飛び込み営業の最初のキャッチについて詳しい情報が書いてある書籍等ありませんか?


仕事で新規開拓を行うことに鳴りました。
全く経験がないため困っております。

そこで、個人もしくは企業への飛び込み営業の際のノウハウについて詳しい情報がありましたらお教えいただけませんか?
とりあえず商材は気にしません。
書籍やHPへのリンクをお教えいただけた方には多めにポイントを付与させていただきます。

よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/03/24 15:30:27
  • 終了:2011/03/31 15:35:02

ベストアンサー

id:gtore No.3

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372011/03/24 21:51:21

ポイント26pt

飛び込み営業をしている知人がいますが、やはり「こうすればいい」といった方程式はなく、

お客さまの性格もさまざまですから、応対方法は臨機応変に創意工夫でやっていくのが賢明だそうですね。

営業を受けた経験も踏まえて書きますと、ドアを開けてくれるまで名乗らないという方法もあるようですが、

これは名乗るほうがいいようです。

インターホンの時点で断りが入り、出てきてくれない場合、脈はないと考えて、パスして次の訪問先に行きます。

出てきてくれた場合、パンフレットかなにかを渡そうとしながら近づいていく…。

1m以上離れたところで本題に入ったりすると、無条件にドアを閉められて終わりですからね。

こんな感じでしょうか。


ご参考となりそうなURLを以下に挙げます。


http://www.sales-world.org/column/post_13.html

一見くだらないと思うかもしれないキャッチコピーをつけて、相手の警戒心を解くのと同時に好奇心をそそるというテクニックを使っている人もいます。


http://urerueigyou.seesaa.net/category/4907566-1.html

これでほとんどの方はあなたのことを変な人、面白い人、または変な人だけど一生懸命な人、正直で好感の持てる人と勝手に思ってくれます。

そうしたら次の日にまた来ましたと、今度はしっかりとお話すればいいんです。


http://www.bestshop.co.jp/te3/tobikomi.htm

飛び込み営業のスキルが低くても数をこなせば、いつの日かお客が見つかります、お客に売り込む気を捨てて、見つけるつもりで回ります、売り込んでやろうと 思って訪問しているとうまく行かなくて疲れてきますから、もう少し気楽に見つけるつもりで訪問する。


http://insight.main.jp/business_strategy/tobikomi/tobikomi06.htm...

飛び込み営業 コツ 03 フットインザドア


書籍としては、次のようなものがあります。

一瞬で決める!飛び込み営業の成功法則 (DO BOOKS)

一瞬で決める!飛び込み営業の成功法則 (DO BOOKS)

  • 作者: 尾島 弘一
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • メディア: 単行本

id:fuyusyogun

素晴らしいご回答をありがとうございます。

たしかに仰られるように、対応は千差万別になるんだと思います。

ただ、私はまだ対応力以前の問題を抱えていると思いましたので、御知恵を拝借出来ればと思った次第です。

かなり具体的なご回答をいただけましたので、熟読して活かしたいと思います。本も買います。

ありがとうございました!

2011/03/25 00:36:55

その他の回答(4件)

id:es-labo No.1

eses回答回数287ベストアンサー獲得回数382011/03/24 17:19:59

ポイント27pt

いまだからこそ、まずは、笑顔いっぱい+元気が一番かなと・・・。

そのための、事前に 知識や知恵、デジタル機器などで下準備、

自身の仕込み・セルフコントロールをと考えています・・・。

リレーションを駆使して、問題解決につなげていければと考えています。

ビジネス全般、問題解決業といわれる方もいらっしゃいますし。

たくさん本がありますが、いま話題の電子化書籍や自炊などで iPhone、iPad、などで細切れ時間などに読んでいます。

---

営業についてなどのおはなし。

http://ameblo.jp/wadahiromi/

http://www.perie-net.co.jp/0200/0201/

http://www.wadahiromi.com/books.html

---

B2B と B2C

でまた違う点もあるとおもいますが・・・。

http://ow.ly/4ljgb

http://allabout.co.jp/gm/gt/1907/

http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20101109/1289228966

-

http://www.daiwashobo.co.jp/products/2010/05/book4548.php

http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=978-4-478-0113...

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~saito/book.html

-

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/theme/?id=20081121-98000019-r25

http://www.itmedia.co.jp/keywords/presentationbyget.html

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0803/07/news042.html

http://bizmakoto.jp/bizid/bungkingindex.html

ライフハックなど 

http://bizmakoto.jp/bizid/lifehack.html

http://www.itmedia.co.jp/keywords/timeshorteningworkstyle.html

---

はてなさんのサービスなど

webプロフィールやブログなど、今後、先方とのリレーションにつなげていけそうなものを再点検して、

営業ツールとしてオープン化、アポとりなど。

http://www.nikkeibp.co.jp/career/communication.html

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0707/23/news013.html

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090319/140258/

http://ow.ly/4lj80

おじゃましました。

id:fuyusyogun

丁寧なご回答ありがとうございます。

大変多くのURL、参考になります。時間のあるときに熟読させていただきます。

ちょっと質問に言葉が足りなかったかもしれないので補足させてください。

心構えや服装、ツール等については沢山本が出てますよね。

ただ、いわゆる「一般のご家庭や企業のインターホンを押したその時にどうしたら良いか」についてはあまり見かけないように思います。

商品について全く何も知らない方、普段からの飛び込み攻勢にうんざりしている企業担当者の方…。

そんな方々に対するファーストアプローチについて、参考になるものがあれば、と思ったのです。

引き続き情報をお待ちしております。

2011/03/24 19:27:08
id:sotou_suzuki No.2

sotou_suzuki回答回数43ベストアンサー獲得回数02011/03/24 21:28:30

ポイント27pt

私は「ウケる営業!」藤本信也の第6章が参考になりました。

http://book.akahoshitakuya.com/b/4828412425

セールストークの具体的な例も書いてあります。


あとは「アポ取りの達人」津田秀晴もfuyusyogunさんの状況だと参考になると思います。


いろんな本に色々書いてますけど、一番いいトーク・対応は個々のお客様に対して全く違いますからね~

お互いに頑張りましょう!

id:fuyusyogun

ご回答ありがとうございます。

具体的な本のご紹介、ありがとうございます。とても参考になります。

アポ取りの達人は私も呼んだことがあります。確かにそうですね。

>お互いに頑張りましょう!

この一言が今の自分にはとても嬉しいです。

頑張りましょう!

2011/03/25 00:37:56
id:gtore No.3

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372011/03/24 21:51:21ここでベストアンサー

ポイント26pt

飛び込み営業をしている知人がいますが、やはり「こうすればいい」といった方程式はなく、

お客さまの性格もさまざまですから、応対方法は臨機応変に創意工夫でやっていくのが賢明だそうですね。

営業を受けた経験も踏まえて書きますと、ドアを開けてくれるまで名乗らないという方法もあるようですが、

これは名乗るほうがいいようです。

インターホンの時点で断りが入り、出てきてくれない場合、脈はないと考えて、パスして次の訪問先に行きます。

出てきてくれた場合、パンフレットかなにかを渡そうとしながら近づいていく…。

1m以上離れたところで本題に入ったりすると、無条件にドアを閉められて終わりですからね。

こんな感じでしょうか。


ご参考となりそうなURLを以下に挙げます。


http://www.sales-world.org/column/post_13.html

一見くだらないと思うかもしれないキャッチコピーをつけて、相手の警戒心を解くのと同時に好奇心をそそるというテクニックを使っている人もいます。


http://urerueigyou.seesaa.net/category/4907566-1.html

これでほとんどの方はあなたのことを変な人、面白い人、または変な人だけど一生懸命な人、正直で好感の持てる人と勝手に思ってくれます。

そうしたら次の日にまた来ましたと、今度はしっかりとお話すればいいんです。


http://www.bestshop.co.jp/te3/tobikomi.htm

飛び込み営業のスキルが低くても数をこなせば、いつの日かお客が見つかります、お客に売り込む気を捨てて、見つけるつもりで回ります、売り込んでやろうと 思って訪問しているとうまく行かなくて疲れてきますから、もう少し気楽に見つけるつもりで訪問する。


http://insight.main.jp/business_strategy/tobikomi/tobikomi06.htm...

飛び込み営業 コツ 03 フットインザドア


書籍としては、次のようなものがあります。

一瞬で決める!飛び込み営業の成功法則 (DO BOOKS)

一瞬で決める!飛び込み営業の成功法則 (DO BOOKS)

  • 作者: 尾島 弘一
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • メディア: 単行本

id:fuyusyogun

素晴らしいご回答をありがとうございます。

たしかに仰られるように、対応は千差万別になるんだと思います。

ただ、私はまだ対応力以前の問題を抱えていると思いましたので、御知恵を拝借出来ればと思った次第です。

かなり具体的なご回答をいただけましたので、熟読して活かしたいと思います。本も買います。

ありがとうございました!

2011/03/25 00:36:55
id:doumoto No.4

どうもと回答回数497ベストアンサー獲得回数372011/03/25 10:23:20

ポイント10pt

若干今の時代と感覚がそぐわない気もしますが、読みやすく面白かったのがこの著者の本です( ̄ー ̄)ノ。

伊藤光雄の奇跡のセールス革命 (KOU BUSINESS)

伊藤光雄の奇跡のセールス革命 (KOU BUSINESS)

  • 作者: 伊藤 光雄
  • 出版社/メーカー: こう書房
  • メディア: 単行本

モノを売るよりヒトを売る的に身近な話題から相手の心を掴んだ事例とか、その製品を買ったあとを顧客にイメージさせるとか、認印という相手を警戒させる言葉を使わずにハンコと言い変えるとか、今でも通用しそうなことからちょっと無理っぽいようなことまで結構幅広く書いてありました。

id:masanobuyo No.5

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782011/03/26 06:04:21

ポイント10pt

飛び込み営業の秘密兵器 「マキノート」 実践編 をご覧いただくこともよろしいかと思います。



http://www.youtube.com/watch?v=XTdTPLqRqkw

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません