本日、福島発電所が、レベル7に認定されました。

これはチェルノブイリと同レベルになりますが
このレベルとは危険度なのですか?

枝野官房長官が言うには、チェルノとは違って安全だと言っててますが
それなら、レベル7にする理由が分かりません。

人体的な危険度だけではないと言うことでしょうか??

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/04/12 15:20:08
  • 終了:2011/04/19 15:25:03

回答(14件)

id:taroe No.1

taroe回答回数1099ベストアンサー獲得回数1322011/04/12 15:35:06

ポイント15pt

インフルエンザの時の警戒レベルと同じです。

http://www.kansen-yobo.com/shingata-inf/keikai.html

警戒レベルと実態とはあわないとか問題になりましたがそのような感じです。

何かの拍子にそうなる危険度があれば、警戒レベルは高くせざるをえないのです。

これはチェルノブイリと同レベルになりますが

このレベルとは危険度なのですか?

そうです。

id:taisakuhonbu

すみません。新たな興味が生まれてしまったのですが

インフルエンザの時の警戒レベルって当てにならないものなのですか??

あれが出たときは、周りでもインフルの人がエライ多いような気がしたので(^^;

2011/04/12 15:52:12
id:kou-tarou No.2

koutarou回答回数654ベストアンサー獲得回数812011/04/12 16:23:40

ポイント15pt

>このレベルとは危険度?人体的な危険度だけではない?

国際原子力事象評価尺度(INES)のこと。


このレベルとは、事故の影響の範囲。

言い換えれば、危険度とも言えるかもしれません。事故の影響範囲が広がれば、危険度、人体的な危険度もレベルが上昇するので。


レベル7:深刻な事故

影響の範囲

・基準1:事業所(外)への影響→放射性物質の重大な外部放出。

・基準2:事業所(内)への影響→原子炉、放射性物質障壁が壊滅、再建不能。


違い

・福島 :核燃料が2重の頑丈な格納容器に保護。大気中に漏洩。小量?

・チェル:核燃料が露出。放射線物質が爆発・火災、大気中に大量に漏洩・拡散。

id:taisakuhonbu

影響の範囲となると、レベル7にしたことで、危険な範囲も広がったと言うことでしょうか??


ただ、後半を見ると、放出はしているが、

チェルノほど、深刻なレベルではないと言うことですかね??

2011/04/12 16:31:17
id:asuka645 No.3

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972011/04/12 16:23:51

ポイント15pt

レベル7は、国際原子力事象評価尺度(INES)のうちの一番上のレベルを指します。

INESは原子力施設における事故・故障等の事象分類で、危険度を示すものではありません。

もちろん、インフルエンザの警戒レベルのような性質のものではありません。


参考「INESとは」(文部科学省)

id:taisakuhonbu

となると、人の健康被害とレベルは比例しないと言うことでしょうか??


要するに前者の方が言うように、チェルノとレベルは同じだけど

健康を害するという点では違うと言うことですかね。

2011/04/12 16:32:51
id:amai_melon No.4

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472011/04/12 16:50:00

ポイント15pt

INESの評価の基準で、数万テラベクレルを超えるとレベル7に認定されると……。

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041101001182.html

統一地方選挙が終わった途端にこんなことになるなんて。

5から7にいきなり引き上げというのも、なんだかよくわかりませんよね。

武田教授のブログを読んでみてください。わかりやすいです。

http://takedanet.com

id:taisakuhonbu

地震が再び活性化したことと重なり、不安は増すばかりですね。。。

武田教授は有名ですね。読んでみます。

2011/04/12 18:03:46
id:j4mika No.5

j4mika回答回数173ベストアンサー獲得回数252011/04/12 16:52:07

ポイント15pt

地震で例えると、震度や死者数ではなく、規模を表すマグニチュードのようなものではないでしょうか?(英語Wikipediaから)

スマトラでは同様の規模の地震で30万人が亡くなっていますが、東日本大震災とは単純比較出来きませんし同じ様な問題かと思います。

参考

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8E%9F%E5%AD%9...

http://en.wikipedia.org/wiki/International_Nuclear_Event_Scale

id:taisakuhonbu

確かに、それは、僕自身も、マグニチュードの表現がしっくりしました。

国の対応の違いって事で、チェルノとは同じにはならないと言うことですかね。

2011/04/12 18:02:42
id:tairasu No.6

tairasu回答回数25ベストアンサー獲得回数02011/04/12 17:42:38

ポイント15pt

レベル7に上がったからと言って危険な範囲が広がったとは言えない。

チェルノと違って安全というのは、放射性物質が大量にかつ広範囲にはばらまかれていないこと。

放射性物質がばらまかれない限り、放射線は距離が離れれば離れるほど減衰するので安全。

乱暴にいうと原子炉付近はチェルノクラス、離れたら安全だよということかと

id:taisakuhonbu

そうなると、福島の人は厳しい状態ですね。。。

2011/04/12 18:04:05
id:tairasu No.7

tairasu回答回数25ベストアンサー獲得回数02011/04/12 18:29:20

ポイント15pt

すいません乱暴に言い過ぎました。

福島全体が危ないかというと、そうではなく。

INESではどれくらいの量が外部に流出したかを図るものであり、どれだけの範囲に流出したかでは無い。

重要なのはどれほどの量が、どこまでの範囲に流出したかです。

INESではその重要な範囲はレベルの評価対象に入っていない為、実際の人体的な被害を図るものさしとしては不適当です。

言葉が足らず、誤解を与えて申し訳ない。

id:taisakuhonbu

僕も福島は言い過ぎました。

総量が広範囲かどうかはレベルとは関係ないと言うことですね。

要は本当に原発近辺がまずい可能性は大いにあると言うことですね。

2011/04/13 00:34:54
id:asuka645 No.8

あすか回答回数856ベストアンサー獲得回数972011/04/12 18:40:15

ポイント15pt

となると、人の健康被害とレベルは比例しないと言うことでしょうか??

その通りです。

id:taisakuhonbu

なるほど。

種別のようなものなのですね。

ありがとうございました。

2011/04/13 00:35:22
id:la-la-land No.9

la-la-land回答回数58ベストアンサー獲得回数62011/04/12 19:11:38

ポイント15pt

福島原発事故の場合、チェルノブイリのときと違って、放射性物質が海だとか廃水として広がっていることです。どのくらい危険かというのは海洋汚染の今後の調査でわかってくると思います。その分大気中への飛散はまだおさえられているので、今のところチェルノブイリほど危険じゃないです

id:taisakuhonbu

日本の財産である海が汚染された可能性があるのは悲しいですが

大気中にばらまくよりは、僕ら人間にとってはよかったかもしれませんね。

2011/04/13 00:35:59
id:yam3104 No.10

三十四回答回数499ベストアンサー獲得回数252011/04/12 22:46:49

ポイント15pt

 福島第1原発の事故で、原子力安全委員会は11日、原発からは最大で1時間当たり1万テラベクレル(テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質が放出されていたとの試算を明らかにした。

 政府はこれを受け、原発事故の深刻度を示す「国際評価尺度(INES)」で最も深刻な、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故に並ぶ「レベル7」とする方向で検討に入った。

 INESの評価によると、放射性のヨウ素131換算で外部への放射性物質の放出量が数万テラベクレル以上である場合は、レベル7であるとしている。

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041101001182.html

ベクレルとは放射能の強さの事なので、このレベル引き上げも単純に放射能が強くなったというだけの事です。

今は1万テラベクレルなのでレベル7の中では低め、レベル6寄りで、今後チェルノ並になるかどうかといったところでしょう。

なお人体的な危険を表わす単位はシーベルトなので、また違ってくるかも知れません。


しかし1万テラベクレル=1京ベクレル。恐ろしいものですね。

id:taisakuhonbu

日本全体としては、差ほどの影響はないが、原発周辺では放射能が強くなって

大変なことになっているのが、今日のニュースなんですかね。

2011/04/13 00:38:47
id:th0714 No.11

th0714回答回数3ベストアンサー獲得回数12011/04/15 03:12:23

ポイント10pt

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のグルメロン放射線防護局長は12日の記者会見で、国際評価尺度(INES)の暫定評価で、最悪の「レベル7」とされた福島第1原発事故について、重大だが旧ソ連のチェルノブイリ原発事故には「匹敵しない」との見解を明らかにしている。

放出量はチェルノブイリ事故の10分の1にとどまっている点。

風向きや気象の影響で福島原発周辺の限られた地域にとどまっている点。

上記の点でチェルノブイリと異なっている。

id:yam3104 No.12

三十四回答回数499ベストアンサー獲得回数252011/04/16 14:21:45

ポイント10pt

新しい解説ニュースが入ってきました。

http://q.hatena.ne.jp/1302589206

id:yk1997kobba No.13

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122011/04/16 22:41:20

ポイント10pt

これはチェルノブイリと同レベルになりますが

このレベルとは危険度なのですか?

枝野官房長官が言うには、チェルノとは違って安全だと言っててますが

それなら、レベル7にする理由が分かりません。

国際原子力事象評価尺度

原発の危険度を意味する、ご存知のレベルです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8E%9F%E5%AD%9...

レベル7になる理由

・放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出

・原子炉や放射性物質障壁が壊滅、再建不能

チェルノブイリはともかく福島もこの条件に入ってます。

チェルノブイリは福島の約9倍もの放射能が出ています。

もしも基準にレベル8や9が合ったらとっくにそっちのほうに行っているでしょう。

もちろんこの差なので被害も変わってきます。

  • id:kou-tarou
    >影響の範囲となると、レベル7にしたことで、危険な範囲も広がったと言うことでしょうか??

    外部放出された放射性物質の量がレベル5から、レベル7の量に達したことから、
    危険な範囲も広がったといえると思います。


    影響の範囲(基準1 事業所外への影響)
    レベル7:数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出。
    レベル5:数百から数千テラベクレル相当の放射性物質の外部放出。


    福島原発事故、最悪の「レベル7」に引き上げ
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110412-OYT1T00367.htm


    >ただ、後半を見ると、放出はしているが、
    チェルノほど、深刻なレベルではないと言うことですかね??

    ですね。福島は核燃料が格納容器にまだ保護されているようですね。
  • id:j4mika
    >国の対応の違いって事で、チェルノとは同じにはならないと言うことですかね。

    それを指し示す指標ではないため判断できないと思います。
    ただし、判断を誤れば同じ程度の影響が出ても不思議では無いと思います。

    また、何を持ってチェルノブイリと同じというかによると思いますが、
    例えば、仮に、10年後、癌や白血病などが発生したとしても、
    再生医療の急速な発展がありますので、原発事故をきっかけに人や金が投入されれば
    回避できる可能性もありますし、これからの行動次第で未来は大きく変わる気がしています。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません