家にある沢山の本を、スキャンサービスの業者に頼み電子化したいと考えています。

ただ心配なのが、すべてのページしっかりスキャンしてくれるかどうかです。
ページが飛ばされたり、めくれたりすると、後で見直してみたら読みたい所が読めない可能性があります。
そうすると元の本を再度取り寄せることになると思っています。

そこでスキャンサービスの経験者に質問です。
今まで、スキャンサービスを頼み、困った事は無かったですか?特に電子化した本で読めない所が出たりというトラブルは無かったでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/04/05 17:10:38
  • 終了:2011/04/11 19:54:59

ベストアンサー

id:Baku7770 No.5

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812011/04/06 01:44:00

ポイント40pt

 書籍の電子化は実は古くから行われています。

 元々はマイクロフィルムに撮影するところから始まり、現在のようなPCデータ変換へと推移していきました。

 #a3にある

>本の電子化にあたっては、元の本を裁断してスキャンする必要があります。

というのは誤りで、実際に裁断しないでスキャンできる業者の方が実はまだ多いと考えています。

 正確には、

最近のパーソナル向けの業者はScanSnapにより書籍の電子化を行うため裁断する必要がある

といったところでしょうか。

 私は古くから電子化を行っている業者の機械も知っていますし、ScanSnapに至っては個人で所有しています。

 ScanSnapを実際に使用してみますと、ご質問にあるような心配はまずありません。

 ただしこういった業者に依頼した場合、OCRの結果についてはまずお手上げとお考え下さい。

 OCRで日本語文書の技術的限界は97~98%と言われています。これを文庫本に当てはめますと1ページ1200文字ですから、20文字以上誤読があるということです。

 さて、パーソナル向けの電子化業者の問題点は裁断した原稿を返却しないことにあると私は考えています。秋葉原の自炊の森とい業者が昨年末から世間を騒がせましたが、多分著作権法も書籍の電子化を意識した改正がなされるものと見ています。

 そうした場合、こういった業者に依頼していると正規に購入した書籍であることを証明することができません。

 それと合わせて今すぐ電子化を望まれるなら、古くから図書館など向けに電子化を請け負っている業者であれば、裁断なしで電子化するあるいは裁断した書籍を再製本するといったサービスを実施しています。ただし、そういった業者の欠点は価格がパーソナル業者とは比較できないほど高額です。

 最後にそのような業者のURLを貼り付けておきますが、県立図書館あたりには通常出入りしていますので、聞かれると簡単に見つかります。また、こういった業者の場合、見積り条件にOCRにしても人間が何回チェックし修正するといったことを指定することが可能です。

http://www.musashinet.co.jp/department/info/info_04.html

id:kan37

詳細なご回答ありがとうございます。

なるほど。パーソナル向け業者はScanSnapを使用しているのですね。本の量が多い場合は、ScanSnapを買ってしまったほうが安く済むかもしれませんね。

その他OCRの情報もありがとうございます。

2011/04/06 06:52:45

その他の回答(6件)

id:asuka645 No.1

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972011/04/05 17:15:33

いつもスキャポンを利用していますが、ご質問にあったようなトラブルに出くわしたことはありません。

id:kan37

ご回答ありがとうございます。

2011/04/05 21:57:32
id:AISUDAISUKI No.2

SINYA回答回数58ベストアンサー獲得回数02011/04/05 18:31:37

困ったことは特にありません。ただ、本に汚れ?みたいなのがあるとスキャンしてくれないときがありました。それぐらいでトラブルもありませんでした。

個人的には、電子は疲れたので現在、本はそのまま読むようにしました。

id:kan37

ご回答ありがとうございます。

2011/04/05 21:57:44
id:marve_lasde08 No.3

marve_lasde08回答回数28ベストアンサー獲得回数12011/04/05 20:02:50

ポイント15pt

本の電子化にあたっては、元の本を裁断してスキャンする必要があります。

相手方は仕事としてお金を取ってスキャンを行うわけですから、ページが飛んだり読めなかったりと言うことがあれば、あなたには躊躇無くクレームを付けて補償を求める権利があります。

そういう労を省くためにも、あるていど知名度があって、書籍電子化を始めてからの期間が長い業者を選びましょう。

ページ飛びを起こすような業者ならすぐに潰れるのではないかと。

それでもまだ心配というのは、「通販で本を買いたいのだけど、落丁本が来たらどうしよう」と心配するようなものです。業者に頼むのは諦めて、裁断機とスキャナを購入しましょう。

id:kan37

ご回答ありがとうございます。私の心配しすぎですね。

2011/04/05 21:58:18
id:online_p No.4

online_p回答回数1153ベストアンサー獲得回数592011/04/05 23:56:20

ポイント15pt

いくらでもありますよ。かすれて読めない、黒くつぶれて読めない、左右が切れている、ページがぬけているなど。

http://www

id:kan37

ご回答ありがとうございます。業者によって違うのでしょうか・・。

2011/04/06 06:45:54
id:Baku7770 No.5

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812011/04/06 01:44:00ここでベストアンサー

ポイント40pt

 書籍の電子化は実は古くから行われています。

 元々はマイクロフィルムに撮影するところから始まり、現在のようなPCデータ変換へと推移していきました。

 #a3にある

>本の電子化にあたっては、元の本を裁断してスキャンする必要があります。

というのは誤りで、実際に裁断しないでスキャンできる業者の方が実はまだ多いと考えています。

 正確には、

最近のパーソナル向けの業者はScanSnapにより書籍の電子化を行うため裁断する必要がある

といったところでしょうか。

 私は古くから電子化を行っている業者の機械も知っていますし、ScanSnapに至っては個人で所有しています。

 ScanSnapを実際に使用してみますと、ご質問にあるような心配はまずありません。

 ただしこういった業者に依頼した場合、OCRの結果についてはまずお手上げとお考え下さい。

 OCRで日本語文書の技術的限界は97~98%と言われています。これを文庫本に当てはめますと1ページ1200文字ですから、20文字以上誤読があるということです。

 さて、パーソナル向けの電子化業者の問題点は裁断した原稿を返却しないことにあると私は考えています。秋葉原の自炊の森とい業者が昨年末から世間を騒がせましたが、多分著作権法も書籍の電子化を意識した改正がなされるものと見ています。

 そうした場合、こういった業者に依頼していると正規に購入した書籍であることを証明することができません。

 それと合わせて今すぐ電子化を望まれるなら、古くから図書館など向けに電子化を請け負っている業者であれば、裁断なしで電子化するあるいは裁断した書籍を再製本するといったサービスを実施しています。ただし、そういった業者の欠点は価格がパーソナル業者とは比較できないほど高額です。

 最後にそのような業者のURLを貼り付けておきますが、県立図書館あたりには通常出入りしていますので、聞かれると簡単に見つかります。また、こういった業者の場合、見積り条件にOCRにしても人間が何回チェックし修正するといったことを指定することが可能です。

http://www.musashinet.co.jp/department/info/info_04.html

id:kan37

詳細なご回答ありがとうございます。

なるほど。パーソナル向け業者はScanSnapを使用しているのですね。本の量が多い場合は、ScanSnapを買ってしまったほうが安く済むかもしれませんね。

その他OCRの情報もありがとうございます。

2011/04/06 06:52:45
id:kou-tarou No.6

koutarou回答回数654ベストアンサー獲得回数812011/04/06 10:47:16

ポイント30pt

>スキャンサービスを頼み、困った事は無かったですか?

(1)困った事

・コンピュータ本で、訂正情報がサイトに公開されていたが、スキャンの際に反映できなかった。

スキャン依頼後に著者のサポートブログで修正箇所が増えガックリした。


・雑誌で、赤、黄色が濃くスキャンされ目が痛い感がある。スキャンマシンの性能が影響かも。


・OCR読み取りを依頼したが、業者が言っていた読み取り精度よりも低かった。

特に挿絵、図、写真は致命的。誤認識された箇所を全頁目視チェック・修正。

市販のソフト(読んde…)も使用。作業で疲弊・放置。


(2)依頼前にやっておいた方がいいこと。

・知らずに本に挟まっている髪の毛、消しゴムのカス等を除去。

・しおり、メモ、ポストイット(付箋)等、挟まっているものをとる。

・本の頁の端を三角形に折った部分(犬の耳)がある場合は直しておく。


(3)よかった点

・本棚が空いた。

・眠っていた情報を活用できるようになった。

・雑誌の広告部分を除去。欲しい情報だけ得られた。

・雑誌の巻をまたがるコラム等、1冊の本のようにまとめられた(1冊の書籍として出版されていないもの)。

id:kan37

詳細なご回答ありがとうございます。参考になります。

意外な細かい部分で困る事が出てくる事があるんですね。

(2)(3)もなるほどと思いました。

2011/04/06 11:33:16
id:taroe No.7

taroe回答回数1099ベストアンサー獲得回数1322011/04/06 22:02:31

ポイント20pt

>ページが飛ばされたり、めくれたりすると、後で見直してみたら読みたい所が読めない可能性があります。

>そうすると元の本を再度取り寄せることになると思っています。

新品の本やそれに近い本はあり得ないです。

手作業でなくて、ほとんど自動ですから。

裁断後の枚数と取り込み枚数のチェックぐらいはしてるようです。

そうでなくてページが張り付いてたりしたらありますが。

私の場合は髪の毛がはいてったようで、髪の毛の線が入ってるものがありました。

新品の本ではなかったので、私の髪の毛だと思います。

一度、考えてる業者にどのようなことがある得るのか聞いてみるのもよいかと思います。

質問をそのまま投げれば、それなりの回答をしてくれると思いますよ。


裁断しないで手作業で読み込んでくれるところもあるようですが

その場合だと、ページが飛ばされてるとかはありえそうです。

id:kan37

ご回答ありがとうございます。

機械作業なので、本の状態が問題なければ大丈夫なんですね。

髪の毛の線とか、確かにあり得ますね。

2011/04/06 22:43:38

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません