4)でa=1を代入
        s(1)=1+1
    (1)より、s(1)=s(s(0))=2
    ∴1+1=2
    証明終り
  • id:garyo
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%95%B0 こちらの説明が判りやすそう。


    問題文っぽくすると、1+1=2の証明は


    ある数◎、□、△と関数suc(x)を以下のように定義する。
    suc(◎)=□...(1)
    suc(suc(◎))=suc(□)=△と定義する。...(2)


    関数add(x,y)を以下のように定義する。
    add(a,suc(b))=add(suc(a),b)=suc(add(a,b))...(3)
    add(a,◎)=add(◎,a)=a...(4)


    上記(1)-(4)を使用し
    add(□,□)=△ であることを証明せよ。
  • id:sayo217sayo
    いつからここ回答欄になったっけか?
  • id:garyo
    id:sayo217sayoさん
    >いつからここ回答欄になったっけか?
    はてなの人力検索は使って6年になるが、コメント欄で回答してはいけないというのは聞いたことがないな。
    規約に記載してあるなら指摘してみてくれ。
  • id:Pokemon--495
    えもたこ 2011/02/18 16:49:59



    で二になるということです。

    わかりにくくてすみません。
  • id:miharaseihyou
     15年以上前のSF作品ですが、J・P・ホーガンという作家の「内なる世界」という作品に出てくる概念世界は正に「1+1が2にならない」世界です。
    常に変動する法則を抱え、軸や回転の概念すら不可能な世界を構築しています。
    数学者の概念世界には整数が変動する世界も存在します。
    逆に言うなら、私たちの世界は整数が変動しない世界だと言うことです。
    現実や理論や常識は変動しても数学的な概念は変動しない。
    だから、数字を偏重する弊害もあるんですがね。
     
     数字は変動しなくても、数字の前提となる現実や理論や常識は変動する。
    長い時の流れの中で「安定を求めたい」と思うのは反って非常識なのかもしれません。
  • id:SALINGER
    この質問はSKE48の「1+1は2じゃないよ!」というラジオ番組からきてたのかな。
    ネタと書いてるので真面目な答えじゃなくて、もう少しそれに絡めたネタ回答があっても良かったかもね。
  • id:ryotakumi
    すいません、テストやら行事やらで途中から来れませんでした。
    ちなみにこの問題は「数の悪魔」という本の中の話から考えました。
  • id:SALINGER
    「数の悪魔」面白そうな本ですね。
    私も数学が一番好きな教科で大学の数学科に進みましたが、
    「数学ガール」や「フェルマーの最終定理」とか面白い本を読むとぐっと数学の世界が面白くなりますよ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません