Excelの関数で複数条件を検索するケースについて教えて下さい。

作成したい内容は『店別の各商品の合計個数と合計金額』の表です。

【別シートにある元データ】
店名|商品コード|商品名|個数|売上金額
A店○支店|1|りんご| 10 | 1000 |
B店△支店|1|りんご| 5 | 500 |
A店○支店|2|みかん| ・ | ・ |
C店○支店|1|リンゴ| ・ | ・ |

商品はコードで検索し、店名の方は可能であればワイルドカードを使おうと思っています。
あまり複雑な入れ子にしない形で結果を導き出せるものはないでしょうか?

PCはWindows7、Vista、 ExcelのバージョンはOffice2007、10が混在。
急がないのでわかりやすく教えていただけると助かります。
どうかよろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/03/03 15:16:07
  • 終了:2011/03/03 17:22:56

ベストアンサー

id:nnknnc No.2

nnknnc回答回数159ベストアンサー獲得回数252011/03/03 16:56:01

ポイント60pt

あらかじめ別のシート、又は同じシートに下記のような一覧表を用意し、

現在の一覧

店名|商品コード|商品名|個数|売上金額

A店 1 りんご 計算式1 計算式2

A店 2 ミカン 計算式3 計算式4

以下続く


元データ

A|B|C|D|E←列

店名|商品コード|商品名|個数|売上金額

A店○支店|1|りんご| 10 | 1000 |

B店△支店|1|りんご| 5 | 500 |

A店○支店|2|みかん| ・ | ・ |

C店○支店|1|リンゴ| ・ | ・ |

計算式1 =sumifs(d:d,a:a,"A店",b:b,1) これでA店のりんごの数量がでます

計算式2 =sumifs(e:e,a:a,"A店",b:b,1) これでA店のりんごの金額がでます

計算式3 =sumifs(d:d,a:a,"A店",b:b,2)  これでA店のミカンの数量がでます

計算式4 =sumifs(e:e,a:a,"A店",b:b,2)  これでA店のミカンの金額がでます

元データが変わった時に自動的に計算する表ができます(ピボットとほぼ同じ)

検索を列全部にしているので、不都合がある場合は d1:d99のようにして下さい

"A店"の部分は一覧表のA1(店名のセル)を指定し、1のところをB1(コードのセル)を指定してあげればコピペする時はこっちの方が便利ですね

id:aqua-marine

ご回答ありがとうございます。

今までExcel2003だったのでSumifs関数がよくわからなかったのですが、

お陰様で求めていた結果を表示することが出来ました。どうもありがとうございました。

又、機会がありましたらどうかよろしくお願い致します。

2011/03/03 17:19:51

その他の回答(1件)

id:kopj No.1

kopj回答回数123ベストアンサー獲得回数62011/03/03 15:25:30

ポイント10pt

http://www11.plala.or.jp/koma_Excel/pivot_menu.html

EXCELで一般的にこのような場合はピボットテーブルを使うのが常となります。

ちゃんと調べてマスターしておけば今後、どんどん役に立ちますのでこれを期にしっかり身につけたらいいですね。

id:aqua-marine

ご回答ありがとうございます。

ピボットテーブルを使ったシートもあるのですが、

他の人と共有するものなので、元データを変更した際にすぐに結果を表示させた表が欲しいのです。

私も得意ではありませんが、表をスクロールさせるのも困難な上司がおりますので…。

引き続きどうかよろしくお願い致します。

2011/03/03 15:35:56
id:nnknnc No.2

nnknnc回答回数159ベストアンサー獲得回数252011/03/03 16:56:01ここでベストアンサー

ポイント60pt

あらかじめ別のシート、又は同じシートに下記のような一覧表を用意し、

現在の一覧

店名|商品コード|商品名|個数|売上金額

A店 1 りんご 計算式1 計算式2

A店 2 ミカン 計算式3 計算式4

以下続く


元データ

A|B|C|D|E←列

店名|商品コード|商品名|個数|売上金額

A店○支店|1|りんご| 10 | 1000 |

B店△支店|1|りんご| 5 | 500 |

A店○支店|2|みかん| ・ | ・ |

C店○支店|1|リンゴ| ・ | ・ |

計算式1 =sumifs(d:d,a:a,"A店",b:b,1) これでA店のりんごの数量がでます

計算式2 =sumifs(e:e,a:a,"A店",b:b,1) これでA店のりんごの金額がでます

計算式3 =sumifs(d:d,a:a,"A店",b:b,2)  これでA店のミカンの数量がでます

計算式4 =sumifs(e:e,a:a,"A店",b:b,2)  これでA店のミカンの金額がでます

元データが変わった時に自動的に計算する表ができます(ピボットとほぼ同じ)

検索を列全部にしているので、不都合がある場合は d1:d99のようにして下さい

"A店"の部分は一覧表のA1(店名のセル)を指定し、1のところをB1(コードのセル)を指定してあげればコピペする時はこっちの方が便利ですね

id:aqua-marine

ご回答ありがとうございます。

今までExcel2003だったのでSumifs関数がよくわからなかったのですが、

お陰様で求めていた結果を表示することが出来ました。どうもありがとうございました。

又、機会がありましたらどうかよろしくお願い致します。

2011/03/03 17:19:51

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません