情報論・情報学に詳しいかたに質問です。


「情報量の計算方法」を扱っている書籍の中で、
複雑な数式をもちいずに平易に解説してくれている、
おすすめの日本語の書籍をご存知でしたら、教えてください。

なお、かならず、あなたが実際に持っている本をお願いします。

また、内容の簡単な説明と、
情報論または情報学におけるその書籍の地位・重要度にかんする説明とを、附記してください。

なお、ゆくゆくの目的は、全世界に存在する、記録されている情報の、総量を算出することでです。
その点にご留意ください。

よろしくお願い申し上げます。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/02/19 07:34:42
  • 終了:2011/02/26 07:35:03

回答(2件)

id:asuka645 No.1

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972011/02/19 14:27:39

ポイント18pt

やさしい応用情報技術者講座 2011年版 (やさしい講座シリーズ)

やさしい応用情報技術者講座 2011年版 (やさしい講座シリーズ)

  • 作者: 高橋 麻奈
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • メディア: 単行本

中学生レベルで理解できる数式を使って情報料を計算する解説があります。

本書は応用情報技術者の参考書です。

id:Informatics

もうすこしご書評がほしかったですねぇ・・・

2011/02/24 00:13:40
id:maachama-yumoto No.2

湯本正典回答回数10ベストアンサー獲得回数22011/02/23 23:38:47

ポイント52pt

基礎 情報システム論―情報空間とデザイン

神沼 靖子 (著) 内木 哲也 (著) 浦 昭二 (監修)

出版社: 共立出版 (1999/01)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/432002916X/

がお勧めです。

この本の第2章の「情報概論」の、2.5「情報の量と質」というところに、情報の量とは何か?ということが、しっかり書かれています。今から見ると古い本ですが、たいへんよく考えて書かれている本です。

ここには、情報には、「意味や内容を全く考慮しない形式的情報」(シンタックス情報)と「意味や内容を重視する意味的情報」(セマンティックス情報)がある、と書かれています。この2つの情報のうち、どちらを考えているかで答えが全く違っています。シンタックス情報は、いってみれば、たんなる「1、0」の数字の並びです。これは、シャノンの情報理論による考え方で、いろいろな本で計算方法が出ています。試験に出るのもこちらです。コンピュータの中に、「1、0」の数列とその配列のパターンが何通りあるか?という問題になります。

一方、セマンティックズ情報には、正式な計算方法が確立されておらず、研究が途上です。意味は、受け取る人によって変わってくるからです。たとえば、「情報には、2種類あります。」という文があったとして、あなたと私にとってこの分は意味がありますが、ほかの人にとってどれだけ意味や価値があるのかは、不明ですよね。

id:Informatics

すばらしいご書評、ありがとう存じます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

2011/02/24 00:13:17
  • id:ShinRai
    そもそも「情報」とは何かという議論も必要ではないでしょうか。

    それがどこにもないところに、情報理論の問題があると思います。
  • id:TAK_TAK
    「なお、ゆくゆくの目的は、全世界に存在する、記録されている情報の、総量を算出することでです。
    その点にご留意ください。 」

    これは、言うことが大き過ぎて(抽象的過ぎて)、
    留意できないです。

  • id:Informatics
    >ShinRai様

    ありがとうございます。
    今現在は、ノイマン型コンピュータの記録デバイスに圧縮なしに記録された場合(画像は人間の「正常な」目の標準の能力で、動画は人間の目の同じく標準的なfpsに、それぞれ換算)を考えております。

    >TAK_TAK様

    大きいですね。ですから、みなさまのご協力が必要です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません